3/1 3/2 3/3 3/4 3/5 3/6 3/7 3/8 3/9 3/10 3/11

 3/12 3/13 3/14 3/15 3/16 3/17 3/18 3/19 3/20 3/21

 3/22 3/23 3/24 3/25 3/26 3/27 3/28 3/29 3/30 3/31
 

検索エンジンなどで辿りついて、フレーム表示されてない方はこちらをクリック。


 

3/2(金)
「ひぐらしのく頃に」罪滅し編やってたら久しぶりに涙腺緩んだ……。
幾百幾千の物語まんが・アニメを 見届けた頭ん中には、ある程度のパターンと統計データが累積し、
感動、感心はすれど、涙なんてとうに忘れてしまった今日この頃。
ひっさしぶりに目が滲んだ……。
おはぎのお礼にやられた。
そしてオチも良かった……オチではかなかったけど(ぇ

あああああ、これ以上のネタばらしが出来ないのがひぐらしプレイヤーの辛いところです。

とにかく良かった。すっごく良かった。
お陰で今朝のゴミ捨ての準備全然出来なくて寝不足気味で朝ドタバタしたけど、そのくらいの価値はあった!
お陰で更新がご無沙汰になったけどごめんなさい。_| ̄|○



さて、「おねえたまの愛娘に無敵に素敵なネーミングをつけてあげよう企画」
中・間・発・表〜〜〜!!

どんどんぱふぱふー。てくにかてくにかしゃらんらー。(謎)


はい、「なんであんたの方が熱心になってんの?」と言われたら「サイトのネタになるから」と答えます(マテ
そんな感じで始まったこの企画。
当初の予想を春歌に遥かに上回った皆様のありがたい応募を頂きまして、
そろそろ今までのエントリーのまとめと、それに対する一次審査(母)の様子を発表してみようと思いますっ!


・秕(しいな)
 なりゅーが真っ先にエントリーした名前。
 含まれた意味がイヤだという理由をむしろ狙いましたが、で真っ先に却下くらいました。
 ……が、母は音的には気に入ったらしく、一次選考では案外有力だったりする(笑


・彩華(あやか)
 まあ普通の印象でした。
 中間発表なんて考えてなかったから初期の記憶は結構曖昧です……。( ;-ω-)


・紗紀(きさ)
 結構良いねー! って好評だったと思います。


・鞠凛(まりん)
 このサイト的にかな〜り濃い意味を含んだエントリーで、むしろなりゅーの方が感動しちゃったよ(爆
 しかし、本当の本当に含まれた由来を母には話せずじまいだったので、少し押しが弱かったかも……。
 かわいいとは言ってました。


・夏子(なつこ)
 「春なのに!?」って言われました(爆
 でも、「なっちゃん、かわいいねー」って褒められてもいました。


・スレードゲルミル(すれーどげるみる)
 由来を説明できずにエントリーすら出来ませんでした。( ;´−`)


・春菜(はるな)
 「かわいい」と、第一印象良好。
 この頃になるとエントリーの量の方が多くなってきたたので、一個に対する反応が鈍ってきます(苦笑


・咲緒(さお?)
 男みたいだからと言ったら却下くらいました(ぇー
 追加で出された「秋緒」、「雪緒」、「彼方」についても同。なかなか壁は厚い……。


・美晴(みはる)
 「美春」なら、親戚に居るとのこと。って、ダ・カーポのバナナっ娘になってしまう!?(違
 とりあえず好印象……かな?


・夢花(ゆか)
 一次審査員(母)曰く、「そのまま読める名前がいい」との回答が返ってきました。
 (今回の場合なら「ゆめか」と読めれば良かったそうです)


・愛世(まなよ)
 この辺から、なんだか声だけで伝えるにはややこしくなってきたらしく、曖昧な頷きが返って来ました(苦笑 


・○○列島子ちゃん(○○れっとうこちゃん)
 会社のユニークな方から、姉の(ダンナの)名字にかけて地名そのままつけられえました(ぇー
 ちなみに、姉の名字がばれてプライバシーが云々なるのもヤなんで、細かい地名は伏字させて頂きました。


・腐女子(ふじょこ)
 会社の先輩に

  な「どんな子に育って欲しいと思いますか?」 → 先「なりゅーみたいに育って欲しい」

 で、そんな前がエントリーされました。即刻却下くらいました。計画通り!(ぇー



とりあえず、こんな感じとなっております。
う〜ん、カオス。素敵。( ´∀`)
さて、ではサクッとweb拍手に行っちゃいたいと思います。



2/28 22:57
>白雪BDSSが本当に面白かったです。お姉さんの娘さんのお名前候補ですが、愛世(まなよ)とか考えてみました。
>略してマナ。時代や世界がどう変わろうとも、それらを肯定的に受け止め、生きる喜びに替える事の出来る。
>或いは前向きに生きて行くバネに出来るような女性に。とか、考えてみたり。特にオチはありません。
>う〜ん…堅苦しいなぁ(汗。書いてて自分が窒息しそう(ぉ

 白雪BDへの感想どうもありがとうございました!
 いやー、ギャグモノは面白いといってもらえてナンボですから、むしろシラけ反応じゃなくて本当に良かった!( T□T)
 そして名前案も、どうもありがとうございます。
 早速上で載せさせてていただいてます。この名前も深い意味が込められてますねぇ……すばらしぃです。
 そして伝えきれない私の未熟を許して欲しい……。_| ̄|○
 いえいえ、堅苦しさは全然大丈夫ですよ。
 それに「親しき仲にも礼儀あり」とは言いますから、緩過ぎて失敗するよりは良いんじゃないですかね?(←失敗経験アリ)



ちなみに、最終的に決定権があるのは姉夫婦(もっと言えば力関係が上位の姉の独裁政権と見た)なので、
一次選考で落とされようが最終選考で生き残れば勝ち抜けます。
母も一応全部伝えてくれるみたいですので。
つまり、一次審査は合格しようがしまいが全く持って影響がなかったりします(爆

 

3/3(土)
ハッピーひな祭り〜!

そんな挨拶はこの世にはない!!(ぇー

雛祭りって言っても、その思い出といえば、雛人形をしまった小箱を、もっと大きな箱に、
3次元のパズルのように頭使いまくって一生懸命収納した記憶くらいしかないしぃ〜。
個体差なんてどぉーでぇーもいいじゃな〜い〜♪
(いや、誰も「○○ないしぃ〜♪」から朝倉涼子のキャラソンを連想した勢いで書いたって分からないから! それでもやる!




今日はまたまたまた小集団活動とやらに行って学んで参りました!
まあ、色々と、社会人としての良識と常識について学んできましたが、面白いものも学んできました。


「人に嫌われるコツ」。


いや、違うんですよ!
人に嫌われろって意味じゃなくて、これをやらなければ良いって学んだのですよ!(苦笑
もっとも、メインテーマでなく、研修内容のごく一部でしかないのですが面白かったので、大・紹・介〜!


■人に嫌われるコツ

  1)約束を破る。
  2)挨拶をしない。
  3)報告しない。
  4)視線を避けて話を聞く。
  5)陰口を言う。

  6)次は、いつもの様に甘えてみて
  7)それができないのなら、ここで、今、死んでみせてくれ......。


あ、最後ちょっと間違った(マテ

……しかし、すっぱじめっからアニメの歌(しかもよりにもよってキャラソンというコアなものを)ネタにしておきながら、
今度は、影響されてこの間覚えたばかりのビジュアル系ネタまで引っ張り出して、一体誰がついてこれると言うんだっ!!

でもやる!!(←ばか


それはそれとして「人に嫌われるコツ」。
あー……やりたくないとは思いつつ、やっちゃう時って、あるよね? よね?(苦笑
それに、積み重ねで嫌われるわけだから、普段しっかりしてれば、きっと大丈夫……きっと……きっと……。
「きっと」、「きっと」と思っている内に「信用」の貯金はいつの間にか空になるものだけど。

どうせ私なんか……どうせ私なんか……あああああ……。_| ̄|○


あ、でも陰口だけはそんなにしないです、わたしゃ。
そりゃまあ、「絶対」とは言えないけど……。

だって、伝わらなきゃその人悔しがらないし(←歪んだ理由
どうにもね、言っても虚しいのよ。
それにさ、陰口言ってる時点で「面と向かって言ったら私は負けます」って敗北宣言しているようなものだし。
まあ、それでも言えばスッキリする気持ち分からんでもないけどねぇ……。( ;´∀`)

とりあえず、気をつけましょう、ってコトで。web拍手レスいきます〜。



3/3 1:33
>感動アニメおすすめ>『オトナ帝国の逆襲』 知らない? ググれ

 知ってます。残念でした〜(爆
 もっとも、宮崎アニメでもない限り「アニメ」ってだけで見る気ないだろうし、
 自分も人を説得出来るほどの要領もないので、紹介だけして忘れられるのがオチです、忝い。



3/3 1:35
>もし夏子に決まったら胎教には朝倉さんのCOOL EDITIONを

 いや、素敵な歌だけど詩がこれ以上ないくらい胎教に相応しくないってっ!煤i・ω・; )
 優しさに包まれても何ともない子にI'm in the darkされても責任取れないしぃ〜。
 個体差なんてどぉーでぇーもいいじゃな〜い〜♪(冒頭の複線回収
 さすがにヒトの子にそんなこと強制できませんよ〜(苦笑



3/3 21:06
>姪さんのミドルネームは”N”で決定します(´・ω・`)もちろんなりゅーさんのNネ(ノ∀`)w

 残念ながら、決定権は全面的に姉個人にのみ存在します(え? ダンナは?
 ついで言うと、ねえさまはサイトのことを知らないどころか、なりゅーがサイトをやっている事実すら知らないです



なんかここ数日そこはかとなくうっすら気持ち悪い。
あと今あたまいたい……。
寝不足かなぁ……?( ;-ω-)

 

3/7(水)
あー、昨日千影の誕生日すっかり忘れてた……。_| ̄|○

ハッピーバースデーだったね千影!!(←白々しく)

何にもしてやれないけどー。なにも準備してないけどー。それどころか日曜更新も休んで派手にサボってたけど(苦笑
っていうか、千影の誕生日がイマイチ6日か9日かごっちゃになるのは私だけかな? かな?
ちなみに、千影の誕生日そっちのけでなにやってたかと言うと、ひぐらしやってました。(←サラッとシスプリサイトにあるまじき発言)

本来のペースなら数日掛けるところを、
日曜日をほとんど費やし、翌日月曜までに「皆殺し編」までプレイしきりました。
良かった……や、良かったと言って良いのか微妙だけど、良質って意味では良かった。
いや、「罪滅し編」でかなりの感動を覚えましたが、「皆殺し編」は更にその上を行った!!
甘く見てた……!
のめり込んだ……。
千影さんごめんなさい。

そしてとうとう、雛見沢を取り巻く「正解率1%の謎」の正体を見届けました!
まあ、ネタバレになるので内容には触れませんが……。
なんか……コレに辿り着けた1%の人たちの脳みそを解析させて欲しい。
つーか普通に推理できる範囲でない思った。
いや、コアなプレイヤーはここまで到達できるものなのか……?
うーむ、なりゅーよりも数段経験値の高い友人に、是非試してみて欲しいところです。

はい、では何の前フリもなくweb拍手レスへー(ぇー



3/5 8:52
>「ゆめか」は駄目です。高校時代のトラウマが・・・・(何があったんだお前)って、それより6)と7)!!
>何さりげにジャンヌのセブンってるんでスカ?!!ちなみにこないだ7歌ったら撃沈しましたよ!(練習不足)
>うっかりニヤリとしてしまった桃色日々@子供の読みにくい名前で勧誘業者を追い払いたい。でした!!


 「ゆめか」を巡っていったい何があったのですか!?
 その件に関しては次会った時にでも小一時間職質させt(カット)
 さり気に混じってるのはうっかり間違ったのです(嘘
 確実に反応するだろう人が反応してくれると、こちらこそニヤリとしてしまいます、ありがとー!!
 ちなみになりゅーの方は、今日せんぱいたちに誘われてカラオケ行って、ダイヤモンドヴァージン練習してきました。
 ただ、アニメとかサパーリな組み合わせだったので、それ一曲歌ったら早速困りましたが(苦笑
 とりあえず「好きしょ」と「アンジェリーク」と「プリンセス・プリンセス」で誤魔化してきました!(注:誤魔化しきれてないです



さてひぐらしも次で最終話にあたる「祭囃し編」へ!!
今からドキドキワクワクです!( ゜∀゜)


…………。


……あー、


手元の「ひぐらし解」には「皆殺し」までしか入ってねぇっ!! ( ノT□T)ノ ⌒ ┻━━┻


おあづけ……。( ´・ω・)ショボーン

 

3/10(土)
今日は会社の小集団活動に行ってきました。
っていうか、今日“も”だね。うん。

小集団活動って一言で言っても、「小集団」で「活動」する(もちろん会社的に意義のあるものに限定されますが)
色々バリエーションに富んでいて、結構侮れなかったりするんですよ。
今回は人命救助関係の内容だったので、なりゅーはかなり意気揚々と参加してきました。
AED(自動体外式除細動器)の講習……になるのかな? 今回の内容って。

で、まあ、細かくは端折りますけど、使用には心肺蘇生が必要となりますので人工呼吸の練習もしてきました。
ところで、「人工呼吸」ってよく萌え展開のファクターとして使われるじゃないですか(ぇー
実際やってみて思いましたね、現実はそんな余裕無い

無茶苦茶疲れるんですよ、コレがまた……。( ;-ω-)
今日やった練習分、単純にやってた時間だけなら、多分10分かそこら。
しかも間に休憩やら説明やら挟んでますから、1回につき1〜2分のスパンです。
んで、実際は救急隊員の到着までの間、最低6〜8分(連続で)。
救急隊員の到着如何によっては30分とか(連続で)

とりあえず、連続稼動だと疲労感でいっぱいいっぱいです。間違いない。
ついで言うと、感染症予防のフィルターとかで、直接付かないようになってるし。
や、緊急時にそんなの持ってるケースの方がまだ稀だとは思うけど……。
事後悩むにしろ、正式なやり方は「口を覆うよう」にだから、上手くやりゃあ回避できるだろうし……。
そんな訳で、現実はチョコ・ラテのように甘くない!

夢は夢のままの方が面白いのか。
リアリティを調味料に含ませる方が面白いのか。
物語を作る人間としては大きな課題です……。(←え? そんな話だったの?)


終わった後は飲み会に行ってきました。
一次会だけでお暇させてもらったけど、それでもなかなか楽しんできましたっ! 狽пi´∀` )イェア!!
今日はそんな感じで、朝早くから夜遅くまで色々やってきました〜。
程よく疲れて程よく酔って、ぐっすり眠れそうですっ。


あー、そういえば、



























 姉にサイトバレた……。




























 

illi_| ̄|○illi







________|\ .
| To be continued  \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

3/11(日)

あらすじ


日々の仕事にそれなりにかまけながら、細々と局地的な路線でサイト運営を続けてきたなりゅーはある日、
おねえたまにサイトバレするという絶体絶命の危機に瀕するのであった!
一体どうなってしまうのだろうか!?




や、姉にバレるとなにがまずいかって、漫画アニメ文化に対し、理解が全く皆無ということなんですよ。

別に、好き好んでこの界隈に来て下さる方は問題ないんですよ。
こういうのは趣味に合った人が集うんだから。
だから「中の人がどうだから」「誰々がやってるサイトだから」で興味本位で来る人には教えたくないんですよね……。
趣味に合わないのに来て、それで見る目変えたり悪化したりするなら、それはそれでなんか不条理。
むしろ耐性ないのに入り込んできて、それで人のことニヤニヤ蔑むの止めてくれませんか?( T□T)ウェーン…

そして姉は、その辺の理解をできないし、やらない。
「できない」ならまだ良い。
「やらない」はできる猶予があってもする気がないので「できない」よりできない。
そのダブルパンチだったらそりゃもう希望は砂漠の砂粒ひとつほどもないってな話です。
そして何より、20余年生きてきて私は姉を言い負かしたことがない!!

説得の余地なし! ……あー、次会う時が怖いなー。( ;-ω-)

姉も「見なかったことにする」とか言ってるし(その方が助かるけど……)。
「見なかったことにするようなもの」って思われるのは、寂しいよなぁ……。
そんなサイトでも、とりあえず2日は見るかな……とは思うのですよ。
1週間は用心しといた方がいいだろうけど……。

で、「見なかったことにする」ような目で見られるそんな状況で、なりゅーは一体どう立ち回ればいいのか!?



うーむ、とりあえず……「姉に分からないような単語ネタの羅列で書いてみよう」か。


今日のこと。

今日は来るべき日に向けWDSSにレッツ・ゲキガ・インしようと目論んでいたのですが、
結局「ねむる」でHPと状態異常を回復させることに専念してたり、本を読んで過ごしてました。
できれば、日曜朝市にロリっと参上したかったのですが、
昨日一日中の小集団活動&飲み会でばたんきゅ〜してました。
もっとも、外は「亡びの風」よろしくな強風に地獄巡りの片道切符を命で買いかねんかったので、
真紅が来る前のジュン状態に落ち着いときました。
外は相変わらず風が強く、部屋の中でずーっと神風かぜ清響こえを聞いていましたよ。

そんな感じで一日中ヤメタランス状態で過ごしてしまった私。
休養が重要とは思えど、結局今日は取り掛かれずじまいのおばかさぁん。
「おばかさん」といっても決してメルマック星での「大金持ち」の意味ではない(ぇー

創作ってのは一度に流れに乗れれば、それこそ最初からクライマックスになれますが、
波に乗れるか乗れないかの始動エンジンは随分と分厚い紙一重なのですよねぇ……。


……と、試しに解読不能そうに書いてみたけれど、
しまった、これでは身近にいるCOOL EDITION広島県民笑顔が1イチバンもにゃ殿にも通じなくなってしまう!
意外と手近な反応というものは、創作家にとって重宝されるのだ。


それはそれとして……うん、やっぱいつも通りに更新するのが一番だと思った。
慣れないことをしたものだから、一言雑記書くのに無駄に時間掛けてしまったもの(苦笑
こういうのは勢いで出せるものであって、いざ考えながらだとかえって出ないからなぁ……。
特に、今(多分眠気が原因)で頭ロクに働いてないし……。
あっれー? もっと書きたいことがいっぱいあったと思ってたのにー?( ;-ω-)

という訳で、時間の都合上、申し訳ないのですが今日のweb拍手レスは後日に回させていただきま〜す(苦笑



それにしても……会社の人から友人から姉まで、どんどん露呈していくなぁ……このサイト……。_| ̄|○

 

3/14(水)
今日はホワイトデー。
去年、一昨年とVD、WDとミニSSを書いては、一言雑記上に載せてきました〜。
今回はさすがに「二度あることは……」と行動読まれると思ったので包み隠さず行きます!
ってな訳で今年もホワイトデーSS行きますよー。
 

======



「なにか、ご希望の品などございませんか?」


 稽古帰りに千影ちゃんのお家にやってきたワタクシが、挨拶の次に口にした第一声。
 玄関で立ち尽くす千影ちゃんのお顔は相変わらず無表情なまま。
 けれど、目は大きく見開いていて、それが感情表現の乏しい彼女には十分に「驚き」を表現している事は容易に察せました。

 そりゃあ……突然訪ねてきた人間から、こんな目的語を端折った質問をぶつけられたのだから……。
 目的語の名が示す、肝心の「目的」について見当が付かないのは、道理と言えば道理。
 そのようなこと、ワタクシ自身も十二分に理解していました。
 理解していましたが……でも口にしたくなかったのだから、許して欲しい。
 よく知った仲だから、とお察しくださること期待したのですが、どうやらそれも儚い希望だったよう。
 言いたくない……ああ、言いたくない……。でも言わなければ……通じないのだから仕方がない。
 ワタクシは、淡い希望に別れを告げ、渋りながらも覚悟を決めて、家に訪ねてきた要件を口にしました。


「ですからっ! ホワイトデーのお返し、なにが御所望なのか……と、申して、いる…の……です……」


 簡潔に伝えたくて、半ば自棄気味に言い放った。
 女のワタクシが、同じ女性に向けて、「ホワイトデーのお返し」だなんて……こんなこと、何度も何度も口にしたくはない。
 けれど、強い口調だったのも最初のだけで、後半は声がすぼんでしまった。
 聞き取れなかったなら、もう一度口にしなければならなくなるというのに……
 分かっていても言い淀んでしまうのだから人とは不思議な生き物ですわ。
 はぁ……ワタクシも、心の鍛錬がまだまだ足りないようですわ……。


「…………ああ」


 千影ちゃんは、納得したご様子で、短くそう仰いました。
 静かでも、きちんと伝わった事が明確に見て取れた。
 良かった……。またあんな事言わずに済みましたわ。


「フフ……フフフッ…………うふふふふふふフフフふふフフふふふっ……♥♥

「ひぃっ?!」


 不気味な笑い声に、思わずビクッ、と身体全体を竦ませて後退り。
 普段無表情な顔が、ギャグ漫画も驚きの満面のにやけ顔に……姉君さまって本当に感情表現乏しかったっけ?


「あの……千影ちゃん、何か悪いものでもお食べになられたので……?」

「いやぁ………ついに春歌くんも…………私の元に嫁ぎに来る覚悟を決めたと思うと……」

「ち・が・い・ま・す!」


 広げた間合いを詰めて、妖しい笑い声を上げていた千影ちゃんの後頭部目掛けて平手をすぱこんっ。
 俗に「ツッコミ」と呼ばれる手法で、千影ちゃんの冗談にもならないような戯言を強制的に制止させました。


「どんな形であれ、頂いたのなら返すのが礼儀でしょう」

「あー」


 先日、頭に血が上ったワタクシは、知らぬこととはいえ千影ちゃんのバレンタインチョコを貪り食べてしまったのだから。
 ここで礼を欠く様なら、それはワタクシの目指す大和撫子の名が廃ると言うもの。
 で、ですからっ! 本命とか千影ちゃんのお気持ちに応えるとか、そういう意図は一切合切全く全然ございませんのですっ!


「素敵……だね…………」

「え?」

「いや………嫌々でも礼を尽くす…………キミらしくてね……。……素敵だと………思っただけさ……」


 ドキン。心の臓が、わずかに跳ねた。
 さっきまでの崩れたギャグ漫画顔も、いつの間にか普段の端麗なお顔に戻っており、
 相対的なギャップから、より一層の輝きを引き立てている。
 まるで、芸術的な一枚の水墨画に出会ったかのよう…………な、なにをときめいてるのですかワタクシは!?


「ああ、いけないいけないいけない……」


 頭を抱え、妙な雑念を振り払うよう何度も振った。
 相手は姉なのです、女性なのですよ……しっかりなさい春歌。

 でも……嫌々? 本当に……?
 好いてくれる気持ちは……それ自体は……嬉しい。
 ただそれは、禁じられているから……受け入れる訳にはいかない……。
 それだけ……。
 それがなければ……大切な姉だから、やっぱり好き、ですわ……。


「でもなんで………わざわざ……家まで訪ねに?」

「下手に手作りなんか寄越して誤解されても迷惑ですから」


 きっぱり言い放ちました。
 千影ちゃんのおめめがバッテンを描きました。
 え? この人本当に無表情キャラ?

 ホワイトデーのお返しを手作りで、というのも出来なくはない。
 どちらかといえば、その方がワタクシとしてやり易い節もあるのですが……
 しかし、手作りには、手間を掛ける分だけ、市販の物より心の篭る印象を与えてしまうきらいがある。
 だからこそ、手作りでは渡せない。
 そう、これは予防線。
 女であるワタクシは、同じ女性である千影ちゃんの気持ちに応えることは出来ない。
 けれど、礼を欠くことは、大和撫子を目指すワタクシにとっては不本意。
 だからこれが最大限の譲歩。
 頂いた物への礼と、千影ちゃんに向けられる好意の丁度境界線。


「えー、誤解させてよぉ」

「止めてください性質悪い」


 不服そうにまたギャグ漫画顔を向けて無茶なことを希望してくる。
 唇なんか数字の「3」の形に尖らせて、もうどっかのポンチ絵のようにぶーぶー文句を口にしてますわ。
 ああ、どうして神様はこのような美麗な方に、このようなギャクセンスをお与えになったのでしょうか……?


「ですから、手作りでなければご希望のものを差し上げますから」

「ふぅ〜ん………。…じゃあアレ貰おう……マシュマロみたいなもの……」

「マシュマロ……"みたいなもの"?」


 訪ねておいてなんですが……また抽象的な物を注文されたものですわ。
 それこそ、やってきて早々のワタクシのように、一体なんなのか分からない言い回し。
 しかし、お返しするからにはきちんとしたものを贈るのは当然。
 なればこそ、しっかりと把握しなければ「お返し」を果たすことは叶わない。
 ワタクシは、早速千影ちゃんへ質問をお返ししました。


「なんですかそれ?」

「何でも…………鞠絵くん恒例の…………ホワイトデーのお返しのようだ……」

「鞠絵ちゃんが?」


 具体的な回答を求めたのだけど、千影ちゃんは全く別の意味合いの回答を寄越しました。
 それでも、飛び出した意外な人物の名前に、いたく興味を引かれた。


「そう……鞠絵ちゃんが……」


 恒例、と言うことは、幾度も同じものプレゼントなされたのでしょう。
 恐らくは、毎度バレンタインにチョコレートを寄越すであろう鈴凛ちゃんに対して。
 ホワイトデーとは基本的に「お返しの日」なのだから、前提としてバレンタインに貰うことが条件となりますから。
 ……というか、「鞠絵ちゃんがホワイトデーにお返し」って……しかも毎年。
 あんなに乙女らしい子を男性役に回すだなんて……まったく、鈴凛ちゃんの考えることは毎度の事ながら理解できませんわ……。


「春歌くん…………顔が……崩れているよ……」

「はっ!?」


 い、いけませんわ、ワタクシとしたことがつい……。
 どうしても清楚清純可憐で儚くか弱い鞠絵ちゃんと、それを穢し貶めるズボラ娘のことを思うと、
 ワタクシの護衛本能が、なんとしても彼女(前者)を彼女(後者)から守らねばという使命感に煽られますわ……。
 ワタクシはひとつ咳払いをして、場の空気を取り繕うと、


「分かりました。それで良いというのなら、それにしましょう」


 ふたつ返事で、千影ちゃんの要望を飲むことといたしました。
 いまいち具体的な像が掴めないものの、本人が望むならそれを差し上げるに越したことはない。
 贈り物とは、少なからず相手に喜んで貰わなければ意味を成さないもの。自己満足ではいけないのだ。
 それに……鞠絵ちゃんと同じことをする……まるで憧れの女優と同じ髪型にする愛好者のような、
 淡く切ない憧憬心が、ワタクシに同意の返答をさせました。


「本当かい……?」

「ええ」


 それが、悪魔の囁きだとも知らずに……。


「では……いただきます」

「へ?」


 ちう。


「……………」


 …………………………。


「ごちそうさま

「……………………………………」


 …………………………………………………………。






    ――――しばらくお待ちください――――






「ッッッぎゃぁぁああああぁぁぁああぁぁぁーーーーーーーーーーーーッッッッッ!!?!?」

「げぴゃらっ!?」


 悲鳴、のち悲鳴。所により絶命。
 満足げに軽く紅潮した千影ちゃんの顔面目掛け、そのまま首を境に上下を分断させんほど猛烈な一撃が炸裂。
 滑稽な悲鳴と共に、千影ちゃんは身体ごと背面にブッ飛ばされ、玄関より奥へと続く廊下の、薄暗い空間へと飲み込まれる。

 わ、ワタクシの唇にっ……! ち、ち、ちちち、千影ちゃんのっ……!
 姉君さまの……同じ女性のくちっ、唇、が……が…………が……


「がぁぁぁぁああああぁぁあああぁぁぁッッッッ!?!?!?」


 悲鳴にも嘆きにも聞こえる、言葉にならない声を叫びながら、鍛錬で磨き上げた跳躍力で、空を飛ぶ千影ちゃんを追いかけた。


「日々大和撫子を目指すべく、礼節、規律、風紀の乱れに人一倍厳しく己を御して来たのにっ!!
 昨今、寛容になっていく世の流れにも流さるる事無く、脳裏に思い描く理想の為と人一倍の節制を欠かすこと勿れと常より心がけ、清く正しく生きて来たのにっ!
 それを、それを、其れを、それを其れを其れを貴女はぁーーーーっっ!!」

「あー、頭に血が上ると台詞がやたら小難しくなるんだ……これは大発け―――げぶぅっ!?


 突き当たりの壁に激突してやっと止まった千影ちゃん。しかし安心は早い。というか暇も与えない。
 刹那の安息も与えず追い着き、磨き上げた力と技で非難の言葉と共に追い討ちを浴びせる。


「ばか! ばきっ ヘンタイ! べきっ 根暗! メキッ 美形! ボゴッ ギャグ漫画! ドガッ 色魔 ぁっ!!」


 普段のお稽古により、多少なりとも武道の心得もあるワタクシ。
 活火山の如く煮え滾る感情は留まることも知らず、千影ちゃんに向けて、激しく「教育的指導」を行う。
 稽古場の先生方の教えの賜物か、ワタクシが打ち込んだ拳は的確に人体急所へと吸い込まれてくださります。
 やりすぎ? だいじょうぶ、ちかげちゃんしなないから。


「はぁ……はぁ……はぁ……。どうして……? どうしてこのような……真似を……?」


 一通り思いつく限りの人体急所に打撃を浴びせ、お陰か湧き上がる憤りも多少は収まった……。
 ですが代わりに、千影ちゃんに受けた仕打ちを思い出して……瞳にじわり、涙が……。
 幼子みたいに顔を歪めて、涙がボロボロ流れて……手の甲で、唇を、皮が剥けるくらいゴシゴシと拭いた。


「うっ……うっ……うぅっ……。ぐすっ……。
 よりにもよって……女性同士でこんな……このようなこと……。なんてふしだらな……ひっくっ……」

「ああ……子供みたいに泣く春歌くん…………良い……

「……男同士ならともかく……」

「ちょっと待ちなさい春歌さん、この間からなんかヘンなこと仰ってません?」


 そりゃあ、千影ちゃんからはそういう兆しを感じ取れるには感じ取れましたけれど……。
 でもまさか、本格的に行動に出られるだなんて、思っても見なかった。
 身近な実例が居るというのに、心のどこかで「女同士なのだから」と高を括っていた。
 なのに、女同士なのに……して、しまった……。
 突然すぎる展開に、込み上がる気持ちが怒りなのか悲しみなのか、もうどれなのか皆目見当が付かない。


「……キミが良いと…………言ってくれたから………だろう……?」

「一体いつ!?」


 あんなに的確に急所を狙い撃ちしたというのに、平然と話を始める千影ちゃん。
 ほら、だからしなないっていった。


「だから…………マシュマロみたいだったろう……?」


 …………。


「は……」


 はめられた……。

 千影ちゃんの衝撃の発言に、頭の中でお寺の鐘がゴーン。ショックで膝から崩れ落ちてしまった。
 確かに……今の感触は―――思い出したくはないのですが、それでもあえて感想を述べろと言うのなら……そ、その……
 ……や…………やわらかく……ありました……。
 仰られる通りに……マシュマロ、みたいに……。
 べ、べべ別に気持ち良かったとかそういう気持ちは一切なく単純に起こった事柄に評価を下すと言う意味でいうのならですわっ!!


「ああっ、もうっ!! 詐欺ですわ! 卑劣ですわ! 強姦ですわ!」

「強姦は違うだろうに……」


 知っていれば、首を縦になんて振らなかった……。
 適当に市販のもので義理だけ果たす予定が……手作りなんかよりも断然、千影ちゃんの気持ちに応えてしまった。
 それこそ恋仲の男女、もしくは男×男のように。
 引いた筈の予防線も、無意味になるどころか逆にまんまと利用され、こんな悲劇的な結末に……。
 遥か遠く独国に御住まわれるお婆様……春歌は、貴女の孫は汚されてしまいました……よよよよ。


「鞠絵ちゃんと同じお返しをしてみたいと、ただ軽い憧憬の気持ちから、首を縦に振っただけなのに……。
 それだけだったのに…………って、……ん?」


 涙混じりに口にして、ふと、あることに気が付く。


「あのー……今の、確か鞠絵ちゃんのホワイトデー恒例って……申しませんでしたっけ?」

「ああ………そう言ったが……」

「つまり、ホワイトデーは、鞠絵ちゃん、ホワイトデーに、療養所へ向かう相手、ホワイトデーの、毎年に、白日の……?」

「……とりあえず………落ち着きたまえ……日本語じゃなくなってる…………」


 あ、失礼、ワタクシとしたことが、つい心を乱してしまうなんて……って、何故?
 千影ちゃんに汚されたから?
 いやー、確かに感情の昂ぶりはいまだ収まらないですが、なにか違うような……。
 つーか、心のどこかでこれ以上先に踏み込むなって言う警告が鳴りまくって仕方がないのですが?
 しかし、ワタクシの胸騒ぎなど知ってか知らずか、千影ちゃんは両手を前に突き出すと、その両方の人差し指を立てて、


「……まあ、アレだ…………鞠絵くんと…鈴凛くんは……毎年こんな感じで………」


 立てた指の腹を、まるで何かの比喩のようにゆっくりと近づけて……


「……………ちゅっ♥♥


 ………………………………………………。

「っっきゃーーーーっ!!」


    ポキッ


「ぎゃーー!?」


 あンの借金野郎! そんな羨ま……はしたないマネをーーーーーーっっっ!!
 見たくなかった見たくなかった、ええ、見たくなかったですとも!
 分かってました、こうなるって分かってましたよチクショー!!


「こ……こっちの指は…………鞠絵くん…なのだが―――」


    ポキッ


「うん……だろうね……。…やり直すだろうね………。…我ながらバカだねー……ぎゃーー!?」


 両の人差し指の関節に、本来曲がるべきではない方向への力を加えられ、ごろごろ床に転がって悶える千影ちゃん。
 そんな千影ちゃんを見下ろして一言。


「ええい、なにを身体を張って床掃除なさっているのですか!?」

「……え? ……そう解釈するんだ………? …あと……キミのせいよ、この床掃除……?」

「行きますわよ千影ちゃん!!」

「え……? え……? ……行く? …どこに………?」

「もちろん鞠絵ちゃんを救いに! あのふしだらメカオタクに邪な道に謀られ、不純同性交遊に堕落させられそうな彼女を!
 正しき道に連れ戻して差し上げなくては!! 今のようなふしだらな真似、断じてさせるわけには参りません!!」

「……あー………。…どちらかといえば……誘い込んだのは鞠絵くんで……鈴凛くんの方が堕とされたのだが…………」

「不純異性交遊機械熱狂者めっ! 例え血が繋がっていようが、許すまじっ!!」

「聞いてないんだな………。まあいい……春歌くんと"でぇと"できると……思えば安いもんさっ! いぇ〜い☆」

「あ、それは断じて違います」

「ぎゃふん!?」

「さあ、説得せねば! 女性同士では禁忌と! 許されるのは男と女、または男と男の愛情のみだという事を!!」

「チミさっきから矛盾してるって気づいてる?」


 ワタクシの心に、確かにある願い。
 大切な人を守りたい……それは、遠い幼き日より望んでいた、ひとかけらの夢。
 そのために己を磨いた。稽古を重ねてきた。
 ひとかけらの夢は、描いた日から幾星霜、今では小さな結晶に。
 だから……磨いた力で、か弱い彼女を守る事は、ワタクシの本懐。
 でも反面、なにやら先ほどから大和撫子とはかけ離れた言動が取り返しつかないほど流出しているような気がしますが……。
 そんなこと気にしていられない! 是が非でも彼女を、鞠絵ちゃんを救って差し上げねば!!

 湧き上がる使命感に、先ほどまで怒りか悲しみかの区別の付かないほど昂ぶっていた感情全く別の方向へ向いてしまったよう。
 今ではもう、己の純潔などどうでもよく…………は、ないですわね。
 その件につきましては後ほど、千影ちゃんにた〜〜〜っぷりお灸を据えますわ。この恨みはらさでおくべきか。


「よし、だったら鈴凛くんは私に任せろ! 鞠絵くんが居なかったら、彼女も私のお嫁さん候補のひとりだからネっ!」

「ええい、このタラシが! 自慢げに親指立てて言いなさるな! でも今はその浮気性だけが頼りです!!」

「ホント言ってること矛盾してるなー。だがそんなキミも素敵だー」


 でもなんでしょう……?
 辛いこともあった、思いっきり手を上げた、思いっきり泣いたりもした。
 家についてからの短い時間だったけれど……濃厚に色んなことがあった。
 その全てが、目指す大和撫子とはかけ離れているはずなのに……今、かすかに微笑が浮かんでいる。

 たまには、こんな風に大和撫子のしがらみから解放されるのも、


「なら、ワタクシが鞠絵ちゃんを。そして貴女が鈴凛ちゃんを。それぞれお相手いたしましょうか?」

「フフフ…………いいねぇ……」


 悪くないかもしれない。

 

======


あー、短編に仕立てるつもりだったのですが、思いのほか長くなってしまったかも(苦笑

他のほとんどを切り捨てて、執筆ってたんで、今時計を見たらとても認めたくない時間帯を指し示しています(苦笑
でも掲載できるまでにはもって来ました。
とりあえず、何よりも「意地」を取りました(ぇ
ホワイトデーSSとか言いながら日付の上では15日更新でも、読まれるのも翌日になっても、
もしかしたら多少書き直すかもしれないけど、それでもこの日に掲載させたかった!

こういう人間、私。まあ、あほなだけですが。ヽ( ´∀`)ノ アッホー

というわけで、色々なくはないですが今日はこの辺で。
web拍手レスなども後日……。


ああ、そうそう、最後にひとつだけ。

資格試験の合否通知届いちゃったよ!


でも、イレギュラーで心乱したくなかったからまだ見てません(苦笑
次回はその話題になるのかなー?


とりあえず、やたらめったら乱雑になってしまった気がしないでもないけど、この辺で〜。

 

3/16(金)
きょーは何の日? フッフー♪

……ってネタ分かる人はどのくらいいるのだろうか?
いや、そもそも……なりゅー自身のがなんのネタか忘れてしまった!!

あっれー? はなまるマーケットだっけ? 徹子の部屋だっけ?(汗
まあいいや。
さて、今日はアレですよ、「SAW3」のDVD発売日!!
ソリッド・シチュエーション・なんたらーの……まあ要するにサスペンス的に怖い映画ですよ!

目が覚めると、そこは食肉工場の地下室。
扉を開けると、そこには3人の女教師が(違

あー……これ、好きなキャラ当てはめて好き勝手妄想すりゃ良いんじゃない?(ぇ

主人公が鈴凛とか四葉とか衛とか、女教師が咲耶とか千影とか春歌とか。
いっそ個人指導とか、食肉工場の地下で(ぇー
まりぃはなんか女教師ってイメージじゃないなぁ、個人的に。

うん、シスプリ以外にも好き勝手当てはめて、
女教師だけにとどまらずナースさんとかメイドさんとか、
主人公とマンツーマンでご奉仕しようが、複数人でハーレム看護とか、
何の話をしとるんだわたしゃ!?

すごいなぁ……ソリッド・シチュエーション・スリラー(←分かってるし!?)の話でここまで無駄に妄想繰り広げるなんて、
ある意味こっちの方がソリッド・シチュエーション・スリラーだよ。

んで、ここまで話繰り広げておいて買いやしませんけどね(ぇ
せんぱいが買って貸してくれるのを待つ、それでこそ私!( ゜∀゜)=3 ムフンッ

さて、無駄に盛り上がったところで、溜めてしまったweb拍手レスいきませう。


3/11 19:14
>やり方がどうこうより「唇を重ねた」事実が重要なのでは? <萌えファクター

 あー、人命救助関係の小集団活動言った時のコメントですね、遅くてほんまスンマセン(汗
 「事実」なら、やってる側は冷めそうだけど(苦笑)、やられた側は確かにやきもきですね。
 でも直後でお互い照れる余裕ナッシングですね、ありゃ。人命救うってのはそのくらい大変。
 そういうリアリティを追求するかしないかで、作品の見え方も随分と変わりますからねぇ……。
 岸部さんトコの露伴ちゃんが蜘蛛舐めてでも追求したがる訳だ(ぇ



3/12 18:05
>姉にサイトバレたって……えええっ!? リアルに知られる重圧がついに……byMr.K

 うろたえるな小僧共!!(ぇー
 まあ、サイト自体は別に良いんですけど、趣味バレたのがキッツイかなぁ……?
 うちの家庭って結構お堅い考え方してるんで、まずなりゅーのサイトは肌には合わないでしょう。
 でも頭っから否定するほどではないので、説得すれば譲歩はしてくれると思いますけど、
 お姉は基本的に「我感知セズ」なのでその余地はないだろうからなぁ(苦笑



3/12 20:24
>私にも解らない!? 燦那崋陀

 一度やってみたかった、自分の全力というものを。赤屍蔵人の全ry(削除)
 しかし、好調だったらまだまだ行けた気がして、少し不完全燃焼気味……。
 事実、そんなに詳しく知ってるわけじゃないのにネタにしたのもありますからねぇ。
 ご所望なら全部のネタに解説つけますよ〜。



そんな感じで、今日はこの辺で。
まあバレンタイン、ホワイトデーSSは明日にでもあとがきつけてSSページに動かそうと思います。

……え? 今日?
ああ、あんま大した日じゃないっスよ。私の誕生日。

 

3/17(土)
あー、しくった……。

SSの掲載、メールレス、他、色々と行うつもりだったのに……ほとんど寝て過ごしてしまった……。
休日に寝ててなにが悪い!?( T□T)

ちなみに今日やれたことと言えば、
予てよりの課題だった(謎)音楽CDの作成を行って、
メッセで友人と軽く話したり、あと洗濯、買い物、それ以外はほとんど寝てました
まあ、お買い物ン時は車使ったんで、
運転の練習にはそれなりに最適だっ……あれ? うちに車来たってこと話してたっけ?(汗
そういえば、資格試験の合否についてもまだ報告してなかったですね。( ;´∀`)ゞ

……落ちてました。( ´・ω・)

やっぱ、むつかしいってことやね。
でも、普段こういうことやらない人間なので、良い経験だったと思いますよ。
もっとも雪辱戦は考えてますが。


うーむ、本当はもっとネタに溢れたことを話したかったのだけど、
明日は5時起き東京行きなんでこれ以上の余裕はないです(汗
いやー、ほんとしくった。しくり尽くした。
web拍手レスだけして、ばびっと眠りたいと思います。



3/17 9:52
>誕生日おめでとうです。 月星

 ありがとうございますー。
 自分が油断してると忘れちゃう人種なんで、こういう気遣いはホントありがたいです……。
 事実姉ン時は白雪BDSSにかまけてて、おめでとう言うのすっかり忘れてたし(苦笑



あ、明日の更新は無理です。
帰ってくる頃に日付変わるか変わらないかって時間になるので。

 

3/19(月)
今日は有給取ったZE! Yeah!!(σ ●∀●)σ イエァ!!

と言うのも、免許書の更新のため、
誕生日前後1ヶ月以内に、“平日”に警察署か免許センター行かなきゃならんかったんですよ。
平日しか更新やってくんないし……。

で、昨日東京行ってきたんで、それに合わせて有給を取ったのです。
さて、そんな昨日は……大カラオケ大会「第2回ジャンヌの集い(仮)」を行ってきました。
あー、前回せんぱいつれて東京行って、桃色さん風崎さんとカラオケやったアレの2回目です。


いやー、凄かった。今回も凄かった。
まあ、5時起きが5時37分起き(準備完了予定時刻の8分前)なった時はめっちゃ焦ったけど(苦笑
メンバーがメンバーだから、こっちもいくつかジャンヌ系の曲練習して行ったけど……やっぱまだまだでした。
ついでに、すっ始めに残弾使い果たすのは私の悪いクセだなぁ……。( ;-ω-)

なにがすごいって、桃色さんの「目指せポケモンマスター」がやっぱり凄い。
あのね、合いの手入れようと思っても、全部セルフカバーするから、付け入る隙がまったくないの。
風崎さんも後半戦で歌っていたけど、その時の合いの手が完璧過ぎるし。

積み重ね、鼓膜に刻み込まれる歌声が無言(?)で教えてくれている。
幾千幾万と繰り返し体に覚えこませた一つ一つの歌い方があの一曲を生んだと……。
見てない歌詞のタイミングを合わしたのは他でもない、努力によるキセキだ―――


ってくらいに(謎
くぅっ……「COOL EDITION」入ってたら少しは対抗してみせたのに……。_| ̄|○


んで、色々あって、ガンダムSEED系も歌ってきました。
ミーアの「EMOTION」歌える雰囲気になったのは良かったなぁ……あの歌好きだし。
そン時の画面が物凄いサービス良かったです。アニメの画像を上手くつなぎ合わせてサービス抜群。
……だったけどこのサイトのネタ見てたから、笑いをこらえるのが大変だった……。
映像の動きが、まったく同じ場面なんだもん……(苦笑
とりあえず魔王殿、次からは種割れ引き起こします。シンも覚えてきます。


桃色さんからは、素敵なプレゼント……というか、自らのフィールドへ誘い招く布石というか(爆)も頂きましたし。
あー、ホント、今までのお礼に何か1本SS書いてあげたいけれど、
シスプリでどのカプが良いのか聞きそびれたし……。( ;-ω-)

カラオケは6時間近く熱上がりっぱなしだし、途中休憩挟んでとらのあな巡ったりして、ホント充実した一日でした。
ちなみにその際、ひぐらし解の「祭囃し編」自分で買いました。借りるまで待ってられるかっ!!( T□T)
今日は免許の更新終わったら、思う存分やるぞー!! そんなふうに考えていた時期が、俺にもありました。(ぇー

とにもかくにも、せんぱいと桃色さん風崎さん、皆さん素敵な一日をどうもありがとうございました!
次はなにを勉強してきたら良いでしょうかね?(笑



で、今日は免許の更新終わったらゆっくり休める……と思ったらそうでもなかったです。
とりあえずバレンタインSSと、ホワイトデーSSにそれなりに修正加えてSSページの方へ移しました。
いやね、どうにも書いてた当時、既に脳みそ半分以上眠ってた状態だったので……。
辻褄合うように仕上がってたのが奇跡だよ(苦笑

それからお湯が沸かなくなった。
お陰でお風呂使えず銭湯行く羽目に……。
余計な手間と体調が良好になったことで、良いのか悪いのか良く分からない気分に浸ってます。
あー、なんかホント色々あった……。でも、またメールレスできんかった……忝い。_| ̄|○

 

3/21(水)
今日は、創作について幾つか語ってみようかと思いまふ。

や、別に特になにもなかった訳じゃあないんですが。
フルバ最終巻買ったとか。
フルバ最終巻GOODとか。
フルバ最終巻ベネとか。
あの終わり方は結構斬新なんじゃとか、フルバ最終巻ぐっじょぶとか。
ガス給湯器まだ直んないからまた銭湯行かなくちゃ、フルバ最終巻エクセレントとか。
ひぐらしく頃に鬼曝し編も良い、フルバ最終巻わんだほーとか。

でも日記ばっか書いていると、某氏に指摘された、
あくる日のネタに溢れていた一言雑記への回帰が遠退いてしまう(苦笑
ということで、久々にこういう語りをやってみようと思ったのです。


さて、無駄な前フリが長引いてしまいましたが、
なりゅーのシス百合創作に存在する「ゾーン分け」について語ってみようかと。
自分だけなのかもしれないけど、他にも似たような人が居るなら居るで、意見聞いてみたいし。
個人的かつ概念的なことだから、上手く伝えられないかもしれないけど……(苦笑

実は、なりゅーは妹をAゾーンとBゾーン、あと例外に分けているみたいなのですよ。
大体↓みたいな感じ。


 Aゾーン

  鈴凛、咲耶、四葉、千影、衛、雛子


 Bゾーン

  鞠絵、可憐、花穂、春歌、白雪


 例外

  亞里亞


勘の良い人なら、この時点でどういう基準か分か……分かるのか!?(ぇー
まあ、分かり易く言うなら、「男役」と「女役」って言い方の方が良いかもしれないですね。
メンバー見たら大体察しはつくと思いますが、要はAが「男役」、Bが「女役」です。

ただ……これは単なる「攻め」とか「受け」とか、そういう問題じゃない。
だってほら、鞠絵がBに入ってるじゃないですか!(←冷静に考えると何かおかしい主張)

ま、パッと見の印象とや、キャラクター的な要素から、大体なりゅーの独断と偏見で分けられています。
だから、単純に「攻め受け」で分けてる訳じゃないです。
男だから攻めなきゃいけない訳じゃあるまいし。
女だから受けなきゃいけない訳でもあるまいし。
むしろ乙女乙女している鞠絵が男装するから良いんじゃないっ!
乙女らしくない衛が女装するから良いんじゃないっっ!!(ぇー
ギャップがあるから萌えがあるんだ! 犠牲があるから救いがあるんだ!!(間違い

……まあ、それは置いておいて(苦笑

じゃあなんで分けてるかって言ったら、これに収束します。
同属性……つまりA同士とB同士ですね。
A同士とB同士では正直百合妄想が出来ないんです!
つまり、多種多様なカップリング創作における致命的欠陥です! ぎゃぼー。( ;×□×)

今までなりゅーが書いたA同士のカップリングB同士のカップリングを見ても分かるように、
百合だけど、恋愛として成立していないんですよね。
(「成立しなきゃ百合じゃない」とかそういう曖昧な「百合の定義」の話は、この際置いておいて)
結局のところ、同属性同士は「仲の良い友達」で終わっています。
描写が明確じゃないからそれはそれで百合として扱って良いかどうかの判断がむつかしいし……。
適当に「好きです」って言わせるだけの形だと、「何故このふたりなのか?」っていう理由が欠損して、
結局なりゅーも読んでくださる方も納得行かない中途半端なものが完成するのが関の山だろうし……。

ごめん、これがなりゅーの不自然にならない程度の限度です。( ;-ω-)ノ

要するにA×Bなら、大体構想練れるんですよ。
あ、一方通行もできるね。千影(A)→鈴凛(A)とか春歌(B)→鞠絵(B)とか。
でも、「同属性の両想いパターン」は、どうしても上手く妄想できないっ……。
かなり初期の頃、「鞠絵×可憐」の妄想を失敗して以来、このカップリングは書けないし……。
作り手が妄想できないものを、読み手が妄想できるのかっ!?
自分も楽しくないもの人に寄越して、それで本当に喜んでもらえるのかっ!?
……まあ、自分“だけ”楽しいもの寄越してもアレだけど(苦笑

ちなみに、例外にあたる亞里亞ですが、
彼女は全てを超越したふしぎ系のため、なぜかA、B共にカップリングが可能です。
何故!? Why!? ホワッツ!? ホワッツマイケル!(違
あと一応Aに入れた雛子は、年齢(本人の自覚)のせいで、誰とも上手く掛け合せられない!!(詳しくはここ。
成長後ならなんとかできるけど……。

結局はなりゅーの印象の問題なんですよねぇ……。


まあ、語るだけ語ってみましたが、要するに、「どうしたら解決できるの?」って事を聞きたいわけです(他力本願
というか、「既に解決している人はどうやって解決しているの?」って。

今のところ、カップリングごと個別に解決していくしかないんですよねぇ……。
例えば、咲耶と鈴凛というふたりのキャラクター“ならでは”で生まれるカップリング、みたいな……。うーん、上手く書けない(汗
要は、名前を口調を変えるだけで咲耶と鈴凛以外にも対応できるさくりん見たって、
それはマイナーカプの醍醐味ってモノがないってことだろうってこと。



とりあえずこんなところで今日は〆ようと思います。
あー、久しぶりに語った。
……でも、これ話そうと考えてたのって、去年のりすこみくらいからだったんだけどねぇ(苦笑

 

3/24(土)
今宵は資格試験勉強会の打ち上げ飲み会に行ってきましたー。
まあ、落ちたけど。( ;´∀`)

ちなみに、大体20名中(初期参加人数40名)、実技に受かったのはわずか4名とのこと。
むぅ……やっぱり壁は厚いそうです。

んで、どっか飲み屋行って行うようなのじゃなくて、勉強会会場だった場所でオードブルつつく形で行ったのです。
お陰さまで1,500円という手ごろな値段で楽しめました。
なりゅーはヘンに飲み屋行くより、こうやってしっぽりやる方が好きだなぁ……。


ところで、前回話した「同属性間での妄想不能」の話ですが、
その件について久しぶりに水影さんとお話しました。おつきあいサンクスですー。
どうにもひとつ判明した事実として、なりゅーは「みんながやってるから」が理由にならない、ってことを発見いたしました。

誰かが作ったその世界観は、他の人が何してようが、その人だけの世界観じゃないですか?
ほら、そこにマイナーカプの醍醐味もある訳だから。
まったくの無色で、その人なりの解釈いろを 付けなくてはならないもの。
そう思ったら、どうにも、ね……自分色に染めなきゃダメっぽいのよ。( ;-ω-)
我ながら難儀な性格なのか、なんなのか……。

まあ、話が逸れて、「自分が書いた作品に感想書く」って話にもほんの少しなりましたが。
(恐らく想像を絶するほど雀の涙以下の量です。)
でもこれって結構重要だったりするので、意外と印象に残ってたり(笑
まず見直しになって、良い点、改善点が見つけられる。次に生かせるから、成長には繋がるんですよ。
なりゅーの場合、「あとがき」が大体そんな感じになってますからねぇ。
というか、「作品書いた本人が、作品に感想も書けないなんて、終わってるだろ?」みたいな話で終わりましたけどね(爆

話が逸れてしまいました(苦笑
この件については、もうちょっと熟させる必要がありそうです。
自分の中でも、人の言葉があるならそれについても。

さて、そんな話題につきまして、web拍手にてありがたい反応がございました!
ありがとー。( ´∀`)ノ



3/22 16:28
>うろたえるな小僧共!!……と返すか否か(はっきりしない)
>今回の件は、「誰しも攻め要素と受け要素があるようにともに男っぽさ女っぽさがある」を考えるべきかと。
>同組間では表面上は同性間の友情や姉妹愛っぽく見せつつ内面では根底にあるそれに惹かれる感じで。
>あと、「友情の進化」「腐れ縁」などは同グループのほうが有効かもと思います。 by.Mr.K


 むしろうろたえろ小僧共!!(ぇー
 とにもかくにも、ご反応ありがとうございました!
 あー、そっか。「友情の進化」、「腐れ縁」。なりゅーそれもできないんだ(苦笑
 というか、やったとしても……うーん、どうしても反対属性同士の妄想になってしまう……。
 当面の目標は、男っぽさと女っぽさを、上手い配分でコントロール……かな?



でもまあ、これはなりゅーの中の問題で……

 「なりゅーは書けない」 → 「他の人は書けている」 → 「じゃあ書ける人の方法を参考にしてみよう」

って程度の話ですんで。実はこの問題が解決できなくても、特に誰も困りはしないです(爆
困るとすれば、なりゅーからA同士B同士の需要はよっぽどの動機がない限りない、ってくらいですが。
つまり、逆に言えばA同士のカップリングB同士のカップリングはよっぽどの動機から作られたものだったりしまふ(笑

 

3/25(日)
ひぐらしはじめました。最終章、祭囃し編。
いやー、罪滅し編からのこの急ピッチ。
引き込まれます、これほどまでに人を魅了するひぐらしは、本当に凄い。
で、例によってネタバレ厳禁なため、もどかしい思いをしたりしなかったり(苦笑

まあ、バレなし程度に語らせていただくと……最終章までのあの展開を鬼隠しの時点で見切った人は絶対居ねー!
ひぐらしってのは、進めば進むほど、世界観から受ける印象ガラリと変わりまくるんですよねぇ……。
だから、おおよその真相を知った現在は、最初の印象から受ける方向性が、随分と変わってるんですよ。
「推理する」という観点から見れば、結構いぢわるだと思うし(苦笑

でも、大抵は方向性変わると、それでコケるのも珍しくないじゃないですか。
ほら、学園ラブコメものだと思ったら第二部で異世界ファンタジーバトルに移行してる場合とか(ぇ
ひぐらしは、まさにそういう印象受けてるってのに、それでも面白さを保っている……いや、面白さを増している
そこは本当に凄いと思う……。



そんな「ひぐらしのく頃に」、ベストキャラクターを選べと言われたら、私は「公由夏美」と豪語します。
え? ええ、PC版にゃ一切出てきませんがなにか?(ぇー
マンガ版のみの外伝話、「鬼曝し編」主人公です。
買って読んだのがホワイトデーSS執筆期間中じゃなかったら、
その日の一言雑記を「夏美ちゃんかあいい」で埋め尽くすつもりでした。夏美ちゃんかあいい。
特にお風呂場でのやり取りとか、1巻162ページの1コマ目とか

    警告なりゅーはひねくれ ものです。性根が真っ当ではありませんのでご注意ください。(ぇー

そのくらい引き込まれた……そのくらい面白かった……。夏美ちゃんかあいい。
多分、内容云々もプラスして、マンガ担当の鬼頭えん先生の画力と技量にヤられたんだろうなぁ……。夏美ちゃんかあいい。
ちなみに一発でファンになったの言うまでもないです。夏美ちゃんかあいい。
デイブレイクでも出演してくれないかなぁ。夏美ちゃんかあいい。
しかし……つくづく自分はダークホースに弱いなぁ、月姫でも似たような位置のさっちん大好きだし。さつきちゃんかあいい。(爆


そんなワケでマンガ版もちらほら購入してたりするのですが……
相部屋さんが懇願するからってマンガ版ひぐらしを買いに走ってる私ってなんなんだろう?(ぇ
いや、退屈しのぎに読ませたら、「先が気になるー」って、続き買って来いと駄々こねられました。(←誇張し過ぎ表現)
惨劇は人を魅了するとはよく言ったもの。
そして、そんな風に相部屋さんのために、続きを買いに走りながら、私は思うのです……。


計画通り。(←デスノート風に


こっちは真相をなまじ知っている分、誤魔化すのが大変です。
が、そうやって思い悩む様を見るのがひぐらしの醍醐味です(笑
ちなみに、まだ綿流し編までしか見せてません。(外伝はノーカンとして)



ふー……一言雑記丸々ひぐらしで埋め尽くしちゃった(苦笑
たまにはそんな日があったっていい。夏美ちゃんかあいい。

 


トップページ

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット