11/1 11/2 11/3 11/4 11/5 11/6 11/7 11/8 11/9 11/10

 11/11 11/12 11/13 11/14 11/15 11/16 11/17 11/18 11/19 11/20

 11/21 11/22 11/23 11/24 11/25 11/26 11/27 11/28 11/29 11/30
 

検索エンジンなどで辿りついて、フレーム表示されてない方はこちらをクリック。


 

11/2(火)
話をしよう。

あれは今から4日……いや、2日前だったか……。

まあいい。

私にとってはつい昨日の出来事だが、

君たちにとっては、多分……今日のできごとry




はーい、そんな訳で色々やったりやってなかったりしてきましたー。( ;´∀`)

とりあえず前回の更新から順番に箇条書いてみると。


 金曜日(4日前):会社の飲み会

 土曜日(3日前):
飲み会と1週間の疲れで昼まで寝てた。

 日曜日(2日前):
オフ会とレーシックの検診のため朝から東京まで行ってきた。

 月曜日(昨日) :こうふんしてた。



こんな感じですー。( ´∀`)ノ


とりあえず金曜日は普通に、飲み会は飲み会ですからそのままの意味(笑
まー、新しい職場での初めての飲み会ってことで、空気を掴むため最後まで参加してきたって感じです。
ただ普段聞けない様な話や、普段話さない人たちと話せて、いい感じで過ごしてきました〜。
ここはサイトでは細かく描いても仕方ないんで、それなりに楽しんできたと受け取ってくださいませ。( ´ω`)


んで、飲み会から帰ってきた後、大分夜更かししたこともあり、土曜日は完全休眠状態!
二度寝とはいえ、活動を始めたのが11時半とか……
まあある人はザラでも、なりゅーにとっては相当でかい寝て曜日でした(苦笑
しょーじき、完全になにかしようって気力から潰えていたので、完全に休養モードで過ごしました。
ま、翌日が東京行きだったし、そこは想定の範囲内と。( ;´∀`)



んで、日曜日はオフ会とレーシックの3ヶ月検診のために東京まで行ってきました!
いや、レーシックの病院が北海道と東京と他3点の5ヶ所にしかないから、こういう機会でもないと行けなかったんですよ……。
まあとりあえずバスに乗り、いつものオフ会メンバーと合流前にちょっくら病院まで。
ものの見事に迷ったけどね!( ゜∀゜)

結局タクシー使って病院まで行きましたよ(苦笑
まあ、頑張ろうと思えば歩いて辿りつけたと思うけど、
それ以上に高速バスが遅れて予約時間から余裕で30分は過ぎてたから、
背に腹は代えられないと、苦肉の策をです。あれは仕方ないわ。( ;´∀`)


んで、病院での検診が終わったらみんなと合流し、カラオケ店での雑談タイムに!
診察が思ったより待たされてちょっと遅刻しちゃったけどね!(苦笑
ともあれ、久方ぶりに直に会う東京
(だって今まで北海道に居て、会社の指令も曖昧なままだから飛行機予約とかできなかったし……)

その際、我が心友とも桃色さんより、本土上陸記念&新生活応援の意味を込めて、
2枚のポストカードを頂きま
あがもkっふぁうfvのぱいんとpwgpくぁ:;ぱぼ@あ

なんですかこの究極的になりゅー狙いな
イラストたちはぁぁぁぁあああああああ!?!?!



桃色さん最高だよぉ……最高過ぎて涙でそう……。( つ∀T)
完全になりゅーのツボを把握しきっている……本当に素敵過ぎるわ……。

という訳で載せさせていただきました。しあわせ。( ´ω`)


んで、今に至……るにはまだ早い!(笑
実は、東京行ったついでにとらのあなに寄りまして、「幻想少女大戦紅」を買ってきましたー。
や、実は会社のせんぱいがやりたいっていうんで、ちょっと買ってきて東方布教に努めてみようと思いまして(笑

最初はそんな買う気なかったんですが……あ、いや、面白いとは思うんですよ。
むしろ完成度はやばいくらい高いとPVの時点で思ってた。
ただやっぱ、時間が大幅にとられるのが怖いっていうのと……
この手の同人って、大体絡む面々が決まってくるっていう統計が強くて……。
(例:チルノが無駄に前に出てる、アリスが魔理沙ラブ前提、紅魔館組だったらその面々としか深く絡まない、etc……)

と思ってたのですが、
霊夢ルート2話目にて既に俺得展開発生!!
……え? いや、別にが出てきたとかそんなのは言いませんよ、ええ(笑
(まあ同人でなりゅーの願望が期待できるレベルなんてたかが知れてるから、この程度でも十分に高い供給ですわ……)

桃色さんのイラストといい、俺得展開といい、昨日はこうふんしてました。
ポケモンは2時間で止まってるのにちょっとこれは続きを漁ってみたい所存ッス(笑

とまあ、昨日はイラスト掲載の準備を済ませたところで、雑記まで手が回らず、
幻想少女大戦やりたい鬱憤を解消して、それで一日が終わったって感じです。
お陰さまで、心の方は満たされました。( ´∀`)ゞ サーセン


とりま、そんな感じで数日を過ごしてましたー。
うむ、溜めこみ過ぎた。
文章量がヤバいことになってら(苦笑

 

11/3(水)
俺は金鯱魂に行くぞ、ジョジョォー!ヽ( ゜∀゜)ノ


ということで、日曜日に行われる名古屋イベント「東方金鯱魂」の方に行って来ようと思いますっ!
直前まで迷ってましたけど、色々考えたり色々あって、まあものは試しと突貫してみようかと、なのでここで報告をば。


それはそれとして……しまった、昨日「幻想少女大戦紅」を調子乗って2時までプレイしてしまった(汗
うー、やっとリズム戻ってきたのにこれは由々しい、油断せずに寝なければー。またなにもできなくなるー。( ;´Д`)

 

11/4(木)
 

┏━━━━━━━━━━━━┓
┃ ぜんかいまでの .あらすじ ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛

  ::::::::::::::::田 B  は こ          {:::::::::{
  ::::::::::::::::力 L  て の           、:::::::::、
  ::::::::::::::::     し              ヽ::::::::ヽ
  ::::::::::::::::坂    な               )::::::::ヽ
  ::::::::::::::::     く     , − ,ヘ,-‐-、 ,ィ -‐':::::::::::::}
  ::::::::::::::::を    遠   /:::: 〈 _,゙>‐゙く_〉::::::::::::::::::/
  ::::_n_:   い  、:::::::::: i´(メノィノv)) 、-‐ ´ ば の よ 私
  :::`ニl lニ´       ヽ::::::: ヽ.彡゚ ー゚ノ彡 ::ヽ   か ぼ う は
  ::::`フ \:::::::::ヽ __ ノ::::: と_〉`::'トつ ::::::::ヽ  り  り や 
  /'´|_|`ニ_::::::::::::::::::::::::::::: (ミ三爻シつ ::::::::::::l  だ は く
  :::::::ノ'r三7/::::::::::::::::::::::::::: (_ン^^´ :::::::::::::::::::::}  か じ
  ::::::::`フ, 匸/l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ら め
  :::::: ̄´::: ̄´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     た

 


  こいしちゃん
にとっ捕まり、古明地ジャスミンとして地霊殿に迎え入れられたナズーリンは 、
  ある日、同じく新人居候である四葉が“こんせんと”というものを探してることを聞くのだった。
  一方、数十から数百年前のこと、毘沙門天の代理・寅丸星は大きな失敗をし、ひどく落ち込んでいた。
  同僚の雲居一輪は彼女を慰めようと飲み屋に誘うが、
  別れた後も気持ちは晴れず、ひとり鬱蒼とした気分で夜風に晒されていたのだった。
  そんなの前にMr.しそと名乗る謎の淑女が現れて……。


 

  プレイバック【 出会い編:0話1話 クローバー編:2話3話4話5話6話7話 幕間編:8話 コンセント編・9話 】



 

ジャスミン「なるほど、大分把握した。
     お前の愛用してるその天狗のよりも高性能な外の世界のカメラは、電気で動いている。
     しかし、保存しておける電気にも限りがあり、
     地霊殿の中や私たちを撮影しまくった結果、今はガス欠状態。
     安易に“こんせんと”とやらで補給できると思ったら、
     その“こんせんと”自体が見つからず、一生懸命探してるところを、私たちに見つかった、と……」

 四葉 「大体そんなトコロデスー」

さとり 「四葉ちゃん、説明ありがとうね」

 四葉 「えへへー、デスー」

ジャスミン(理解できたのはほっとんどさとり様の補足のお陰だけどなー……)

 四葉 「チェキ〜、まさかコッチにはコンセント自体無かったとは……なんというカルチャーショック!」

さとり 「外とは違う独自の文化として発達していますからね……。」

 四葉 「う〜〜〜。充電できないと、折角のチェキも写真もぱぁデス〜〜」

さとり 「それは可哀想ですね……あ、そうです。
     ジャスミンちゃん、あなたの能力で探してあげられませんか?」

ジャスミン「は?」

 四葉 「チェキ?」

さとり 「ほら、探し物を探し当てる程度の能力で」

 四葉 「おおー! ジャスちんにそんな特技が! これはチェキデス!」

ジャスミン「ヘンなあだ名増やすな。
     おいおいさとり様、そりゃ確かに私はそういう能力を持ってはいるさ。
     だが、そもそも幻想郷ここに文化として必要とされなかったものなら、存在はしてないだろう?
     存在しないなら、いくら私でも探すことはできないぞ。なんせ存在しないんだからな」

さとり 「まあそうですけど……ダメ元で、ね? お願いv」

ジャスミン「はぁ……まあ、さとり様がそういうならやるだけやってみるよ」

 四葉 「ワンダフル! さすがジャスちん!」

さとり 「ありがとう、ジャスミンちゃん」

ジャスミン「だけど期待はしないでくれよ?
     どう転んだって、ないものは見つけられないんだか―――」

ダウジング『ぴこーん!

ジャスミン「―――ら、な…………………え?」

ダウジング『ぴこーん! ぴこーん!

ジャスミン「……反応……して、る……?」

さとり 「あらあら、ダメ元って素敵な合言葉ね」

 四葉 「Wow! ゲンソーキョーにもコンセントが存在してたとは!!
     コイツァ大発見デスー!!」

ジャスミン「そんなばかな……」

さとり 「まあまあ、いいことじゃあないですか。
     とにかく四葉ちゃんの望みは叶うんですから」

ジャスミン「……っと、喜ぶのはまだ早いぞ。これ、地上を指しているんだが……」

さとり 「まー、地下にないことは管理者わたしが把握してますから、必然そうなりますよねぇ……」

ジャスミン「で、どうするんだい? 確かに可能性はあるさ。
     だが、ただの人間に地上までの地下道を潜り抜けろというのは無茶な話だろう?
     無事に地上に出たって、他の妖怪に襲われないとも限らない」

 四葉 「う〜、だけど四葉、カメラが使えないとチェキできないデス〜。
     チェキできないと、発狂してトチ狂ってオトモダチにでもなりに行きそうデス〜」

ジャスミン「言ってる意味は分からないがとりあえずどうしても行きたいんだな」

 四葉 「いぐざくとりぃ!」

さとり 「ん〜、仕方ありません。
     ジャスミンちゃん、道案内ついでにボディガードとしてついて行ってあげてくれますか?」

ジャスミン「道案内は構いませんが……正直私は弱い部類の妖怪です。
     余り期待をされても、それに応えられる自信はないのですが……」

さとり 「じゃあここに立ち会った縁です。
     おくう、あなたもこのふたりボディガードお願いできますか?」

うつほ 「はい! 喜んで!」

ジャスミン「え!? お前居たの!?」

うつほ 「前回からずっと黙っていたけど、ずっと居たよっ!」

ジャスミン「対話形式なんだから会話に参加しろよ! 分からないじゃないか!!」

 to be continued……?

※ このジャスミンシリーズ(仮)は、考えるな! 感じろ! そんなノリで構成されてます。
  とりあえず他にもやるべきことがあると思いつつなんかもう適当に受け取ったり受け流したりしてください。
  はあ、小悪魔さんは眼鏡を掛けるのが定説ということにしたい……。

 

11/8(月)
俺は金鯱魂に行ってきたぞ、ジョジョォー!ヽ( ゜∀゜)ノ


ということで、日曜日に名古屋の方へ、「東方金鯱魂」の方に行って きましたー。

名古屋か……昔住んでただけに、その街並みに懐かしく感慨の深い……いや全然懐かしくなかったよ(ぇ
むしろちょっと寄ってきたよって感じだったよ!
ってか、考えてみたら今年の4月まで住んでましたからね!
半年くらいしか経ってないですから、そりゃ見覚えありまくりでしたよ!(笑


さて、それはそれとして、イベントの方。
印象としては、やっぱ地方イベントってことで、北海道の時のイベント似た様な感じでしたねー。
しっぽりと、そこそこのサークル数で、尋常じゃない人口密度。……さすが東方。( ;´∀`)

しかし名古屋って、結構有名所(と思ってる)サークルの人たちが多く居て驚きました。ああ静岡より名古屋いきたかったな!
北海道の時も意外な大手サークルとかが参加してて驚いたくらいだもの、いやぁ地方ってすごいなー。

また、地方イベント“だからこそ”な力の入れ具合もちらほら
イベント特別アンソロ本や、おみくじ企画、スタンプラリーなどのサブイベント。
あとカタログ買ったら一緒に「チルノの溶けた水」貰いました(笑


そんな感じでイベントはイベントで堪能しましたが、
今回は今までのイベントで仲良くなってきたかぶと山さんと合流し、ちょっと一緒に会場から名古屋の街やらを散策しましたー。

うきゃああ、知る人ぞ知る名作「東方舞闘機」であの有名なかぶと山さんと一緒に巡るなどと、
おおおおお恐れ多いいいいい!!!!(T□T 三 T□T)
うぎぎぎ、こんな弱小サイトの管理人がどうしてこのような高貴なお方にお近づきになれたのか、世界3大七不思議ですわ(ビクビク

と、言いつつも、かなり気さくな方でしたし、向こうも「気軽にコンタクト取ってくださいよ」とウェルカムな雰囲気満載で、
緊張するかと思ったけど案外会話が途切れることなく続いて楽しい時間を過ごしました(笑


そんな感じでイベントも、それ以外もたっぷり堪能してきた日曜日でした〜。


ではweb拍手レス……と行きたいのですが、ちょっと更新の時間配分間違えたので、次回にまわさせてください(汗
ただ、11月4日の夜8時頃に拍手くださった方、文字化けしてて一切メッセージが読み取れませんでした!( ;´∀`)
宜しければ今一度メッセージお願いしますー。_| ̄|○

 

11/10(水)
あ、ありのまま今日起こったことを話すのぜ……!

『おれは今日せんぱいに、せんぱいの友人を女装させたら面白いなと話して、「もしできたら○○円までなら出せる」と話したら、
 せんぱいがマジでやる気になって、紙に条件を詳細にまとめていて、本気で計画進めていた』

な、なにを言ってるかわからねーと思うが、おれもなにをされたか分からなかった……!

まあとりあえず面白ければそれで良いや(ぉ

 

11/17(水)
皆さま1週間ぶりございます。ホント今までにないくらい久しぶりでマジ申し訳!!_| ̄|○

実は……今、思うところあって新作「みょんミア!」の製作に力を傾けてたりしてます。
サイト更新も、レスも、見切り発車したジャスミンシリーズ(仮)も、全て急遽差し止めて、です。
完成するまでちょっとこの状態を続ける予定。まあ、結構できてるから、今週の土日には出来ると踏んでるけど……どうだろ?

なんで、それまで見捨てないで頂けるとありがたく……ただでさえ供給を出せない状態でこれは危険とは思いつつ……。( ;´∀`)

 

11/24(水)
皆様、またも一週間ぶりです。……ってことはつまりね、やっぱりだめだったよ(苦笑

いけると思ったんですけど、どーにも思った以上に土曜日が動けない、1週間の疲れの回復に費やしてしまう感じです。
日曜日は動けたんですけど、結局最終まとめの半分で止まっちゃったってところで……なので更新停滞モード継続中です(汗
まあさすがに最終段階まで進んでるんで、今週には完成させたい。いや、させます!(言っちゃったよ

これ以上サイト放っておくと、アクセス解析見るのが怖くなる……!!( ;´◇`)

 

11/28(日)
えー……、「みょんミア!」シリーズを楽しみにして頂けてる方、ものっっっっっすごくお待たせしました!

新作でございますッッ!!


これにてシリーズ史上最凶回完結……いや、ほんと待たせ過ぎた……。中編掲載から5ヶ月とか……(汗

やっぱりデジ絵挑戦とかジャスミンとかで寄り道したのや、
引っ越しで生活環境が変わったりしたのが効いてたんですよね……。( ;´◇`)


ともあれ完成……宜しければ、この物語に付き合ってやってくだせぇ〜。






さて、話変わって……あんまり良い話ではないのですが、ちょっと予告します。
次回の一言雑記では、さほど大きくないかもしれない、けれど、
このサイトを維持する上ではどうしても避けられなくなってしまった“ある問題”について取り上げます。

大多数の方は関係ない話で誠に恐縮なのですが、
そのお陰で創作に対するモチベーションにヤバいくらい影響を及ぼすほど、このサイトにとっては重要な事柄になりました。
けじめをつけるためにも、今後の創作に楽しんで向き合うためにも、それを綴るをご了承ください……。

ですので、web拍手レスの方も、今回はちょっとナシでお願いしますします……。

 

11/30(火)
えー……本日の更新は、正直あまり良い話ではありません。
このサイトを見てくださってるほとんどの方には関係なく、
だけどこのサイトで創作を運営し続けるには重要な話題です……。

正直、自分勝手が過ぎる文章になるとも思ってます。
だけど、「いやなら見ないでください」とは言えません。
言えない状況にまで追い込まれました。

なぜなら、誰に向けて良いのか分からないからです。
内密に事を運べないからです。
それでも、この事態を差し止めないと、今後に関わると判断したからからこそ、行動することに決めました……。


率直に言います。
今日の更新はとあるweb拍手を送っている方へ向けての更新になります。



12/5 19:45
>みょんミアの更新まだー?(チンチン


H21・
12/20 18:26
>みょんミアの更新まだー?


H22・1/25 18:01
>みょんミアの更新まだー?(チンチン


H22・11/3
>さて、再来年のみょんミアは?

H22・11/11 20:42
>みょんミアマダー?短編とか外伝とかでも

H22・11/22 21:08
>できなかったようだな、なりゅー卿。弁明はあるかね?




以上のメッセージを送ってきた方へのメッセージです。



“あなた”は、誰なんですか?

いえ、“何”なんですか?




私と親しい人なのですか?

オフであったことのある人なのですか?

会社で繋がりのある方なのですか?

面識もない人なのですか?

同じ創作家なのですか?

サイトを運営している方なのですか?

ブログを持っている方なのですか?

SSを書いている方なのですか?

絵を描いている方なのですか?

両方を手掛けたことのある方なのですか?

同人誌を出したことがある方なのですか?

それともROM専の方なのですか?

煽ってそれを楽しみにしてる構ってちゃんなのですか?


いや……そもそもひとりなんですか?

それとも、複数人なんですか?



応援していただけるのは嬉しいです。
楽しみにして頂けるのもありがたいです。

だけど……正直もう限界です。



この拍手を、私はもう、見たくもない。



“あなた”からのメッセージが来るのが……怖いです。




そもそも、これは「応援」なのですか? 「煽り」なのですか?
“あなた”が見えない以上、私は、どう受け取っていいのか分からない。

文面から察して「
みょんミアの更新まだー」と送ってくれている“あなた”は、恐らく同一の方だと思ってます。
しかし確証がない以上、私は「複数」として扱うしかないのです。
匿名である以上、常に「初対面」と思って対応するしかないのです。

だから仮に、オフで私と面識があったとしても、
それが特定できない以上は、匿名である以上は、“あなた”は「初対面」なのです。


あまりこういうことは言いたくなかったのですが、もう背に腹は変えられる状況じゃなくなりました。
だから言わせて頂きます。

物事には、最低限の礼儀というものがあるんじゃないでしょうか?
これが、「見ず知らずの赤の他人」に物を頼む態度でしょうか?

期待していただけるのも、催促して頂けるのも良いです。嬉しいことです。
まだまだ弱小なマイナーカップリングを、支持してくれる方が居ると、そう思うだけで勇気になる。……はずだった。

ねえ“あなた”、本当に期待しているんですか?

だって“あなた”……一度だって感想送ってくれたことなかったじゃないですか。


……本当は、自分から感想を求めることは創作のルール違反だと思っています。
だけど私は……いえ、私以外の創作家全員がそうです。
感想という報酬が、喉から手が出るほど欲しいものなのです。
たかが「面白かったです」の一言があるだけで、全部報われるものなのです。

“あなた”がその拍手を送った後で、その一言が来たことはありませんでした。


やってることは、報酬もなく要求を満たせ、という催促です。
自分はタダで満たされて当然で、だけど私にはなにも支払わなくても当然。

みょんミアの更新まだー?」という、たったこれだけの文面を、
毎回のようにテンプレートで送られてしまっては、そんな風に受け取ってしまうしかないです……。
匿名で個人が特定できないのをいいことに、好き勝手言い放題だと思われてると、そう考えてしまうんです……。


正直に白状します。
私はそれを煽りや迷惑拍手と判断し、web拍手のブラックリストに入れました。
自分のモチベーションを落とさないためには、そうするしかなかったのです。
上に羅列したものに日付が空いてるのはそのせいです。

だけど無駄だった。

ある日突然そのフィルタを突き抜けてきて、
再びweb拍手に「
みょんミアの更新まだー?」 、たったこれだけの文字が送られてきます。
その都度ブラックリストに入れ直しました。
3回じゃ済んでないんです、何度も何度も通り抜けられて、
来るたび消してるから日時が分からないだけで、軽く5、6回は送られてるんです。

これが煽りなら、構うことが一番調子に乗せることになると、後半からはスルーしてきました。
「また送られてこないように」。

だけど久しぶりに来た拍手に喜び、文面を見てみると……そこにあった文面は「
みょんミアの更新まだー?」



もう、許して下さい。



それが一番モチベーション落としてる理由って理解してください。
確かに言われたその瞬間は、やらなくてはという焦燥感に追い詰められます。
だけどそれはその場だけ。
もし、“あなた”の言葉に反応して更新したと思われたら、それが一番の障害になるんです。

そう思われないために、送られてから2週間から1ヶ月、あえて「更新してはいけない」と、そう考えて動いたことだってあります。


それでもその拍手は止まらなくて。
あまつさえ、「再来年」や「弁明」という皮肉まで……。


もうやめてよ。

やめてくれよ。


親しくもない赤の他人に命令されてるような錯覚が、本当に自分の内面をかき乱してくるんですよ……。
あなたが気心知れた友人や、見知った先輩だっていうなら、その返事もありでしょう。
だけどあなたはそうとは名乗ってくれなかった。
である以上は、あなたはいつも「初対面の赤の他人」なんです。
「匿名」ってそういうことでしょう?


匿名を悪いとは言いません。むしろ、気楽に触れ合えるために必要なこととは思います。
全面的に、認めたいんです。
認めたかったんです。

だけど、“あなた”にこれ以上そのメッセージを送って欲しくないから、
私は、このサイトは、ひっそりと匿名のリクエストを叶えることを完全に停止させました。
「この調子で通じる」と思わせてはいけないから。

でないと、止まらないから。

であっても、止まってもらえなかった。

遠まわしに嫌味で返しても。
拍手にスルーをしても。
次に帰ってくる返事はいつも「みょんミアの更新まだー?」。


……こんなの応援じゃない。


少なくとも、私にはストレスにしかならなかったです。



どうしたらやめて頂けますか?


もう、助けてください。



……だから、あえてこの場で書かせて頂きました。

こんな更新、本当は内密に済ませたかったです。
礼儀を説いた時点で、無関係で内気な人たちに対し、絶対敷居を上げました。
もっと親しく、気軽に話しかけて貰えるような、そんなサイト作りをしたかったです。
事実、嬉しい言葉なら気軽に匿名で色々言って貰えるのなんか今でも大歓迎なんです。

だけど、“あなた”が誰か分からないから。
“あなた”が何人いるか分からないから。
こうやってリスク背負って全体に向けて言うしかなかった。

でも、リスクを犯してでも、もうあのメッセージは見たくないんです……。
私を、追い立てないでください……。
私から、創作を奪わないでください……。



もし“あなた”が個人であって、今までのメッセージが“あなた”ひとりだった白状し、
もうしないという旨が送られて来れば、この問題は簡単に解決すると思ってます。
ただ単に私の気持ちに気づいてなかっただけで、ちょっとしたすれ違いが起きただけ。
今まで伝わらなかった善意が、今度はしっかり私に伝わるから、きっと“あなた”を歓迎できます。


けれど、一度も会話をしてくれなかった“あなた”です。
今更特定されるのが怖いというなら、この更新への返事を私は求めません。
今後、今までのよう催促さえやめて頂ければ十分。それ以上は特に責め立てたりしません。
そして何食わぬ顔でサイトの輪に加わってくれることをも歓迎します。


もし“あなた”煽りって満足を得る構ってちゃんだったのなら、
おめでとうございます、“あなた”の努力は実り、見事この大々的な更新を勝ち取りました。
だからこれが最後です。
次はもう、こちらは真っ当に反応を致しませんので、
今回の更新を勲章に、どうか余所へ旅立つなり他の方に迷惑を掛けないよう心がけて頂く存じ上げます。


そして完全にスルーして、またも同じ文面を送ってくる“あなた”。
ありがとうございます。お陰であなたが話の通じない人間だと理解できました。
これで、もう心を痛めることはなく、色々と対応することができると思います。


いずれにしろ、もうこれで決着です。
行き当たりばったりな文面で、まとまってないかもしれませんが、どうかよろしくお願いします。



……以上です。
関係無い人にはいやなものを見せてしまい大変申し訳なかったと思います。
ですが、どうしても決着をつけないと、今後に差し支えると思いましたので……。

敷居は上げたくないし、上げたつもりもないですので、今後も気楽に話しかけて頂ければ幸いです。

暗い話は今日で終わり。
明日からまたばかみたいな話で盛り上げていけたら良いなと思います……。

 


トップページ

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット