6/1 6/2 6/3 6/4 6/5 6/6 6/7 6/8 6/9 6/10 6/11

 6/12 6/13 6/14 6/15 6/16 6/17 6/18 6/19 6/20 6/21

 6/22 6/23 6/24 6/25 6/26 6/27 6/28 6/29 6/30

検索エンジンなどで辿りついて、フレーム表示されてない方はこちらをクリック。


 

6/1(金)
金曜の朝は「ぼくらの」を見てから出社するのが楽しみ。朝っぱらから「おオぉぇエあぁえェおおぉおぇー」。(←OP頭のアレ)
あー、やっぱ面白いわ、これ。
そういえば、絵柄といい、雰囲気といい、ダークさといい過激さといい生々しさといいえぐさといい、
どうにもなりゅーのツボをついてると思ったら「なるたる」を思い出すと思ったら、本当に「なるたる」の作者が書いてました(爆

余談ですが、この間から鈴村健一さんが声当ててるキャラクターが出て来てたのですが、
その瞬間にロクな役どころじゃないなと予想したら本当にロクな役どころじゃなかった(苦笑
あの方、実力は文句なしにはあるのに役に恵まれないと思うのはなりゅーだけでしょうか……?( ;-ω-)

 

6/3(日)
昨日は更新できませぬでしたYOー。だって更新する隙がなかったんだもんっ!( T□T)←言い訳大王
朝早くから勉強会行って、焼肉食べて、カラオケ行って、家に着いたら夜2時半。あー、もうっ! 楽しかったなぁっ!!
いやー、しかし文章に書くとこれだけですけど、実際はトラブル、虎ぶる、To LOVEらぶるのとらぶる道中でしたよ (苦笑


とりあえずなりゅーの運転で数人と会場まで向かうことになってたのですが、
その辺の経験不足がモロに出て、勉強会開始時刻1時間前に到着するような早過ぎる予定に。
しかし、コンビニで停車したらいきなりバッテリーの寿命尽きると言うアクシデントに見舞われますた(苦笑
このせいで早過ぎた行動が丁度いい按排になるという偶然天使エンジェルな展開に 。
まあ、なりゅーは結局遅刻しましたが……。(JAF待ち&修理部品の購入のため)

で、そんなハチャメチャな展開で迎えた勉強会も普通に終えてから、労務懇談会なるものを行い、みんなで焼肉食べに焼肉屋へ。
なりゅープロデュースということで、なりゅーが予約とって置いたのですが、
その辺の経験不足がモロに出て、予約時間に遅れた時に連絡しとかなかったので予約取り消しになってました(苦笑

まあ、一応順番待ちということにして、近くにあった漫画喫茶で時間潰し。なりゅーは「絶愛」読んでました(ぇ
そしたらどうしたことだ、店かなりゅーかどっちが原因か、教えた携帯の番号の末尾一桁が間違って伝わってて、
また順番待ち取り消されてたよ!!( ノT□T)ノ ⌒ ┻━━┻ ドチクショーッ!!

確認して初めてその致命的状況が発覚したという……嗚呼、本当にとらぶる尽くし……。(苦笑
どうにも自分は、善悪に関わらず当たりが良くて、しかも特別であればあるほど、よりによって起こる。
昨日はそんな様子の代表的な一日でした……。


あ、ちなみに、カラオケの時は何事も無く終わりました。
用心してたからね、そういう時はまず起きない。本当に不意打ちでしか起きない

あー、ホント……楽しかった!!( ´∀`)

 

6/4(月)
昨日更新の後ひぐらし(PS2版)やったんですけど、
そしたら……夏美ちゃんキターー(∀゜  )ーー(゜∀゜ )ーー( ゜∀゜ )ーー( ゜∀゜)ーー(  ゜∀)ーーッッ!!!

そんな風にいつもみたいにばかみたいに過剰反応する今日び、たまにはヤケ酒やったって良いじゃない!(ぇ
会社でちょっと……また行き違いがあって……悔しいよ、言葉で伝えきれない自分が悔しいよ……。くすん。( つ―T)

そんなこんなで哀愁のweb拍手レス。


6/4 21:14
>で、カレーシエル(とジャン)下書きしちゃったよ。キセキが起こるのは必然だったんだね!! (桃色日々

 なんかもう、さすがジャン!!(笑
 その情熱とエンジンの掛かりの速さは本当に羨ましいっ! そして起きた必然の逆転劇は本当にすばらしぃですてぃにー!(謎
 はてさて、カレーをこの掌で盗るのは一体どっちだ!(爆



全然哀愁じゃないとか言ってる画面の向こうのアナタ!(笑
良いんです。こうやってばかやってる方が、世の中平和だから。
お酒飲んでぐっすり寝ます……くすん。

 

6/6(水)
うあー、昨日ネットに繋がんなかったー! これは何!? 連続更新させまいとするなんかの陰謀!?(ぇー
そんなこんなで更新できませぬでした、ぎゃぼー。昨日は昨日で面白いネタ仕入れてたのにぃ〜……。
……で、そんな昨日、せんぱいが犯したミス。


  せんぱい「らき☆すたのDVD買って貸してくれるなら、(OPの)踊り覚えて踊っても良いよ」


よしっ!!(ぇ

 

6/7(木)
桃色日々さんより「キャラ口調バトン」なるものを渡されました。
ええっとですね、ルールは、

 ●指定されたキャラの口調で日記を綴る。
 ●何度回されてもキャラが被っていない限り受け取る。
 ●最後に回す人3人と指定キャラを挙げる。


というものです。ルール2が割かし極悪な気がしますが。
なりゅーは鞠絵を指定されてバトンをまわされましたので、鞠絵口調で全て書き綴るってことです。
で……
ちょっと本気出すので次回に回させていただきます。(ナニ

ついで言うと、web拍手レスも鞠絵で演じきるつもりです。
なので、ここぞというばかりに送ってきても、私は真っ向から立ち向かわせて頂きます!!
そうさなぁ、明日みんなで外で夕ごはん食べるし、土曜日にやるかもしれんです。明日やるかもしれないけど。
という訳で、次回の鞠絵の仮面を被ったなりゅーさんの必死の演技が炸裂する予定。

  【注意:やや当サイト仕様のものが来るかもしれませんが、半分諦めてください(横暴)】

という訳で、web拍手レス〜。



6/7 18:34
>鞠絵を描き始めるかどうかは、なりゅーさんのバトン回答っぷりに掛かってますよ☆
>さぁ、鞠絵をこの掌で盗りに来て下さい!(桃色日々


 了解しました! ……が、1〜2日待ってくださいませませ。ちょっと本気で挑みます。
 そして鞠絵をこので盗ってみせる!!(←本気の原因)



6/7 19:51
>なりゅー家のネット回線は某組織が握っています!(`・ω・´)

 ええっ!?
 「ゴルゴム」、「ショッカー」、「護廷十三隊」、「ディバイン・クルセイダーズ」、「ヴァリアー」、「パッショーネ」、「壬生一族」、
 「ブルーコスモス」、「CLAMP学園探偵団」、「鉄甲龍ハウドラゴン」、「デーモンプラント」、「カンパニー」、「東京」、「ル・リム」、
 「オートザム」、「ラグナレク」、「暁」、「ドフォーレ商会」、「LXE」、「フット団」、「裏会」、「宮神学園極大権限保有最上級生徒会」、
 「ブレードチルドレン」、「恐竜帝国」、「神羅カンパニー」、「山百合会」、「クラトス自警団」、「ロケット団」の一体どれですか!?(ぇー


6/7 20:18
>桜館です、PC復帰しました、 あと、アビス面白いですよ、副主人公が夏美ちゃん に劣らず不幸で(ぇ

 おおー、PC復帰おめでとうございます〜! あと、夏美ちゃんは頑張れば不幸じゃないのよ!!(ぇー
 ああ、でもちょっと興味はあるかも……。(←薄幸属性持ち)
 アビスは……夜見るのは怖いので日が出ているうち見ることにしますっ。( ´ω`)



ちなみに、バトンが無かったら今日は、
なりゅーの話し方が下手なせいでセイントビーストが「やおい」として伝わってしまった件についてでも話そうとしてました(ぇ

 

6/8(金)
「キャラ口調バトン」

 ●指定されたキャラの口調で日記を綴る。
 ●何度回されてもキャラが被っていない限り受け取る。
 ●最後に回す人3人と指定キャラを挙げる。


 指定されたキャラ「鞠絵」


ごんばんわ……みなさん……。そういうわけで、わたくし……ちょっと、「鞠絵ちゃん」になりきって、話します……。
知り合いも見ている前でこんな風に話すのは……ちょっとだけ、恥ずかしいけれど……がんばります……。

今日も色んなことがありました……。
うふふっ♥ 今日はですね……なんと! みんなで外で外食をしてきたんですよ。
なんのお店かといいますと……「回転寿司」のお店です。
「回転寿司」って聞くと……みんな、あまり良い印象を持ってくれないみたい……。
けど、良いんです……。場所がどうとかじゃなくて……みんなと一緒に、同じ時を過ごせる……。
それこそが、とても素晴らしいこと……。
わたくしは……そういうことこそが、楽しみなんだと思います……そして、わたくし自身、胸がいっぱいになりました……。
最近入ってきた新人の後輩さんとも……普段一緒に動いたりしない先輩さんとも……いつも以上の交流持てました……。うふふっ

わたくし、こういう風に……誰かを誘ってどこかに行くなんてこと、得意じゃないから……。
だからこんな機会に恵まれるだけで、わたくし……胸いっぱいで、満たされて…………はちきれそう……。


けれど……幸せな時間は、長くは続かないもの……。

お店での楽しい時間を終えて……家に帰る時のことです……。
外は……とても激しい雨が降っていたの……!
ザァザァ……? ううん、ゴゥゴゥ。そのくらい……激しい激しい雨……。
雨は……ちょっぴり、嫌い……です……。

幸い……車での移動だったから、そんなに濡れることはなかった……。
……でも……雨の激しさは、全ての幸運を飲み込んでしまうくらい、激しかったの……。
まるで神様が……大切な宝物を……愛する人を失った悲しみに、嘆く涙のような……それほどの激しい、悲しい雨……。
その激情は……車である利点さえも、わたくしたちから奪い去ってしまいました……。

車の運転は、わたくし……。今日一緒に行った全員を送り迎えするという状況でした。
そんなわたくしの運転する車は……その外の景色は、雨の飛沫で覆い隠され……夜の闇はそれを更に強めて……。

暗くて……何も見えなくて……不安で……怖くて……。

……けど、そんな不安なわたくしを……みんなは支えてくれた……助けてくれた……!
見難いところは声を掛けてくれたり……危ないところは先に教えてくれたり……。……ありがとう……みんな。


大変だったけど……終わった今だからこそ、こんな風に振り返れる。
でも、本当に大変だったんですよ?
だって、みんなで一緒にご飯を食べたことより、帰り道の雨の方が印象に残っちゃうくらいだもの……うふふっ
色々あったけど……それら全てを踏まえて、こう言える……「楽しかった」って……。
そんな……ちょっとしたイベントでした……

それでは……みなさんからのweb拍手のお返事、させていただこうと思います……。
今回はそれなりにメッセージが届いています……ありがとうございます。
もしメッセージがこなかったらかったら、
「ああ、やっぱりわたくしなんてそのくらいの存在なんだ」……なんて、拗ねちゃうところでしたよ?



6/8 
10:25
>
押してしまうと回されそうで怖いけどあえて押してみる覚悟ッ!! 月星

 月星さん、いつもメッセージ……本当にありがとう……。
 怖い……そう分かってて前に進めるその勇気、とっても素敵です……。
 わたくしも、その勇気を……ほんの一握りでいい、別けて欲しいです……。



6/8 
17:50
>
なりゅーさんの気合いが痛いほど伝わったので、本気で鞠絵描き始めました☆桃色

 ほ、本当ですか……!? ありがとうございます……こんなわたくしなんかのために…………嬉しい……。
 本当に……なんてお礼を言えば良いのか……。
 あ、あれ……おかしいですよね、お互いまだ終わってもいない内に、お礼だなんて……くすっ。
 それでも……ありがとう。 



6/8 
20:31
>
林にマネキンの頚が落ちていて凄く怖かったです。警察喚びそうになりましたよ。 BY燦那崋陀

 まぁ! それは……災難でしたね……。
 わたくしも……同じ立場だったならきっと……怖くて、叫んでしまっていたかも……。
 でも、わたくしも当たりは強い方ですから……“そういう状況になりそうなのが怖い”です……なんてね……



6/9 
0:30
>
本気とゆーことは!もちろん衣装の方も用意されてると?(ノ∀`)

 ごめんなさい……。そこまでは、さすがに……時間もないので……。
 それに……これは「キャラ口調バトン」、つまり「口調」だけなので……。衣装は……ちょっと関係ないかな……?



6/9 
1:03
>
ニーソとガーターベルト、はくならどっち? (鞠絵宛)

 あの……どちらかから選ばなくちゃいけないんですか……?
 ええっと……ちょっと、悩んでしまいます……だってどちらも……まったく考えたことのない衣装だから……。
 ……他のものだったら……ちょっとだけなら、ね……
 でもどちらか、だったら……ニーソックス……かしら……?
 ごめんなさい……本当に、普段考えないものだけで2択を迫られているから……これ以上は、ちょっと分からないです……。
 本当に……ごめんなさい……。



最後に、バトンを回させていただく3名を選ばせて頂きます……。

まずは、高原涼風さん……こちらで話題にするのは、本当にお久しぶりですね……。
やっていただきたいキャラクターは「白雪ちゃん」……じゃ、ちょっとありきたりで面白くないから、「ミナコさん」で、お願いしますね

続いて直月秋政さん
こちらは「春歌ちゃん」で……と、思いましたが、ここはちょっと「直江信綱さん」でお願いします。
だって……その方が面白そうだから……なんて

最後に……ご期待通りに月星さんへ……うふふっ
最近「ひぐらし」にはまってるようですから……あえて「咲耶ちゃん」で。
この辺で他の姉妹たちのこと……ちょっとは思い出してくださいよ……?



ちなみに……水影さん普段から千影ちゃんや四葉ちゃんが入ってるので、
今更キャラ口調をやらせるよりは他の人のキャラ口調を見てみたいという理由で省いてみました……
他にも……送りたい人に限って日記をやっていなかったり……
キャラが思い浮かばなかったり……送れる状況になかったり、などなど……
様々な理由で見送った人たちも居ます……。

あ……ご迷惑でしたら、その……無視してくださって構いません、から……。すみません……。



それではこの辺で……。

うふふっ……久しぶりにはりきちゃったから……
わたくし……ちょっと……疲れ、ちゃった……み……た…………

 

6/9(土)
昨日、「キャラ口調バトン」なるものを行い、鞠絵口調で話してみましたが。いやー、思ったよりネタに走れないものだ(苦笑
「キャラになりきる」ではないため、鞠絵の口調でも、鈴凛ちゃんラブとか言えん訳ですよ。だってなりゅーじゃなくまりぃのもn(削除)

とりあえず、どのくらい上手く行っていたのか……ちょっと気になるところ。
一応なりゅーが気をつけた鞠絵ポイントは、

 @「実は千影並みに三点リーダー(“……”←これ)が多いこと」
 A「実は可憐よりも敬語じゃない」

だったりします。
Aは、まあ個人個人の感覚の問題ですが、@は原作(キャラコレ)やゲームとかだと読んでみると、意外とそうなってます。
2次創作じゃ行っていない人も多いので、鞠絵原作未読未プレイの人は、気づきにくいんじゃないかなぁ……。
事実、なりゅーの初期作品は@、A共に行っていないです(苦笑
でも、シスプリ2字創作を古くから行ってる人は、意外とコレに気づいてたりするんですよねぇ……。

「とりあえず全員登場させる」って形(鞠絵がマイシスじゃない人)だと、両方やってないパターンは多い傾向かな?
まあ、鞠絵って結局そういう位置づけだから、バトルロワイヤルだと真っ先に脱落するような位置付けだから、あははっ……。

ドチクショー!!! ( ノT□T)ノ ⌒ ┻━━┻


  【土畜show】……ねぎ、ごぼうなどの土畜産の野菜を料理し、披露するショーのこと。(嘘)


まあ、知らないものは知らないから仕方ないのですョ。大切なのは、知った後に動けるかどうかデス。
これを読んだあなた。どうか真相を暴いてください。
ほんのちょっとでいいから、鞠絵ちゃんのそういうキャラクター、意識してみてください。
それだけが私の望みです。     前原圭一

それではー、鞠絵の繁栄を願ってー! web拍手レスー!!(微妙に繋がっていない


6/9 1:14
>ケモノミミで好きなのは? (鞠絵宛)

 あー、これは昨日の鞠絵なりきり宛てのメッセージですね……。丁度更新中に来ちゃったから答え損ねちゃったパターン(汗
 ちょいと待ってください、もっかい鞠絵モード引き出してみます。今度は「なりきり」で。

   さぁ、仮面を被るのよ、なりゅー……。鞠絵の仮面を……。私は……鞠絵……。(←白目で)

 メッセージ……ありがとうございます……。それから……昨日のうちに答えられなくて、ごめんなさい……。
 それで……わたくしが好きな、ケモノミミ……ですか……? そうですね……。
 これも、あまり考えないことだから……少し……迷ってしまいます……。
 大切な……親友のミカエルのことを立てる意味で……「犬耳」って答えておきますね……。 
 あ……でも鈴凛ちゃんにつけちゃうなら……うふふっ キツネやタヌキなんて、似合っちゃうかも……なんちゃって
 


6/9 22:40
>五行日記の原因って僕? 帽子猫

 実はそぉですよー。意外と活用させていただいてます。もっとも最近は5行ルール破りがちだけど(苦笑
 でも、今までより気軽にできるようになったってだけでもかなりの成功です。
 よーするに短く書ける正当な理由が欲しかっただけなんですよ。
 そういった意味で、助言ありがとうございました〜!



6/9 23:40
>帽子猫 です。ちょっと思いついたので。なりゅーさんはショートストーリーは書かないのでしょうか?
>文庫本見開きほど、原稿用紙3枚1200字ほどの短いSSです。
>大体1時間くらいあれば簡単に書けるので、忙しくてもSSを掲載できます。どうでしょう?


 別個に送られていましたので、こちらも別個に分けてみました。
 で……まあ、偶然、丁度今日取り掛かっていたところです。(爆
 リハビリついで&他の理由で、サプライズちっくに行う予定でした。
 もっとも、失敗して明日になる予定ですが……明日できればいいなぁ(汗
 ぶっちゃけそのスタイルの方が良いんですけど、どうにも上手くできなくて……。
 信じられないかもしれませんが、なりゅーはいつも書いてる量で最低限です。や、マジで。( ;´∀`)ゞ
 特に、前提のないマイナーカプもの、普段使わない設定(概ねまりりん以外)だったら、
 読み手に、登場人物の心情・関係を伝える起承転結の「起」を外すわけにも行かないので……。
 どっちにしろ、1時間でできませんでした、ぎゃぼー。
 ……つまり逆に考えれば、「1時間を目標に書けるようになる」……この目標を意識すれば、上手くいくかも……? かも……?



そういえば、昨日の一言雑記。
「直江信綱」と書くところを「直江綱吉」と書いてしまうという致命的な間違いを犯してい ました……。_| ̄|○
あっれー? 間違いのないようにちゃんとネットで調べたのに……ちゃんと「信綱」って確認したのに。
ページ文章の方書き換えるの忘れたみたい……。
早速、訂正しました、直月さん大ファン、ほんまスンマセン……。

 

6/10(日)
うあー、今日は短いSSアップしようとしてたのに、結局間に合わんかったー(大汗
だめだなぁ……まじめに衰えたかしら……? ただ、やっとエンジンは掛かってきたし……悪いわけでもない。
エンジン掛かれば止まらない分、掛かるまでが一番の問題です……。
とりあえず、今日までにSS終わらせて、その後メール全部帰す予定だったけど……出来なかったのはちょっとくやしぃ。
まあ、ひとまず今日はweb拍手て終わります。


6/10 12:32
>綱吉はリボーンのツナですね。ツナツナ言われて本名忘れがちですが。
>取り敢えず今夜辺りウチ(のサイト)に来て下さい。報酬が待ってます(桃色日々


 どーして、間違ってしまって訂正したネタをネタにするんですかー!? これでは余計に隠蔽できなーい!!(爆
 「なんとか綱」か「綱なんたら」だと思ってたんだよ、とりあえず代用的に入れてたら、直すのうっかり忘れちゃって……。ブツブツブツブツ……_| ̄|○
 ところで……報酬。確認しました。 今でこそ落ち着いていますが……そりゃあもう、見た瞬間の爆発力は凄まじかったです(笑
 今はただ一言、今日という日を、最高の一日にしてくれてありがとう!!
 え? 「お持ち帰り」ってことはお持ち帰りしちゃっても良いってことなのかな? かな?
 とりあえず今回の件で気づいたことは、なりゅーは誰かにカマかけられる方がすごいエネルギーを発揮できるらしいです(爆



6/10 14:56
>バルログで端に相手を追い詰めて弱パンチを連打するようなことは止めたほうがいいですよ

 あー、申し訳ありませんが、例えの文章の方がちょっとよく分からないです(汗
 なのでおおよその予想で話すしかないの、もしかしたら間違ってるかもしれませんが……
 うーん、とりあえず助言通りに気をつけてみようと思います……。どうもお世話を掛けます。



6/10 20:15
>帽子猫です。 僕も長編ばかり書いていたので、短編の書き方が分からず最初は苦労しました。
>ようするに一編の小説から、一章を抜き出し、さらに一節を抜き出し、さらにその一部を抜き出す。
>1イベントのみ書くというふうな感じです。 短編を5つくらいに分けてもショートストーリーになりますけど。
>無理せず頑張って下さい。


 毎度どうもです、帽子猫さん。いつも助言ありがとうございます。
 ふむー、1時間SSにするにはそこまで絞る必要があるのですか……今書いてるのが全然1時間以内に収まらない訳です(苦笑
 とりあえず、今自分が抱えている問題の、「見積もりが甘い」がモロに前面に出てきちゃってました。( ;´∀`)ゞ
 ご心配、どうもです。メールの方は今書いてるSS完成後、なるべく早めに送ります(汗



ミニSS……明日までに完成できるよう、頑張ります……。( ;-ω-)

 

6/11(月)
うおー! ミニSSなのに終わんないー! 平日はどうしてもスローペースになってしまうからなぁ……。( ;-ω-)
あと少しあと少しと思うのに、まだまだかかりそう……がんばれ、とりあえず土日突入前にアップしないと、作家として危ない(大汗
とりあえず今は集中して、web拍手とかは終わってから返すことにさせていただきます……。

ところで今日、ビデオ撮って見た「sola」がめちゃくちゃ面白かったんですが。
広島県民の心温かな協力の下、全話保管したら、「面白い」から「めちゃくちゃ面白い」に進化したんですが!?
え、ちょっ、これレベル高くね? というか、ツボに入りまくり!! さすが伊達に鞠絵をマイシスに持ってるだけはある!(←儚げ好き

 

6/12(火)
で……でけた。 =■●_ 〜□○0

中途半端に宣言したミニSS、やっとこさ完成しました……。
本当は土曜日一日だけで完成させるつもりだっただけに、速さ(というか始動)の点で猛反省ものですが(苦笑
とりあえず、納得できる域にまでは引き上げたから、一応大丈夫だとは思うです。
問題は……でけたけど、あとがきとかSSページへの掲載準備とかさぱーりです。

なので、一言雑記で載せちゃうか! ミニSSだし!!(爆
という訳で今日はミニSSごー。



======



「ちょっと千影ちゃんっ!」


 私に向けて、怒鳴りつける声が、部屋いっぱいに響いた。


「いきなりやって来たと思ったら……なによこれはっ!?」


 怒鳴り声の主は、私の愛しい愛しいマイシスター、鈴凛くん……。
 短く切り揃えられた髪や、ラフな雰囲気、機械関係の趣味を持つなど、外見的にも内面的にも中性的なスタイルの少女。
 そんな彼女は今、ひどくご立腹のようだった……。


「たまにはコレクションの整理を…と思って…………コレクションルームの掃除をしてたら……見つけたんだ………。
 …似合ってるよ……」

「あ〜、もうっ! だーかーらー!」


 とりあえず、彼女の「なに」に答える私。
 自分とは対比的な冷淡な態度が癪に障ったのか、それともその回答が的外れだと言いたいのか、
 抱く歯痒さを強い口調に変えて、その激情を私に向けてくる。
 けれど、その激情も、起因は怒りや憎しみといった負の感情からではなく…………恥じらいの感情から。


「なんでそれをアタシに着せるのよ!!」


 その身に纏ったドレスの裾を持ち上げ、更に抗議の声を荒げた。


「だから………まあ…………」


 経緯はこうだ……先ほど口にした通り、私は今日、コレクションルームの整理を行っていた。
 私は、俗にいう魔術・オカルトに関わるものを集めるのが趣味で、
 それゆえ、その種類は古びた骨董品から宝石、絵画、食器類まで様々。
 その中には衣類も含まれており、整理の最中一着のドレスを見つけた……。
 そして私は……


「突然鈴凛くんに着せたくなって、突然やって来て、突然ドレスを着せた訳だ」

「根本的な理由が不足してるって気づいてる?」


 鈴凛くんの呆れ顔の質問に、私は親指を立てるジェスチャーで応えた。
 鈴凛くん必殺の鈴凛拳・四式が私の顔にめり込んだ……おオぉぇエあぁえェおおぉおぇー。(←悶絶中)


「だ、大体こんなコスプレみたいな格好、外で着・れ・な・い・じゃ・な・い・のっ!!」

「え……? ……外で…着る気なのかい………?」

「パーティー衣装にも出来ないって言ってるの!」


 私が蔵の中で見つけたドレスは、現代に行われるパーティーで纏うような衣装とは違う。
 中世紀ヨーロッパを思わせるようなゴシックなデザインで、世間知らずの良いトコのお嬢様が時代錯誤な感じに着用しそうなもの。
 ほら、金持ちくるくるほわ〜でくすんなのあの妹みたいな。


「フフ……でもなんだかんだ言いながら…………完璧に着こなしてくれているじゃないか……」

「人の服ひん剥いて、脅しかけてまできたクセにぃ……」


 ちなみに……普通に持ちかけたんじゃ「こんなのアタシに全然似合わないって」の一点張りで、
 聞き入れてくれないだろうことは予測できたので、
 鈴凛くんの家に到着後、中に上げてもらうなり手早く部屋のカーテンを閉めて、
 指パッチンして"ちかちゃんふしぎ☆パワー"で鈴凛くんの着ていた服をひん剥いて、
 持ってきたドレスを差し出すという、なんとも合理的な作戦で着用させた。
 その後、別の服を取り出そうとする鈴凛くんに、音を鳴らさない指パッチンの仕草を見せ、
 「服の数を減らされたくなければ無駄な抵抗はするな」と言うことを暗に伝えたのが効いたのだろう……フフフ。
 名づけて「背に腹は変えられぬ大作戦」! ……なんだいその目は? まるで犯罪だといわんばかりの軽蔑の眼差しは?
 ふふん、私の力は被害者自身も法律にも見えないし裁けないぞぅ


「ったく……こんなのアタシに全然似合わないって……」


 予想を裏切らず、私が思った通りの台詞を口にする鈴凛くん。
 浮かべた表情は……少し、寂しそうな面持ちだった……。
 自分には似合わない……そのことを受け入れつつも……受け入れることに「女」として傷ついていく。
 そんな彼女の悲しみを、彼女の表情から、容易に読み取れた。だから、自然と口からこぼれた。


「…そんなことはないさ…………可愛いよ……」

「えっ!? カっ!? 可愛いィっ!?」


 鈴凛くんの声が、思わず裏返る。
 容姿を褒められることに慣れていないのか、自分に向けられた「可愛い」に、いとも簡単に狼狽してしまった。


「ひゃぅっ!?」


 そして手はおもむろに彼女の髪へと触れていて、愛でる様に、優しく、優しく、撫でていた……。
 それは傷つく彼女を癒したい気持ちから出た行動。……けれど、言葉は同情から生まれたものじゃない。
 私は思っているまま、素直な気持ちを口にしただけ……嘘偽りなどない……。
 突然のことに彼女は驚きの声を上げ、顔を紅に染めていた。


「アタシなんかがこんな格好……どこが良いって言うのよ……?」


 そして、照れながらも不安気に紡がれた言葉が、私の耳に届く。
 普段は強気で前向きで、自信家であるはずの彼女なのに、今こんなにも弱々しくおぼめいている……。


「まあ………ドレスを着せたかったのは……確かに…興味本位ではあるが…………からかうつもりなんかない……」


 彼女は努力家だ……。普段の強気と自信の根源はそこにあり、だからこそ自分に誇りを持っている。
 そしてだからこそ……今まで「努力してこなかった女性としての魅力」に、自信を持てずにいる……。
 その気持ち、分からなくはない……だが……


「……純粋に……見てみたかっただけなんだ…………。キミの……可憐な姿を……ね……」


 今は、どこからどう見てもひとりの可憐な少女の姿そのものではないか。
 彼女自身が卑下するほど、その美は決して劣るようなものではない。
 元々の顔立ちだって悪くはない。むしろ、羨まれる部類に入るくらいだろう。
 ただ性格や普段の態度が、彼女を中性的にさせているだけの話……。

 今回はドレスを着せるという方法をとった訳だが、そんな風に少女として導いてやれば……こんなにも可憐に花開けるのに……。
 彼女だけがそれを知らない。確信を抱けない。共存する強き心と弱き心……ああ、そのどちらも、なんと愛らしいのだろうか。
 彼女から不意にこぼされた疑問。それは、私にとっては愚問。
 良いだろう……聞くことで、キミが安心できるなら、私は幾度でもキミに告げよう……。


「……私はキミが好きだ……」


 耳元でそっと、囁く。
 返事は……ない。……いや、紡げなかったのか。
 顔は覗けなかったが、私の目の前にある耳が真っ赤に染まって……彼女の心情を私へ明確に伝えてくれていた。


「キミには運命に抗える強さ………決して諦めない意志力………そして…皆に幸福を作り出す……創造の力………。
 ……他にも………多くの…私にはない……美しさを持っている…………。
 フフフ……いつも…キミに告げている通りさ……。……これ以上は……今更…かな……?
 短く言うなら……そう……"魂"の輝きに…………魅かれる……。キミの魂には…………私にはない輝きを持っている………」


 幾度となく伝えた、キミの魅力……。
 だが足りない。
 今一度口にしても、何度口にしても……この内に溢れる感情の、数十、数百分の一さえ、伝わった気がしないのだから。
 だから何度だって言う。くどいくらいに繰り返して言う。あまり繰り返せば、キミが飽きてしまうかな……?
 でもキミは……キミが思っている以上に魅力的で……だから、伝わって欲しい……。
 欠片も違うことなく、全て。
 例えそれが我侭だと知っても、切望せずにはいられない……。


「そんな相手の…綺麗な姿を…………見てみたい…と望むのは…………当然のことだと思うが………?」


 語っている間、彼女はずっと黙っていた。言葉も出だせなくなる程、照れくさかったのだろう。
 そして、やっと出てきた言葉は、「あ、ありがと……」と、搾り出すような小さな礼。……そう言うのが精一杯のようだった。
 本当に、女性として褒められることに慣れていないのだろう……初々しさが、とても愛らしい……。


「でも……そうだよね……。中身……よね……」


 ……と、唐突に、今まで以上に寂しそうな口調が紡がれた……。
 一体何が……? 私は、その不可解な出来事に多少心を乱されて……そして、次の言葉で、更にその心を乱されることとなった。


「やっぱアタシが可愛い訳、ないもん……。だからこうして、ドレスなんか着せて、見た感じだけでも取り繕って……」

「……あ」


 今更ながらに思い知った。
 ああ……どうにも私は口下手で……ダメだ……。


「こんなの……馬子にも衣装だよね……」


 そう……今私は、彼女の魂……内面ばかりを讃え、外見を褒める言葉は、一切口にしなかった……。
 些細な言い回し、わずかなすれ違い。
 私自身は思わなくとも、彼女にそういった意味へ受け取られてしまう。

 違う……そんなつもりで口にしたんじゃない。
 伝わって欲しいのはそこじゃあない……。
 そんなこと、思ってもいないのに……。

 ……なのに、傷つけてしまった。
 傷を癒したい、願ったばかりなのに……何故、私は傷つけている?
 私の心、全てが伝わって欲しい……そう望んだ直後なのに、どうしてすれ違う……?
 価値観の違いから起きる、小さな悲劇……。
 どうして思った通りに伝わってくれない……!?
 どうして思ってもいない悲しみを与えてしまう……!?
 どうして反対のことを思い描いていたのに……真逆に伝わってしまうんだ!?


「君は魅力的だ……!!」

「……っ!?」


 ガラにもなく、大声で叫んだ。
 悔しかったんだ……。喜ばせたいのに、傷つけてしまった。自分自身の咎を。
 そして、悲劇を悲劇のまま終わらせられるほど、私は大人しくは出来ていない。
 こんな時、スラスラと言葉が出て来てくれない……だから今出せる言葉だけ、伝わって欲しい最低限だけを、言葉に変えた。
 突然の大声に、驚き目を見開く鈴凛くん。
 しかし、それも一瞬だけ……その言葉の出所が、その場しのぎの単なる同情からだと思ったのか……また寂しそうに俯き始める。


「でもアタシ……ガサツだから……」

「細かなことに囚われることない…………自由なキミが好きだ……」

「女の子だってのに……全然女の子らしくないし……」

「その不器用な生き様が………良いんじゃないか……」

「女の子らしいこと、全然分かんないし……」

「女の子らしくないことに自信を失くしてしまうギャップがたまらん!」

「スタイルだって自慢できるようなものでもないし……」

「おっぱい大きめだから良し!!」

「ごめん千影ちゃん……アタシ、褒められてる気がしない。アタシ胸の大きさ別に気にしてないから特に……」


 寂しいというよりは別の理由で肩を落としてうなだれてしまった……。
 ああ……またやってしまったようだ……。


「もうちょっと空気読んでよぉ〜」


 ちょっとした真剣な悩みだったから、私の対応に満足できなくて、ムクれながら文句を言った。
 まあ、ムクれるキミも可愛いが……今はそれに見とれている場合ではない。


「悪いが………本気さ……」

「はへ?」


 呆気にとられたように、ムクれた彼女の顔は崩れ、気の抜けた言葉がこぼれた。
 けれど、私はそれに、真剣な面持ちを向けて、至って真面目に答えた。


「……私には…………そんなキミも魅力なんだよ……」


 キミ自身が魅力に感じない部分……それでも、私自身には「美」……。
 良い部分も悪い部分も含めて、キミだ。
 そして、良い部分も悪い部分も、キミ自身が嫌いな部分も……私はたまらなく愛おしい……。


「キミ自身は嬉しくないかもしれないけど…………でもこれは……私の心だ…………。……私の心は私だけのものだっ……!」


 強く、言い放った。最初の時とはまるで立場が逆転。
 だって譲れない。私という「個」を、否定することだけは、例え神でも、キミでも……譲りはしない。


「……私の憧れを、……心までも…………否定しないでくれ………」


 渇望するように、訴える。
 誰にも理解されなくとも……それでも、そういう形のわたしなんだ……。


「それでも……私の心を否定するなら…………証拠を……見せよう……」


 最早、言葉に頼るのは煩わしい。
 認めよう、私は口下手だ。とうの昔から理解している。
 だったら、もう言葉は要らない。ここから先は……行動で示すのみ……。

 私は、彼女に思考する時間も与えず、彼女の体を強引に、すぐ横のソファーへと押し倒した。
 「きゃっ」という、小さな悲鳴が耳に届く……普段の彼女からじゃ想像もつかない、可愛らしい小さな悲鳴。
 そして、すかさず戸惑う彼女の顎を持ち上げる。
 彼女はハッとした表情で、わずかに顔が赤らむ。
 なにをされるのか……理解したのだろう……。
 私は……ゆっくりと、その艶やかな唇へと、自身のそれを近づけながら……ゆっくりと目を閉じる……。


  ・

  ・

  ・

  ・

  ・




    ビューーーンッッ



「はっ!?」


 彼女との距離があと数センチの所。
 彼女の吐息を、私の唇で感じたその瞬間、おぞましいまでの殺気と迫ってくるなにか気配を察し、反射的に身体を引いた。
 折角ここまで近づけたのに、また彼女との距離が出来るのは非常に遺憾だったが……
 私の経験と一瞬の判断力が、それを選択させた。
 刹那、


    ズゴァンッッ


 鈴凛くんの目の前……つまり、今私の頭部が存在していた空間に、謎の飛来物が通過し、轟音が響いた。
 しかもものっそい速さで。
 一体何が……? 抱いた疑問を解消すべく、何かの跳んでいった方向に目を向ける。
 そこには、少しだけ形の歪んだティッシュの箱が………………ソファーの背もたれめり込んでいた……。


「え? こんなの物理的にありえるの?」

「アタシ、そのセリフを千影ちゃんから聞くとは思わなかったわ」

「いや……恐ろしい速度で飛んでいたから…………その速度で発生した運動エネルギーが…
 ソファーをも破壊する力を生み出したのか……? だが……そもそもティッシュ箱自体の耐久性が……―――」

「アタシ、千影ちゃんの口から物理学を聞く日が来るとは思わなかったわ」


 たかだか厚紙で形成された脆弱な小箱がソファーにめり込む。それってどんな絶大なぱぅわー?
 それ程の威力……当たってしまえば、私の頭などひとたまりもなかっただろう……。
 今更ながらに、冷や汗が流れる……。
 しかし、なら一体このティッシュ箱に何が起こったというのか……?
 続けて浮かんだ疑問の回答を得るため、今度は反対側に目を向ける。
 と……うっすら開いたドアの隙間から……鞠絵くんの姿が覗いていた。


「…………」

「…………」


 目が合う……。
 にこっ。とても爽やかな笑顔を向けて、無言で手を振っていた。
 その背景に何か黒いものが見え隠れするが、それは彼女の守護霊の属性ということにしておこう。


「あ、鞠絵ちゃんね、お医者様から外泊許可貰ったからって……今アタシの家に寝泊りしてるの」

「あー……うん、おっけー……。……彼女の居る理由は分かった…………。なら次の質問だ………このティッシュは……?」

「……投げたんじゃない? ……これ、向こうの部屋にあったティッシュだし……」


 と、語り合いながら、鈴凛くんはソファーから体を起こし、私も鈴凛くんの隣に居直り、互いに体勢を整えた。
 そして今一度、もうひとりの我が妹を確認しようとすると、ドアはいつの間にか閉じられていた……。
 もっとも、見えないように加工されたドアのガラス越しに、人影がうっすら写っているが……。


「生物学的におかしーだろ」

「千影ちゃんが理屈を口にする方がおかしい」


 体勢が整ったところで、とりあえずツッコミを入れるべきところにツッコミを入れておく。
 しかし、鈴凛くんの鋭い返しの言葉を受けてしまった……。
 まあいいさ、フフフ……つまり、いつもの私を見ているということ。
 鈴凛くんが私を……いつも私を……フフフ……ウフフフ……うひひょひょひょひょ♥♥


「それを言うなら……アタシも、か……」

「……え?」

「あははっ、ガラにもなくこんなカッコしちゃってさ……」


 はにかみながら、頬を軽く掻いて、明日は雨ね……鈴凛くんはそう付け足した。


「でも、ありがとう……。とりあえず千影ちゃんがアタシのこと褒めてくれたってこと、伝わった……」


 いつの間にか、彼女の表情には笑顔が戻っていた……。
 そうやって、素直に笑ったり、たまに自信をなくしたり弱ったり、でもすぐに元に戻ったり……
 そんな移り変わる彼女はとても眩しくて……胸が、騒いだ。


「……気に入ったなら……あげるよ…………」

「え?」

「そのドレス…………。私も………また見たい……。……可憐な君の姿を……」


 服は、似合っている者が着るのが一番だ……そう最後に付け足すと、彼女はまたも紅色へと変わる。
 そして、すぐに照れ隠しのように笑うと、おどけた感じに答えてくれた。


「あははっ……こんなコスプレ衣装みたいな格好、亞里亞ちゃんのパーティーくらいにしか着て行けないわよ」

「……それでも……また拝める機会があるなら…………十分さ……」

「そう? じゃあ……貰っちゃおうかな?」


 そんな彼女を前に、騒ぐ胸を押さえながら……思う。
 いつも通り……また、同じことを改めて実感する。

 ああ……本当に…………本当にキミは……
 ……最高に魅力的な「女性」だ……。












「ところでこれ? どんな経緯で手に入れたの?」

「……ん。前に骨董屋巡りの時……妖しい骨董屋で見つけた…………いわくつきのドレ―――」

「ちょいやー!!」

「――スびゃっ!?


 鈴凛拳・五式が炸裂。このままだと百八式を貰う日も近そうだ……。


「なんちゅーもん着せとんだ阿呆が!!」

「大丈夫……キミは……非科学的なことは信じないだろう……?」

「あ、それなら大丈夫……なわけあるかーーーっ!!」

ぎぶゅぱっ!?


 その日、私は「のりつっこみ」というもの、初めて堪能した……。

 

======



ああ、とりあえず今日はこれで……早よ寝んと仕事がやばいから(汗

web拍手レスなどはまた後日ー。
うあー、web拍手も含めてやること微妙に溜まってきたー。(苦笑

 

6/13(水)
今更ながら「苺ましまろ」について色々考えてたら、
いつの間にか脳内で苺マッスル・麻呂という筋肉質な平安ファッションキャラの話にまで想像が及んでた(ぇー
ああ、ダメだ、寝不足の時はほんとヘンな方向にしか頭が働かない。
とりあえずかぁわいぃ〜なんて そんな〜こと 言・っ・ちゃ・ダーメーですっ♪(マテ

さてさて、今日は昨日(暦の上では今日だけど)完成させたSSと頂き物イラストを、それぞれ掲載しました〜。
まあ、イラストについては今更言うまい……感想の部分ですさまじいことになってるだけだから

とりあえず、web拍手レスがたまってるので、雑記の方はこれで。レス行きます〜。



6/11 20:45
>掌編を書く場合は、作中で経過する時間は数分だけです。
>長いイベントを作るのではなく、最小単位をきれいに取り出す。 僕はこう考えています。
>上手く続けることで掌編集の短編や長編も作れますし。 帽子猫でした。


 毎度創作のアドバイスありがとうですー。
 ふむふむ……でわ、そういう観点で、今回のミニSS(?)はどうだったんでしょうか……?( ;´∀`)
 一応経過時間は数分のつもりですが……ただ、最小単位を取り出すのには失敗してる気はバリバリしますが(苦笑
 とりあえず、慣れるしかないってことですねぇ……むぅ、創作道はシグルイなり……。



6/12 20:08
>そんなに短いやつが書けないのなら、むしろ小説家にでもなった方がいいんじゃないかと思ったり 桜館

 いやいや、自分なんかプロに比べたら、全然ですから。( ;-ω-)ゞ
 人を選ぶ内容だろうって自覚してますし、サイトってのは、客層はどうしても傾くものだから、
 全体層を相手にするその道本格的に進んだら、絶対に現実にぶつかる気がする。
 (とはいえ全体層も楽しませる作品を目指しているのは余談ですが……)
 あと、多分文字ばっかの生活ってのも色々と鬱憤がたまりそうだし(苦笑
 ああ、でもあと2年早く書き始めていたら、ちょっとは本気で考えてたかも……。(遠い目



6/13 20:24
>そりゃおわんないよ!ミニSSの基準が間違ってますよ、なりゅーさん!!
>あと、サイトと言うのは自己満足の実現の場であるから「どうしたら読んで貰えるか」が目的でなく
>「いかに同じ趣味の人に共感して喜んで貰えるか」が重要ですよ。・・・ちなみに千凛良かったですVv

 ええーっ!? ミニじゃなかったんですか!? むぅ……「ミニSS」の基準がサッパリ分からなくなってきた……。( ;-ω-)
 それと、サイトの在り方について、確かにそういう場なのは間違いないです。
 ……けど、自己満足に「他者満足」が含まれるやっかいな性格してますんで、どうしてもそう考えてしまいます(苦笑
 それに、案外「同じ趣味の人に共感」も目指してやってるつもりだったり。じゃなきゃ鞠絵が斬○刀振り回してない(爆
 つまり両方掻っ攫おうとする欲張りさん(……のつもり)なので、
 生温かい目で見守りつつ、悪いところがあったら嗜めて下されば幸いです〜。( ;´∀`)ゞ
 それからSS、お褒め頂きありがとうございました! ちょっと不安な部分とかもあったので、その一言だけでも嬉しいです!




i・c・h・i・g・o muscles

剛・豪・girl♪ 「いちご」 MUSCLES♪



うん、今夜はしっかり寝ることにします(爆
このままでは「苺マッスル・麻呂」のフルコーラスを考えかねん。

 

6/14(木)
「グラビテーション」を、
「音楽バンドで大成功を夢見る主人公が、様々な試練に直面しながらも全て乗り越え、
 音楽も恋も成功を勝ち取ってのし上がっていく、音楽もののサクセスストーリー」
と伝える私は、極悪人でしょうか?(ぇー

そんな感じで短く終えてweb拍手レスー。


6/14 1:25
>なんかラーメンマンがでてきそうですよ? BY燦那崋陀

 なぜにラーメンマン!?煤i´□`; )
 「剛・豪・girl♪」がそうさせてるの? 「剛・豪・girl♪」が「闘将!!たたかえ」って雰囲気を醸し出すの!?
 や、でも出てくるのは「とてつもない笑顔 プロテインな女の子」だと思いますよ(ぇー



6/14 19:17
>帽子猫です。正直、長いと感じました。 端で短くなっていくスクロールバーは一種の威圧感があります。
>僕ならば、前編、中編、後編の3つに分けて載せます。
>普通に書いた文章を数本に切ることで、掌編の連載と同じようなことができます。結構役立ちます。
>ちなみに、小説は原稿用紙500枚の文章を300枚に縮める減量のような作業です。
>しかも新人賞の場合、原稿用紙3枚程度のあらすじを送れと平然と書かれています。
>さらに、第一次選考の倍率は約10倍。あらすじ読んで、書き出し読んで、資源ゴミ逝き。
>数ヶ月の努力を数分で全否定されるのが普通です。
>夢と現実の狭間で作品は生み出されるのですよ!睡眠禁止で(ノ∀`)


 うぉうっ!? お厳しいお言葉、けれどサンクスです。_| ̄|○
 確かに、スクロールバーで読む読まないを決めるパターンもありますからねぇ……。
 なんちゅーか、今回ので「適量」とか思ってる自分はもうどうしようもないんでしょうか?(苦笑
 でもまあ、新人賞の件、プロ目指すんならそのくらいの試練は当然だと思いますねぇ……。
 編集さんの居ない分、ホームページは気楽にやれる利点がありますからね。一長一短です。うん。



グラビテーションでは由貴瑛里がツボらしい。
男は金髪タレ目でツンデレなのがツボらしい。(ぇ

 

6/17(日)
本当は金曜日に、
昼食時、着席早々いきなり酷いと言われたことから最終的に「僕のエクスカリバー」まで辿り着いたことでも書こうと思ったけど(ぇ
金曜夜はタクシーの運ちゃんやらされ、危うくsolaを見逃しかけ、土曜日は土曜日でネットに繋がらんし……。うおー。( T□T)
昼は更新しようと思った夜から繋がらないって……繋がらないって……。ちくしょー、最近多いよ、ちくしょー。_| ̄|○

無線のLAN自体は繋がっている模様、原因はそれ以降のシステム……。
下手したらいつ復旧するか分からんから、漫画喫茶で更新してみますた。
まあ、最近漫画喫茶もいきたかったから、これを良い巡り会わせってことで(笑

んでは、web拍手レス〜。次は下手したらいつになるのか……(苦笑



6/14 22:26
>帽子猫です。誤字のせいで最期まで書ききれず。
>ま、本職の小説は漫画家同様マゾの仕事ですので。だからこそ燃えるのですが。
>僕ならば、千影の台詞「……私はキミが好きだ……」の手前。
>鞠絵がティッシュの箱を投げた擬音の直後の二ヶ所で切り、三つに分けます。
>お暇なら僕のサイトの掌編集見てください。何かの参考になると思います。
>自分に合わない文章を書くのは、結構神経を削るので無理はしないよう気を付けてください。
>追記、鞠絵がヴァルキリー・フォークを発動させる夢を見た。ちょっと疲れてると思った。


 そして誤字のせいで、レスまでも2日分に別れてしまう悲劇に見舞われたもようで(苦笑
 それで……なるほど、帽子猫さんならそんな風な分別方法となるのですか。ふむ。
 ……んー、まあ、個人的な感性の問題なんでしょうが、やっぱ個人的には一括の方がいいかなって思います。
 と言うのも、バトルものなら擬音のところで止めも、良いかもしれませんが、本題は「ちー様のゾッコンラブなご様子」ですから、
 そんなバトル要素満載のまま切るとテーマ自体が破綻してしまうと思うのですよ(苦笑
 同じ創作家として、作品の生みの親として、テーマはテーマのまま伝わって欲しい気持ちは分かっていただけるかと思います。
 長いって言うなら、文量を減らす。押し倒しから鞠絵の登場、そしてオチと、ギャグ要素の全てカット。
 いやむしろ、「……私はキミが好きだ……」から〆に飛ぶのが良いかも。
 といっても、これは「短さ」を最重要視した場合の話です。
 なんせ、今言ったカットすべき+αな横道ってのを、自分は重要だと考える性質ですので(笑
 もっとも、これは「なりゅーなら」と言う考え方ですので、その辺りは誤解されないように。 
 自分に合わない文章を書く苦痛ってのは意外と分かります……まあ、色々あったので……(苦笑
 まあ、機会があれば、そちらの掌編を参考にしたいと思います。
 それと、このザ・ヒネクレと呼ばれるなりゅーを前にそんな脂の乗った旬真っ盛り声優ネタ(×2)に走るとお思いか!?
 ヴァルキるならそこからマク○スのバ○キリーをかたどったスカートを着せるわ!!
 馴れ馴れしくして
スンマセン調子乗りました!!_| ̄|○
 とりあえず女郎蜘蛛ぐらいで、ファイナルアンサー(苦笑



6/14 23:14
> >>夢と現実の狭間で―― は僕の投稿ではないです。 帽子猫

 ぎゃー!? なんと失礼なことをー!?煤i □ ; )
 さっきの馴れ馴れしい口調といい、ほんとすみません、ごめんなさい。申し訳ございません。_| ̄|○
 内容が丁度続く感じのもので、しかも時間帯も同じ19時代だったから(web拍手の表記の都合で)勘違いしてしまいました……。
 よく見みれば時間で区別できたけど、上手〜く騙されてしまいました。ほんと忝い、双方にお詫び申し上げます……。( ;-ω-)ゞ


という訳で、間違って一括しちゃったそのレス改めてお答えします。


6/14 19:46
>夢と現実の狭間で作品は生み出されるのですよ!睡眠禁止で(ノ∀`)

 まず、勘違いして一切レスってなくて申し訳ありませんでした(大汗
 それで……あー、確かに、そぉいうのはあるらしいですね。
 なんか脳の空白がどうとか、寝てる間にも脳は動いてて、寝る前にやったことが起き方に閃き易いとか。
 詳しくは忘れたけど、どっかの偉い科学者さんも、それで歴史に名前を刻む発見したみたいですし。


6/15 1:02
>なんか呼ばれた気がしました<苺マッスル by東牙

 なんでッ!? 煤i・ω・; )
 ぷ、プロテインか!? プロテインがそうさせたの?
 もしそうならば……異議を唱えます。だってあなたは「オロナミンなあにぃ」だから!!(爆


6/15 2:00
>なら超兄貴ですね。 by燦那崋陀

 フーワフワ 兄貴達が やってくる♪ 平安ファッションで やぁってくる〜♪

 いやダメですよ。ああ見えても(?)「苺マッスル・麻呂」は女の子の話ですよ。「剛・豪・girl」なのですよ。
 ああ、でも余談となりますが、なりゅーは女の子はムキムキではなく細腕で怪力であるべきだと思いますよ、そこ誤解なきように(ぇ

 ちぐはぐーな 肉体にくで いいもんっ きーんートーレしちゃおー♪
 ドーピングーも 当たり前だよね♪ 私たちを 許してあげなさいー♪

 ……怒らないでね怒らないで。好きにさせてね? ね?( ;´∀`)ゞ



ああ、それにしてもsolaおもしろいよsola。
これでどうして1クールだけなのよ。( ´・ω・) プー

 

6/21(木)
あー、やっとネット繋がったー!! ヽ( T∀T)ノ
という訳でプチネット断ち状態でした……まあ、ぶっちゃけ火曜日には復帰できてたんですけどね(苦笑

じゃあなんで更新しなかったか? 答えは簡単……ハッピーバースデー四葉!!
という訳で書くのに専念してました。今回の作品でどうしても訴えたいことがあったので……!!(あとがき参照

そんなこんなで今日はこの辺で〜。プチ断ち中にweb拍手が結構たまっちゃったんで、次にレスします(苦笑

 

6/23(土)
「sola」が面白い。めちゃくちゃ面白い。
朝起きてそうそう録画したの見たけど面白いったらありゃしない!! えー、なにこの展開、えー、えー、すっげー!!

あ、昨日は先輩主催の焼肉に参加させていただいて更新できませんでs
んなこたぁどーでもいいんだよっ!! solaが面白ぇっ!!!(ぇー

藤原さんタケシの切な過ぎる物語もツボッたし、10話で明かされた意外な真実も全然気づけなかった……。
……っていうか、両方「そんなのありなの!?」ってマジ思った。
今回の過去の出来事と現在のやり取りを交互に映し出すシーンも面白いと思ったけど……
映画スクリーンのシーンなんて、あまりの演出に一瞬フリーズした。もちろん良い意味で。

やばい……完ッ全にツボ打ち貫かれた……。さすがに3〜4話も見逃すくらいだ(←自分ジンクス

なんで次回最終回なんだぁぁぁああああっっっ!!?? ( TT

ものたりないよ……たった1クールなんてものたりない……。_| ̄|○


あい、では、キリがないのでプチネット断ちで溜まったweb拍手レスをば。
なりゅーはこの量で「溜まった」とか言っちゃってるけど、
この何倍もの量を受け取って、そして尚且つ毎日ハイクオリティな更新してる人ってのは本当に尊敬に値すると思う……。



6/17 20:03
>寝る前にニコニコ動画で「巨大フォークでハクオロを攻撃するエルルゥのスパロボ風動画」を見たのが原因です
>冗談はさておき、ミニSSはAA劇場を文字で作ると考えて貰えれば、いいでしょうか? 帽子猫でした。
>追記。20mLANケーブルは意外と便利。

 「うたわれるもの」はカルラ姉さんさえ居ればいい(ぇー
 冗談返しはさて置き(爆)、AA劇場を文字で……あー、確かにあれは1章分完成させてから分割掲載してますからね。
 (製作過程で4〜8コマでオチつくように調整してるけど)
 じゃあ一端完成させてから、分割掲載すればいいのかしら? 前書いたさくありみたいな感じで。
 あー……AA劇場といえば、色々と期待されてるから、そろそろ更新したいとは思えど、
 別のことと同時進行とかめちゃくちゃ苦手な私の不器用さが憎い(大汗



6/18 0:16
>なら超姐御ならどうです? 燦那崋陀

 ああ……いつかは来ると思ってたよ……。
 だから「女の子はムキムキではなく細腕で怪力であるべき」と予防線を張ってたんだけど……そこまで言われてはしかたがない(ぇ
 いいかい? マッチョとおんなのこは共存できない!! いや、例え存在しても、私は受け入れがたい!!(ぇー
 例えるなら、ババロアとたこ焼き。ババロアがマッチョでおんなのこがたこ焼きだ(逆!
 別個ではそれぞい甘味の、旨味で非常に美味だが、だからと言って同時に口に入れるのか!? いや入れまい!!
 そう、「萌ベクトル」が違うものを混ぜると、よほど上手くやらないとお互いをダメにしてしまう!
 「良いトコ取り」と「食い潰し合い」は紙一重なのだよワトソン君!!(誰?
 そもそも、単独の「萌」でも、その濃度を間違えれば、好きであるはずなのにものだって受け入れないものなのだよ。
 何の理由も説得力も必要性もキャラクターの心も話の流れもなくえっちにまで発展するまりりんなら、
 例えまりりんでも私は受け入れがたい!!
 そう「マッチョ」には「マッチョ」の、おんなのこにはおんなのこの、それぞれの良さがあり、適量がある。
 しかし、人の味覚(萌)とは様々なもので、且つ未知の領域がいくつも隠されている!!
 そう、だから超姉御が◎の人間だって世の中には居るのだよ!! 残念ながら、自分はそれではなかっただけの話。
 私が「苺マッスル・麻呂」で求めたものは「不協和音における“笑い”」である。
 マッチョの「たくましさ」とおんなのこの「可愛らしさ」という、本来の味(萌)をそこに組み込む思惑はない。
 故に「造形美」は全く切り捨てた。否、切り捨てる代わりに“笑い”を得るため、臨んだのだ!!
 しかし「細腕怪力おんなのこ」は、おんなのこの可愛らしさを残し、その上で「たくましさ」を共存させ、
 プラス「ギャップ」という新要素まで加わった、ブレンド、共存であると考える。
 そう、逆に言えばよほど上手くやれば共存できるとも言えよう!!
 もっとも、受け入れる受け入れないは「人それぞれである」ことを忘れてはならない。
 故に、「細腕怪力おんなのこ」は私個人の嗜好で、絶対的に良いと言いたい訳ではないということをここに明記する。
 余談ではあるが、私の場合そこに「お淑やかさ」が加わり、初めてプラスに置換するというややこしい筋道が存在する。
 受け入れる受け入れないは人ぞれぞれ……つまり、世の中何が受けるかわらないものなのである。
 すなわち、一部のヒットが全てではない。それだけやって売れる世の中なら、世の中こんなに移り変わらない!!
 そのヒットの先入観で「それさえやればOK」は思考停止を招く!
 先入観は捨てろ!! 作る側も、見る側も、文句言うならやってみてからで良いんじゃない?
 食ってからなら「やっぱりダメ」でも、その後、その不協和音を解消するか否かはその人の問題なのだから。
 あれ? だった超姉御見せろ結論になっちゃった?(←話しているうちになんだか分からなくなったらしい
 ……まー、アレですよ、結局は、自分と意識共有できる人を探すため、色々試してみるのも良いんじゃない?
 まず自分の嗜好があって、その上で他人の満足も拾えるなえら拾いたい、っていうのが基本理念ですから(苦笑
 あー……無駄に語った挙句ナニ言いたいんだか分からなくなってしまった(爆苦笑



6/18 14:08
>http://www.youtube.com/watch?v=Aq6jGfA3jmw
>↑なりゅPがあんまりにもエクスカリバー言うもんだから見つけてきました 。
>↑ていうか嫁が見つけました(苦笑)、お楽しみください by東牙


 っていうか、「僕のエクスカリバー」ってめっちゃアドリブでカルタ自体に関係ないじゃないですか!?(爆
 っていうか、素敵な嫁さんです!! 狽пi´∀` )
 そして……あなたならば「僕のエクスカリバー」に反応してくださると信じていましたっ!! ありがとう!!(ぇー


6/19 2:35
>なぜか苺マッスルがイナゴマッスルに!? BY燦那崋陀

 苺とイナゴの間に何があったん!?煤i´□`; )
 それはそうと、苺マッスル、なかなか続きますねぇ……。

 ( ´∀`) …………。


 かぁわいぃ〜なんて そんな〜こと 言・っ・ちゃ・ダーメーですっ♪

   (間奏)ぱ〜ぱ〜ぱぁ〜〜 ぱぱーぱぱぱーららっ♪ ぱぁ〜らぱぁ〜らら ぱぁーらぱっぱ〜〜♪
      ぱ〜ぱ〜ぱぁ〜〜 ぱぱーぱぱぱーららっ♪ ぱぁ〜らぱっぱっぱっ ぱららー♪

 ムーキムキ 「いちご」達ぃが やぁってくる♪ 平安衣装で 近ぁづ〜いてくる〜〜♪
 ムーキムキ 「いちご」達ぃが やぁってくる♪ あ〜まくて・酸ぅっぱい獣臭か〜おりがする♪


       
ぱらぱらららー♪

 ちぐはぐーな 肉体にくで いいもんっ きーんートーレしちゃおー
 ドーピングーも 当たりー前だよね♪ 私たちを 許可ゆるしてあげなっさいー♪

       
ぱ・ぱ・ぱ・ぱ・ぱんっ♪ チーンッ

 おーこらないでね 怒らないで♪ 好ーきーにさーせたもれ♪
 百姓ヒャークショウにはわかんない 小袖コソデ ミヤビ 筋肉キンニク♪ 
(ハイッ! )
 かぁわいぃ〜なんて そんなーこと♪ 言・っ・ちゃ・ダーメーですっ♪
 とてつーもなーい・えっ・がっ・おー♪
 (ヒューッ!!)

 プ・ロ・テインな・女子オナゴのっ子〜♪

                     i・c・h・i・g・o muscles♪
 剛・豪・girl♪ 「いちご」 MUSCLES♪


 ……作ってしまったではないですか!?(ぇー
 やべー、なんか今日崋陀さんにキャパつぎ込み過ぎたかも(苦笑


6/21 17:33
>kiss好きのなりゅーさんに『LOVE MY LIFE』をオススメ。まずはHPから!笑/せつなさん

 おおおっ! サイトではお久しぶりですっ!
 で、軽くHP見てみましたけど、テーマはキス中心って訳じゃなさそうでしたね……。まあ、それでも百合でしたが。
 一体どのくらいちゅー中心になるのかしら。なりゅーさん以外とこだわる方よ? 特に心情的なものを。
 とはいえ、せつなっちぃが紹介するくらいだから、意外と信憑性は高いかも? ふに、心の隅にはとどめておきますです。



6/22 1:13
>すでに挙式してるからです >四葉にジューンブライドをプレゼント

 そういう理由だったのデスかーッ!? 煤i´□` )
 え? でも私、四葉の結婚式見たことない!(汗
 い、一体どこで行われたのですか!?(←必死



あー、久しぶりに暴走した(苦笑
明日は東京行ってきます。ので、更新できんかもです。です。

 

6/25(月)
あい、という訳で昨日は予告通り更新できませんでした!東京に行ってきました!!

まあ、オフ会です。おなじみのよっすぃさんプロデュースで、直月さん東牙さんと遊んできました〜。
とりあえずなりゅーも久々に趣味全開に語れて満々足です!
全部話すとキリがないので掻い摘んで話しますと……喫茶で軽く話して、アキバ買い物巡りとゲーセン、そして飲み屋ってコース。
直月さんは喫茶の後、「炎の蜃気楼」の作者のサイン会に向かうため一端別行動をとりましたが、飲み屋で途中合流しますた。
とにもかくにも、いっぱいお話繰り広げてきました。アニメの話題解禁って言うのがもうなんとも開放的で好い……。( ´ω`)

昨日はすごかった……ほんと……すごかった……。

まあ、全体通してそれぞれの「萌」の美学を語らったのが、特に印象的でしたね。
なんせオタクが集まってるんだからそりゃ化学反応も核融合もなんでも起こるでしょうに(爆
嗜好もそれぞれがそれぞれですからね、意見が重ならない点も多かったですが……
むしろ異なるってことが参考にもなったし楽しかったです。

しかし、ふしぎなことに自分の「萌」って語りたくなるモンなんですね!
なりゅーなんか自分の携帯に送ったこれについて語り過ぎてしまったくらいだし……あれでも1/5以下なんだけど(苦笑
でも桃色さんですら「理解しがたい」と断ぜたなりゅーの嗜好を、
東牙さんが「分かる」「なんか分かってきた」と頷いてくれたのが嬉しかった!!

あと、「第二絶対領域」とか「特異点」とかミョーな萌言葉の作ってたり(笑
とりあえず、バニーとかパンストはえろくないって意見は特に嬉しかった(爆
(微妙に曖昧なタイミングで飛び出た言葉だから意味合い違うかもしれないけど)


まあ、飲み屋で色々語りながら、一端別れた直月さんが再び合流……となったのですが、
萌論議……本番はここからだった……!!
はっきり言おう、直月さんが来る前までも、直月さんに申し訳ないくらい盛り上がってたと言えると思う。
今までの中でも、トップクラスの話の盛り上がりだったかもしれない。自分はそう思う。


けれど、直月さんが再合流してからの盛り上がり方は異常だったっ……!!

とりあえず当たり障りのない質問(?)から切り出して、今まで話の流れを軽くぶり返しました。
で、直月さんにも聞いた訳ですよ、「あなたの萌論は?」と。

全米が泣いた!!(比喩的表現

いやー……すみません、内容ですが上手く語れません。
とりあえず「軍服が好きだ」と言うところまでは言えますが、そのためのポイントが壮絶だった!!
量も濃度もこだわりも、パンパじゃない!! しかも、その上で、聞いててまったく飽きない!!
飽きないどころの騒ぎじゃない、引き込まれる! その場に居る全員が聞き入って、納得して、感動して、「はきゅぅ〜ん」でした!!
つーか話聞いているだけで、2クールのアニメが1本出来上がってるよ!!
しかも、中断しなかったら後番組があと2本は製作されてたね!!

格が違う……違いすぎる。
途中途中で「こういう展開とかですか?」って予測を言ってみるも、ことごとく当てられなかったのが、悔しかったくらい。
むしろ、予測を上回って、「こうきたかっ!?」って展開ばかり……あなたが神か!?
なかなかクールでストイックで、でもちょっと見せる隙(=好き)に……きゅんっ(爆

と、まあ、そんな感じに楽しんでまいりました。
あー、次も絶対萌論議やろう。
オタクが集まってこれやらないのは、ある意味損だよ。
というわけで、昨日お世話になったみなさま……特に直月さんごちそうさまでした!!(爆

でわ、web拍手レス〜。



6/23 19:46
>イチゴシロップを見間違えただけですよ By燦那崋陀

 えーっと、つまりイナゴシロップと……オゥ、ジーザス!?煤i・ω・; )


6/23 22:52
>なにこのありえないハイテンション、と最初はスルーしたけどじわじわとツボにはまる >苺マッスル麻呂
>ちぃちゃんと茉莉ちゃんとコッポラが歌ってるところ想像して吹いた

 おおっ、「苺完全無比コンプリート超人」(←タイトル)への感想が来るとはっ! ありがとうございますっ!!
 まあ、最初スルーくらってる辺りは、ちょっと反省せねば……。( ;-ω-)ゞ
 ハイテンションだったのは……とりあえず色々あったのですよ、とだけ(苦笑
 で、つまりそれはあのかあいらしい声でごつい歌を歌うことに吹いた訳で、
 なら「歌:郷里大輔、佐藤正治、玄田哲章、大塚明夫」(←適当)あたりではダメということでせうか?(ぇ


6/24 17:47
>>じゃあ一端完成させてから、分割掲載すればいいのかしら?
>そんな感じです。この方法を用いれば、定期的にSSの更新が行えます。
>少しづつ書きながら載せるという方法もありますが、設定ミスをやらかすと修正が大変だったり。
>AA劇場……僕がWeb拍手にAAを載せているのも、正直なりゅーさんの真似ですけど。
>どうやったら、AAを動かせるのだろう
>止めAAは作れるのに、動くAAは作れない。嗚呼、絵が描けたらどんなにいいことか……
>でも、絵が描けても文章が書けないと嘆く人もいるし。天は二物を与えず…。帽子猫でした。



 そんな毎回毎回律儀に答えてくださらなくても、何かのついでに書いてくれればいいのに(苦笑
 んー、その前に、動いてるんですかね? 私のAAは? もしそうだったら……こ、光栄っス。( ;´∀`)ゞ
 しかしそうなると、「こうしたらいいかな?」と思うのを感覚的の行っているだけなので、説明は難しいです(汗
 強いて言えば……「見る」しかないですかね? AAを。そして真似るところから入る……んー、今更言うことでもないかも?
 まあ、要するに「努力」しかないんじゃないですかね。他にあるというなら、それはいかに「好き」かだと思います。



6/25 16:19
>ザ・ガッツシリーズ?

 うおぅっ! こんなシリーズホントにあったんだ!(検索した
 でも違うなぁ……こんなに爽やかじゃなくて、もっと物々し迫ってくるような、板垣風な感じを想像してましたです。



とりあえず萌論議総まとめ。
全員が全員、「あからさま」ではなく、露出を抑えた「ストイックさ」を求めてることが判明しました。
そう、垂れ流しではない、溜めに溜めて溜めて溜めてコレでもかってくらい焦らして、
そこから“わずかに”(←ここ重要)覗かせる隙や色気(←非えろす)が好きみたいです。
それは今の日本が忘れかけている「サムライの魂」!!(ぇー

 

 

6/26(火)
ちょっと伺いたいんですが、ブルマにパンストはありだと思いますか?(ぇ

いやですね、ぶっちゃけ自分、バニーちゃんが好きです。(カミングアウト
特に、ハイレグからスラリと伸びる光沢を持ったパンスト脚をツボに持ってるのですよ。
(肩出しルックもボディラインにフィットする衣装もかなりのポイントですが、今回の話に関係なので割愛)
で、先日のオフ会中、お店巡ってる時ふとブルマの表紙が目に入って……「あれ? じゃあブルマにパンストでも同じじゃね?」
とりあえず、オフ会の全員に聞いてみたところ、
「ものによる」、「無関心のため甲乙つけられない」、「考えれば考えるほど萌えてくる」と、三者三様の答えを頂きました。
むしろ全員がパンストよりスパッツ派だったことに驚いた(笑

なので、ここを見てくださった皆さんにも聞きたい、ブルマにパンストはありですか!?
このありえないコラボレーション、こうやって新境地とは生み出されていくのですね(爆

ちなみになりゅーの場合、どうも「ワンピースのハイレグから、色のメリハリのつくパンスト脚が伸びる」が良いらしく、
上着との分離可能なブルマだと、「パンストのみのツボ」しか生きないので、
「パンストの分だけ○(=ブルマはポイント0)」という結論となりました。まあ、実際目にしてみたら分からんけど。

あい、ではweb拍手して終わりたと思います



6/25 23:38
>1年ぶりぐらいに来たぞわほーい おもわずもっと送ったぞわほーい これからも頑張ってくださわほーい

 おおっ! どなたか存知ませんが、こんな阿呆なサイトに舞い戻ってくださり、感謝です!! わほーい
 これからも程よくない感じに暴走していきますが、それでもよければ生温かく見守ってくださると嬉しいですっ。( ´∀`)ノ

6/26 0:58
>オフ会で言っていたサイトデス。http://drillattacker.hp.infoseek.co.jp/
>過去ログとか洗えばなりゅPのccmzがあるかもしれない! by東牙


 どうもです! さっそくちろっと覗いてみました。
 で……うーむ、どうにも自分、ハイレグからパンストへの切り替え、しかも「色のメリハリ」が重要みたいです。( ;´∀`)ゞ
 そのため、思ってるのとちょっとズレが発生しているかも(苦笑
 良い線まで行きそうなんですが……むぅ。もっと探索すれば、なにか出てくるかも?
 とにもかくにも情報提供サンクスでした!!



6/26 21:23
>うわぁ、そこまで喜んで貰えたとは!!皆様によろしくお伝え下さい!!
>そしてオフの日に別行動した代わりに、カラオケメンバー一人ゲット出来たっぽいのでそこら辺も期待して下さい!!
>・・・・萌えの奥は深い!!(桃色日々


 いやー……これのフトモモの色気は異常!! ほんと、お気に入ってます、ほんと、嬉しいです。感激です。
 見れば見るほど、新しいツボが次々と発掘されるんです。それきっかけで「ブルマにパンストは 〜」なんて発想が飛び出るほど(ぇー
 それに胸の大きさが控えめなのも良いんですよ、まさに適量! 
 もっとも、よっすぃさんにはおっきい方がいいと言われましたが、私にはこのサイズこそが、まさにベスト・オブ・バスト!(爆
 それに……お陰さまで面白い設定付けまで勝手に閃くほどに……まあ、止まらなくなるのでここの辺で止めます(苦笑
 で、萌論議の時、是非桃色さんに居て欲しかったって思いました! 間違いなく、もう一段階上の世界に飛び立てたでしょう!
 だから、「次もやる」!! っていうか、是非やりましょう、よろしければ!!
 それで新メンバーとな……むむむッ、一体どんな方が捕獲されたのでしょうか? 楽しみにさせていただきます!



あー、今日こそはメールレスしようと思って、結局できなかった……。_| ̄|○

 

6/29(金)
毎週金曜朝は「ぼくらの」視聴。朝っぱらから「アンインストール♪ アンインストール♪」。
鞠絵ごっこやってたり、先輩とお食事行ってたりで言う機会なかったけど、きちんと継続してます。

とりあえず、言い訳する(ぇー
水曜日は色々メール返してて、木曜日は相部屋さんのお酌に付き合ってて更新する時間が取れませんでした。( ;´∀`)ゞ


さて……今日、とうとう「sola」が終わる……。

ああああ、終わる……終わってしまう……。おおおお……。( T□T)
絶対足りないよ……。
そりゃ最近は1クールものなんて普通にある世の中だし、めまぐるしい毎日で時間経過も早いし、
「もうちょっとやってもいいんじゃない?」的な話はそれなりにありましたが、「sola」は本当にもうちょっと続いて欲しいと思う。
ああ、久しぶりにのめりこんでるなぁ……。

とりあえず、ジタバタしたって始まらない。
時間変更も確認した。
ビデオ予約もセット済み。
ビデオ残量も確認した。
全ては万全!
それでも失敗した「シスプリRePure」の鞠絵の回!!

……これがあるからなりゅーの人生侮れんのよなぁ……(苦笑
作画崩壊とか内容とかそんなの関係ない、「鞠絵の出る回を見逃した」という事実が問題なのだよ!!
大丈夫、今ではちゃんと、ビデオの調子も確認してるから。( ;´−`)

では、web拍手レス。今回はブルマパンスト特集〜(特集ってほど数はない


6/27 1:43
>ブルマのイメージは健康美、ストッキングは女性らしさ(主観)。微妙にかみ合ってない気がします。

 なるほど、かみ合っていないですか……。ふむ、貴重なご意見どうもです!
 むしろ、そういう反対意見の方が出しにくいだろうからこそ、凄く貴重だと思ってます!
 反対意見でも、頭っから聞き入れないで居ると、思考停止のモトになっちゃいますからねぇ(苦笑
 つーか、今の所なりゅーも賛成も反対もない中立位置なので(爆


6/27 21:49
>ブルマにパンスト。それは絶対ナシです。女性の視点で言わせて貰いますが、まず、パンスト。
>これはOLのマナー的な象徴です。以前、スーツで仕事をしていたとき、パンストが伝染していたので
>「じゃあ生脚で仕事します!」と言ったら上司に「学生じゃないんだから生脚は有り得ない!」と本気で怒られました。
>就職試験で生脚スーツできた女性はまずマナー違反で落とされます。
>つまりパンストは大人の女性のマナーの象徴です。
>まず、そういった年代の女性がブルマを穿く事に一般的な萌えは得られません。
>次に、ブルマは曲がりなりにもスポーツウェアです。そしてパンストは運動時に装着することは普通あり得ません。
>通気性を求める運動時に、通気性最悪なパンストなど穿くなど、不快極まりない行為ですからね。
>これが桃色の結論です。あの場にいたら論破出来ていたと思えます。(桃色@本日生脚出勤)

 熱き萌の伝道者桃色さんからも、貴重なご意見サンクスです!!
 実体験からのご意見とは、なかなか強力な意見ですね……。
 就活……あー、懐かしい響き。自分の時どうだったかなんてもうあんま覚えてねぇや(苦笑
 今の職場もパンストとは無縁の場所だし。
 まあ、機能性や一般論やマナーすら無視して考えるのが「萌」な気がしたから、
 快不快はバッサリカットとお考えてください(笑
 あ、でも、「節度」は重要だと思いますよ! うん!!
 そもそも、なりゅーも「ブルマ萌」は持っていないですから……。(←ハイレグからのパンスト脚だけツボ)
 とにもかくにも本当に貴重なご意見ありがとうございましたっ。




久しぶりに「RePure」って書いたら、妙に感慨深いモノがこみ上げてきた……。
なっつかしぃなぁ……。

 


トップページ

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット