――― その頃、月では……。 ――― 






「なんで!? なんでぇっ!? なんでなんでなぁんでぇ〜〜〜っっ!?」


 役所から戻ってくるなり、私は部屋中の物をひっくり返して私物を徹底的に調べました。
 そして絶叫した……。


「私の名前が!? 姫様たちがつけて下さったあの素敵な名前が!?
 なぁーんで全部『うどん』になっているのぉぉ〜〜〜!!!?」


 だって……出てくるもの記入したもの全ての記載が、「うどん」へと変わっていたのだから……。



 役所で渡された私の登録内容について……当然あの後、私は誤記について激しく抗議してきた!
 けれど不可解なことに、役所内の私に関する全ての記録は、なぜか「うどん」と書き変わっていたのだった……!

 なんで!? どうして!?
 初めからそう記録されていた……?
 そりゃあ私は防衛隊に入って日も浅いし……慣れない最初の登録作業でミスをしてしまって、知らない内にそう登録しちゃったかもしれない……。
 でも私がもらった防衛隊手帳まで「うどん」に書き変わっているのは明らかに異変。
 だって昨日の夜も手帳に書かれた「レイセン」の文字見てニヤニヤしてたもん!

 そうなのだ……この手帳が証拠だー!って役所の事務兎に突き付けた時……私はようやっとこれが「異変」だということに気づき始めました……。
 いやな予感が体中を駆け巡り、役所での登録作業も途中に投げ出して、急いで部屋まで戻ってきて。
 部屋のものを漁って……そのいやな予感が的中していたことを、思い知った。

 役所の記録や手帳だけじゃなかった……。
 隊の方から支給された品や私物、名前の書かれていそうなもの全てに目を通しても……。
 信じられないことに……目を通した限り全部のものが「うどん」になっていた、なんて……。

 これは、異常であり異変でした。
 だって、さすがに自分で支給品に書いた「レイセン」の文字まで「うどん」となっているのは、明らかにおかしいじゃないですか……。
 記憶違いにしたって、ここまで来ると完全に痴呆症か夢遊病を疑うレベル。
 だけど記載されていた文字は、見慣れた私の筆跡なのに、書かれた文字は「レイセン」ではなく「うどん」だった。

 本当に、なんで……?
 まるで、私の「レイセン」として生きた経歴が、最初から「うどん」であったかのような……。
 今日という日を境に……「レイセン」が「うどん」として生まれ変わってしまったような……。
 そんな……ことって……


「あらレイセン? どうしたの、そんなに慌てて。今日はお役所の方に行ってたはずじゃあ……」 


 その時ふと、柔らかなお声が私の耳に飛び込んできました。
 その美しいお声を携えて現れたのは……私の飼い主であり月の使者のリーダーのひとりである綿月姉妹の姉君の方。
 私が尊敬する、綿月豊姫さまでした!

 そ、それよりも今……!


「もうっ、こんなにお部屋散らかしちゃって。一体なんだって……」

「うっ……ううっ……」

「え!? ちょっ、ちょっとどうしちゃったのレイセン!? 突然泣き出しちゃって……」

「だって……だぁってぇ〜〜〜」


 ―――レイセン。

 すべてが「うどん」に変わってしまった不可思議な状況の中で、私を示す呼び名として再び紡がれたその響き……。
 あの素敵な名前は、私だけの勘違いだったんじゃないかって、そんな不安と孤独の中に放り出されて。
 そんなの違う、って分かってるはずなのに、信じられない疑心暗鬼に飲み込まれて……。
 それを、豊姫様の麗しい唇から奏でられた私の名が、そんな疑いを晴らしてくれるかのように紡がれて……。
 だから思わず、わんわんと大泣きしてしまいました……。

 そう、他の誰でもない……私にその名を与えてくださったのは、豊姫様だから……。

 この人が「レイセン」を口にしてくれたことは……私にとっては、世界の始まりに等しかったから……。






「そう……そんなことがあったの」


 私は豊姫様に全てを話しました。
 お役所でのこと。
 部屋でのこと。
 私に関する記録が、全て書き変わってしまっていること。


「わ、私……なにがなんだかわからなくて、すごくすごく不安で……怖くて……」

「何かの間違いじゃないかしら……?」

「で、でも!」


 話を聞いて、豊姫様は持ち前のおっとりとしたご様子で首をお傾げになられてました。
 ですよね……こんなこと、信じろっていう方が無理ですもの……。
 信じられないのは私も同じ……だけど、現実に全てが「うどん」に変わってしまっている……。
 目の当たりにした以上は、これは現実に起こっている事実。
 間違っていて欲しいのに、間違いじゃあない……。

 でも―――


「でも私は……レイセン……なんですよね?」


 不安気に訪ねるしかできない私。
 豊姫様は、私の髪を優しく撫でながら「ええ、貴女はレイセンよ……」そうなだめてくださいました……。
 暖かくて、柔らかくて……なんだかいい匂いで……。
 この方が、私の名前をその唇から奏でてくれるだけで、私の心は安らぎで満たされていく……。
 その一言は、まるで光も届かぬ深い森の中、闇に惑う私に、道を照らす光を差し込んでくれた天使みたいでした……。
 私が豊姫様の温もりに安堵していると、その美しいお声は、おっとりと、それでいて優しく、私にひとつの提案を下さいました。


「分かったわ。ふたりでもう少し、貴女の記録を探してみましょう。
 もしかしたら、『レイセン』のまま残っている記録もあるかもしれないしね!」

「はい!」

「もしひとつも見つからなかったら、きっと勘違いは私たちの記憶の方だったって、そう証明してくれるはずだしね!」

「はい?」








 

みょんミア10

六、策謀は恋色遊戯らぶげーむの中に?





















「ふふんっ、どう? この特別製の結界は! あんたなんかのへなちょこ攻撃じゃ、打ち破れないわよっ!」


 博麗の巫女は言う。
 幾多もの使い魔からの猛攻を受け、それでも尚ものともしない光の柱、その中心で印を組みながら。
 猛攻を指揮する使い魔の主、月の頭脳とまで謳われる賢人へ向け、堅牢なる結界術を誇るよう口ずさむ。
 けれども結界の向こう側に居る使い魔の主はただただ黙した。
 幾多の兵たちが果てる姿を眺めながらも退くことは選ばず、己がしもべらを戦地へと送り続けるばかりであった。


「はあ……」(CV:子○武人)


 私―――西行寺幽々子♂は、巫女と共にその無敵の光の柱の中に守られたまま、結界の作り手に目を向けることもせず、
 腰を下ろしては結界の向こう側の風景を眺め、退屈なため息を吐かずにはいられなかった。
 いと恨めしきは蓬莱バニー。私の怨念を知ってか知らずか、その長手袋に包まれたままの指でメガネの位置を直しながら、使い魔の使役に尽力していた。


 今の状況を簡潔にまとめてみる。
 私は男になって博麗の巫女共々巫女の結界に閉じ込められている。なるほど、わからん!

 はぁ……これというものすべて、目の前で扇情的なわがままボディを見せつけている、あのバニーガール姿の薬師さんのせいである……。
 あの蓬莱バニーが自らの使い魔を駆使して総攻撃を仕掛けてきた際、この巫女が発動した結界になぜか私までついでに閉じ込められてしまったのだ……。
 簡単に言うとそんなところだけど……ねえ巫女さん、あちらさんの目的は妖夢とルーミアちゃんなのよ?
 だから、私なんか放っておいてくれて良いのに……。
 なんて、途中参加で事情も分からぬ博麗の巫女さんにそこまでを求めるのは酷な話だったかしら……?


「か、勘違いしてよね! べ、別にあんたのためなんだからね!」

「あー、うん分かった。絶対勘違いしないわ。全ッ然私のためじゃないしね」(CV:子○武人)


 いやそんなことはなかった。



 結界の外の様子は相変わらず、代わり映えのないものであった。

 巫女が創り給うた聖なる塔を取り囲むように、大量の光の玉たちが舞い踊っている。
 それはただ漫然と戯れているのではなく、博麗が作り出した強固なる城壁を攻略せんと、
 蓬莱バニーの使い魔たちが弾幕を浴びせ、時には自らの体をぶつけ、己が身を削る決死の総攻撃を加え続けていたのだった。

 それでも結界はびくともしない。
 邪なる者の侵入を決して許さぬ聖なる塔は、何人なんぴとの侵入も許さず、中に居る一組の男女を堅固に守護し続け、
 攻め入らんとする使い魔らの方こそがその力を消耗させ、打ち果てていった……。


 博麗の力は圧倒的だった。
 その筋に詳しくない私でも、結界の神聖な波動を肌で感じ、生半可な対処では内側からも破る事すら叶わないということを理解していた。
 使い手が物凄く神聖じゃないのに、使う技がこれほど神聖とは、世の中なんか間違ってると思わざるを得ない。

 結局、何もできない私には、結界の外の風景を眺めることと、逃げて行った妖夢とルーミアちゃんのことを案じるしかできないのだ……。

 その妖夢たちの下へは、回復した紫が追いかけて行った。
 なんか紫的最強カップリングマイ・フェイバリット・ジャスティスの「ゆゆれいむ」とやらと、期待の新星カップリングスーパーノヴァ・ジャスティスの「みょんミア」と、
 どっちを追うかで血反吐を吐きながら頭を抱えて悶えていたアイツを結界の中から眺めていたけど。






 ―― その時の様子。 ――



『ああ〜〜〜〜〜! ゆゆれいむとみょんミア! ゆゆれいむとみょんミア!! どっち行こう! どっち見よう!!?
 なにこれ!? なんでこんなレアなイベントが同じタイミングで別の場所で始まっちゃうわけ!?
 どっちも見たい〜〜〜〜!! 悩む悩む悩む悩げっぶはぁっ!?

『……八雲紫……あなた、また回復しきってないんだから少しは安静にしたどうかしら……? 興奮しすぎは体に毒よ……?』

『これが落ちつてなんかッッ……!!!
 私的最強カップリングマイ・フェイバリット・ジャスティスのゆゆれいむと期待の新星カップリングスーパーノヴァ・ジャスティスのみょんミア!!
 その二択なんて!! どっちも美味し過ぎて、片方だけなんてあんまりぐぺぐぴゃぶはッッ!?

『ほらほら、無理して喋らない。今は安静にして、治すことに専念してねと、お医者様からの忠告よ』

『い、医師としての忠告……ありがと、う……。マイ…スイート、バニー…ちゃ…… ガクッ……



 ・

 ・

 ・

 ・

 ・






 どうやらその聡明かつ賢才な頭脳で熟考した結果(あれはもう熟し過ぎて腐っているとも言える)、選ばれたのは妖夢とルーミアちゃんでした。
 まあ多分マイフェイバリットでも男体化という余計な手が加わったものより、純粋百合百合な妖夢×ルーミアちゃんの方がおいしいと考えたのでしょうね。
 付き合いも長いし、なんとなくあいつの考えたことが分かる。

 あんな規格外に襲われるふたりの様子は気になるけれど……ま、ちょっとの間なら凌げるでしょ……。
 結界に閉じ込められてしまった今の私にできることはなにもなく、はあ(CV:子○武人)、と野太い声でまたため息を吐くしかなかった。


『まったく、八雲紫ときたら……目の前にこんな極上の男の子同士の絡みがあるっていうのにね……。
 妖夢ちゃんたちの方を追っかけていっちゃうなんて、勿体ないことをしたわ……。
 ちょっと素直になれない巫女に扮した男の子と、幽冥楼閣の男主人の絡み……こんな極上のネタを間近で眺められるチャンスだっていうのに……。
 向こうは女の子しかいないっていうのに……。やっぱりかわいい子の方が良いっていうのは、男のさがってやつなのかしらね?』


 ……病気の医者が私たちのことを眺めながらなんかおかしいことを口走ってたのはきっと空耳ね。


「それにしても……」(CV:子○武人)


 圧倒的な博麗の巫女の結界術に対し、蓬莱バニーの取った手は「現状維持」だった。
 同じ攻め方では結界を微塵も傷つけられないと分かっているはずなのに、今もひとり無意味な攻撃を続けている。
 賢人と謳われた御身にはなんとも相応しくない凡手。
 時間と労力の無駄……そうとしか思えない現状の勢力図を目の当たりにしても尚、
 あの蓬莱バニーは、一定のペースを保ちつつ、使い魔たちを死地へと送り続けていた。
 まあ使い魔たちはもともと蓬莱バニーの霊力にて作られた存在なので、彼女ひとりが労力を無駄に費やしているに過ぎないのだけどね。

 とは言えそのせいで淡々と同じ作業のくり返しは辛いものがある。
 特に盛り上がりも盛り下がりもない、平坦な展開がだらだらと。ただ時間ばかりが過ぎ去っていくような、そんなツマラナイ展開。
 男になってしまうという一大イベントを経た今、それ以上の一大イベントを求めるつもりはないけど、
 それでももうちょっと……この「作業」って状態から数ミリくらい動かすような、そんなイベントが起きないものかしら……?
 さっき蓬莱バニーが一旦席外したみたいな、そんな些細な程度で十分だからぁ〜。
 蓬莱バニーが紫に話持ち掛けて、スキマを開いて貰ってどこかにスキマワープして、その後カバン持って戻ってきたのみたいな、ね。

 それは先ほどの話である。
 カプ論語りに興奮して傷口開いた紫のために、蓬莱バニーが回復補助と滋養強壮のために薬を持ってきたのよね。
 どうにも蓬莱バニーは、紫にバニースーツに着替えさえられた際、私服の時に身につけていた道具を全部剥がされてしまったらしくて、
 なので多分自宅の永遠亭にでも繋げてもらい、薬などの補充をしてきたのだと思う。

 ちなみに紫は薬を飲んだらすぐに「元気100倍紫蘇パンマン!」と、謎のまずそうな創作パンを模したヒーローごっこをしてからすぐに妖夢たちを追ってった。
 飲んですぐ元気いっぱいになったところをみると、やはりあの蓬莱バニーの腕は確からしい。まあ幽霊を男に性転換するくらいだしね。
 もしくは、戻ってくる前にはもう、紫自身の治癒力でほぼ体の治癒は終わっていただけかもしれないけど。
 どこかで寄り道でもしてたのか、あのバニー、戻ってくるまでそこそこ時間が掛かっていたし……。

 そこそこ時間を掛けながらも、退席中も使い魔たちの布陣はしっかり攻撃を続けていた。
 事前に使い魔に行動をプログラムして、オートマチックで行動させたのでしょう。
 そのくらいコントロールしてみせる力はさすがと感心したけれど、
 結局退席中も戻ってきても、使い魔たちのやってることはずっと同じだったから、盛り上がったのは感心した最初だけだったけど……。

 紫はもう行ってしまったから、同じことはできないけど、ほんとその程度でいいから、ね! ね!
 それほどまでに、今の私は刺激に飢えていた。
 眺めているしかできない身にここまでノーイベント拮抗状態が続くのは、ほんとさすがに苦痛なのよ……。
 退屈を拗らせて死んでしまいそうだわ。もう死んでるけど。
 あ〜……もうなんでもいいから、なんかイベントが起こらないかしら……。


『按配はどうだい、八意殿?』


 と、私が何度目になるか分からぬため息を吐こうした瞬間……! 奇跡的にも私の願いは天に届いたらしい!
 結界の向こう側から発せられた蓬莱バニーに語り掛ける声が聞こえたの!
 その一言は、まるで光も届かぬ深い森の中、空腹に悩まされる私に、腹を膨らますごはんを差し入れてくれた天使みたいでした!
 念願のイベント発生に私の心は期待で満ちて、思わずはしたなく、声が聞こえた方にがっつり食いついた。


『あらあなた、封印、解けたのね』

『ああ、お陰様でね』


 結界の向こう側の風景に現れた人影の正体は……。
 ここは、"新たに現れた"という部分に関して"再び戻ってきた"という形に訂正させて頂くわ。
 その人影の正体は、紫の従える一番の従者の姿。博麗が巫女の結界にて、また別個に封印されていたはずの九尾の彼女だった。


『あら? 私は別に何もしてなくてよ』

『時間を稼いでくれただろう? 十分だったさ、それで。
 これでも立場上、結界は普段から扱っているからね。時間があればそれなりに結界をほどくことだってできるのさ。
 もっとも、簡易なものだったからこそ内側から破れた、とも言えるがね』


 肩の凝りでもほぐすよう首を回す仕草をし、簡単に言ってのける九尾の彼女。結界を、それも内側から破るなんて、言うほど楽なことではないでしょうに。
 そういえば、彼女も普段から紫の仕事の手伝いとして、幻想郷を覆う結界の修理を行っている身の上。
 口にしていた通り、簡易な結界くらいなら内側からでも解ける知識を備えていた、ということかしらね。
 ……まあそうでなくても、彼女の場合本来の九尾の狐としての強大な妖力ちからで、無理矢理こじ開けただけかもしれないけれど。


『それに本命はこの結界だったみたいだしね……。
 なるほど、私を少しの間足を止めし、その間に本命のこの結界を張る……なかなかどうして、好手じゃないか』


 一方、戦線復帰を果たした九尾の狐は、巫女の戦術をしたたかに分析を始めていた。
 興味本位か、私たちを守護かんきんする結界を、さも品定めするように手で触れようとして……
 触れた一瞬、まるで静電気が弾けるかの様に、パチリと手を弾かれてしまっていた。
 やはり強力な結界らしい、迂闊に触れば火傷では済まないのだろう……。
 さっき私も触っちゃったけど……内側から触る分には問題ないってことなのね。あー、よかった……。


『あなたはいいの? ご主人様の元へ行かなくても』


 九尾がしもべは、手を弾かれた後も何食わぬ顔で結界の観察を続けていた。まるで子供が露店のおもちゃを興味津々に眺めるように、
 そこを、いまだミッション継続中の蓬莱バニーは問いかけた。
 そう、蓬莱バニーだけではなく、彼女の主である紫も今はミッション継続中の身。
 戦線復帰できたというなら、主の下へ支援しに参じるのが務めではないか、という当たり前の疑問をぶつけたのだろう。
 しかし九尾の彼女は、サボりを上司に見つかったどこぞの死神みたく慌てる様子もなく、駆けつけずとも大丈夫だという旨を答えた。
 なんせあの八雲紫だからね、と自らの主を誇るように。


『ま、私なりに、ここに残るのも命令の一環と考えてね』

『あらあら……見張りのつもりかしら?』


 穏やかだった空気が、ほんの少し、険悪なものへと変わったかのような感覚に陥る……。
 キツネの微笑みながらの一言に……蓬莱バニーはさもキツネに化かされまいと用心をするような口調で返す。


『ははっ、そんなことはないさ。それとも、なにか後ろめたい事でもあるのかい?』


 それをキツネは穏やかなていのまま受け応えた。
 もし本当に化かすつもりなら、キツネの演技力としては超一流であろう。そのくらい他意はないのだと感じ取れた。
 どちらなのか推し量れぬその真意は別として……。

 微笑みながら問い掛ける九尾の言葉に……蓬莱バニーも同じくふふっと笑って返すだけ。
 だけれどその表情かおはキツネのそれとは打って変わり、穏やかな胸中を表したそれではない……単なる愛想笑いということはすぐにわかった。
 見た目こそ穏やかで優しい微笑みだったけれど……その胸中はまるで逆。
 といっても焦りや苛立ちなどの負の感情を押し殺したものというよりは……なにも感じていない、渇いたモノのように思えた。

 ……我ながら、その辺を見抜くのは手馴れているつもりである。
 その様子に……つい、はあ(CV:子○武人)とまた野太い声でのため息をこぼしてしまった。


『ま、私にも私の都合があってね。こちらの協力をさせてもらうよ。素敵なうさ耳のレディ』


 ……そういえばあのおキツネちゃん、紫のせいでケモ耳趣味持ってたっけ……。
 あの子の言う「都合」って、企みとかじゃなくて完全に自分の趣味なんじゃないの……?
 結界に次いで、蓬莱バニーの頭に備え付けられているうさ耳までにこにこと品定めを始める金毛九尾の姿に、疑い眼差しを向けずにいられなかった。


『ありがたいもう申し出だけれども、心配も援護も無用よ』

『そうかい? 結界に封じられながらもこちらの様子は見させて頂いたつもりだが、貴方の攻め方では、到底この結界は壊せそうも……』

『いいのよ、これで』

『ふむ』


 なにか考えがあるのだね、と呟くのを最後に、九尾の彼女はそれ以上同盟相手へ干渉することを控えた。
 ……とぼけているのか、それとも素で分かってないのか、もしくはどうでもいいのか……。
 なにを考えているのだか曖昧で、それでいて穏やかさと爽やかさを共に備えた表情のまま、
 博麗の結界とうさ耳を交互に眺めては、復帰した戦線を傍観に徹して過ごすようだった。


「考え……ね」(CV:子○武人)


 本当に分かっていないのなら、あの九尾よりも私の方が知略に優れているということになるのかしら?
 ……まあ、あの子の頭脳と計算力をもってすれば、既に理解して、その上での傍観なのだとは思うけどね。妖夢と違って。
 (それにあの子あの子って目下扱いしてるけど、私なんかより断然年上だろうし)


 キツネの胸中は存ぜずとも、私の方はもう、あの蓬莱バニーの策を既に大方は理解しているつもりではいた。
 ほんっと……したたかってヤツよね……。

 おかしいと思ったのだ。
 月の頭脳と言われるほどの智者が、あの場面で博麗の巫女さんに向けて攻撃を集中させる理由はない。
 もし私があっちの立場だったなら、強力な巫女は無視し、目的の妖夢とルーミアちゃんに向けてだけ手を下す。
 なんせあの巫女は、異変でも起きるか、自分が巻き込まれでもしない限り、なにもしないようなタイプだもの。
 無視すればそれで済む話。
 にもかかわらず、あの場面で巫女を狙う一手を選んだ理由……。
 この結界を破る気も感じさせない、ただ惰性的に続ける攻撃を見て、理解したわよ……。

 蓬莱バニーの目的……それは、この私自身の足止め。
 私―――西行寺幽々子の、結界への監禁そのものが目的に他ならない。

 巫女の気持ちを利用して、私諸共閉じ込めることは瞬時に計算したのだろう。
 それでも本意は、巫女に扮した男子と幽冥楼閣の男主人との身分違いの色恋沙汰を堪能するためなんかじゃない。
 そんな遊び心、この期に及んであの蓬莱バニーが見せるとは思わない。
 ……まあさっきの病気な発言もブラフのためのパフォーマンスとも思わないから、ついでに堪能するくらいは考えてたかもしれないわね……。


 重ねて言うけれど、彼女の目的は妖夢かルーミアちゃんのご懐妊。
 だからあのバニーガールがこの場に留まる理由はない。
 だけど……彼女が意味のない攻撃を続けている内は、私はこの博麗の結界に守らとじこめられ続けることになる。
 狙いはそこ。

 なんせ私なら……この幻想郷最高峰の頭脳同士が手を組んだ絶望的な状況においても、なんとかする手段を持ち備えているのだから。

 正しく言えば、「紫の方をなんとかできる手段」を持っている。
 私は、そりゃ紫ほど賢い訳じゃないけれど(あれは賢すぎて1周どころか10周回って思考が異次元に迷い込んでるけど)、しかし勝手知ったる旧知の仲。
 紫の弱点から、どうやって説得すれば籠絡できるかまで、おおよそは把握している。
 なにより紫自身がそこを直そうと思ってさえいないから、恐らく確実に成功する。
 なんせ紫は私に惚れている……らしい、から。
 ああああそのへんは考えたくない、かんがえたくないでござる! あばばばさぶいぼがががががが……!!!


 ……んっ、ごほん……! モノローグとはいえ取り乱して失礼……。
 つまりは、私は紫に対する最強の対抗策と成り得る存在だった。
 紫だけならなんとかできる。既になんとかする算段は整っていた。 
 ……月の頭脳はそれに気づいていたのだろう。
 だからこの結界に閉じ込められてしまった今、私がどんな手段を持ち備えようとも、そのカードは封殺されてしまった……。

 紫という強力な対抗勢力を、逆に上手く抱き込むことに成功した今、その同盟を内側から崩壊させかねない私という存在を封印するための一手……。
 私の考えの、更に先を見据えて打たれた先手……。
 あの蓬莱バニーの思考は、果たして紫が回復したら即あっちに向かうところまで計算に入れていたのか……なかなかどうして、したたかである。

 ああもうっ! だ! か! ら! 私を助けなさいよと命じたのに、あのみょん子はぁ〜〜っ!


 はあ……妖夢に苛立っても今更仕方がないか。
 困るのはあの子本人だし……あの子が困るのはまあいいけどルーミアちゃんが困るのは私が困るからやっぱだめだね。

 向こうの方が早く、そして一枚上手だっただけのこと……。
 紛うこと無く、自身の目的のための、最良の、最善の策を選んだだけ……。
 目的に対し完全過ぎて、完璧過ぎて……ああもうっ、


「……だから蓬莱人ってヤツは……あいつは、嫌いだわ……」(CV:子○武人)


 小声とはいえ、つい声に出してしまう。
 それほどに、憤りを覚えていたらしい。………………らしくない。
 こぼれた独り言に、博麗の巫女さんが「今なにか私に愛の囁きでもくれた、ダーリン?」と、なんかよくわからない日本語と外来語をはべらせていたけれど、
 私は適当な返事で誤魔化しておくのだった。



 紫は……あいつはいい。
 あいつは「遊ぶ」。
 相手との実力差があれば、対等に物事を運ぶために遊びを挟み込むような奴だ。

 だからどんな相手にも勝つ余地を与えるし、相手の気力をも折らないようギリギリのラインを計算し勝負を楽しむ。
 紫自身、そうやって相手に勝ちの目を与えることで、勝ち負け以上に楽しむことに重きを置いている。
 スペルカードルールの理念を、素で行うような性格だ。ゆえにスペルカードルールへの信仰も厚い。

 ……まあ、力の桁が大き過ぎるせいで、微調整をミスることはザラにあるけどね……。万や億から比べたら10も100も大差ないみたいな。私もたまにやる。
 それでも、相手に1:9だろうと勝ちの目は残しておくようなヤツだ。完封するくらいなら負けを選ぶ。
 だけど紫よりも強い存在なんてザラにはいないほど反則的な実力者なものだから……だからこそ、なのよね……。

 ……舐めているわけでも、ふざけているわけでもない。
 これは、強すぎる力を持つがゆえの苦悩そのもの……。
 持たざるものに悩みがあるように、持ち過ぎる者も、また往々に悩みを抱えているもの。
 圧倒的過ぎる実力差は、退屈という死に至る病を患わせる。
 体ではない、心の死病……。
 妖怪とは精神的な生き物で……精神が死ぬことが、妖怪の死……。それは紫ほどの大妖怪であっても変わりはない。

 なら退屈しかない人生とは。
 なにもない生とは。
 果たして「生きている」と思えるのだろうか……?

 ねえ例えば……確実に相手を死に至らしめられる力を持ってしまったワタシは、アタリマエの勝利さぎょうを誉れることができるのかしら……?

 アタリマエは精神ようかい死病たいくつ
 だからこそ自らに制限を掛け、負けの目を残しておくのだ……。
 楽しむために。
 "生きる"ために。
 ……こんな強者の理屈、なかなか理解に難しいものとは思うけどね……。


 だから私は、アレがわからない。
 あの蓬莱人には……容赦がない。
 目的さえ果たせれば、自分以外の誰が手を下そうとも、こだわりさえ感じていない。

 この一件、今でこそ紫が前線に出て猛威を振るっているだろうため、一見紫こそがラスボスの様な錯覚を覚えるが……実は違う。
 真に討ち果たすべきは、この蓬莱人。

 真に目的を果たそうとするならば、自らは直接戦線には参加せず、全体の状況を俯瞰し戦況をコントロールする役に徹する者こそが主要。
 百足が頭を潰さない限り動き続けるように、いくら最前線を勝ち抜いたところで、本陣の大将の首を討ち取らなければ勝ち戦にはならないように……。
 これは……表面的ないくさではないのだ。

 幾重にも張り巡らされた策謀、布石、伏線、その上に放たれるたったの一手……。
 その一手を凌げるかどうかが、この勝負の分かれ目なのだ……。
 あの蓬莱人が自ら動く時は……最後の最後、その肝心要の一手を逃さず的確に打ちに行く時だろう……。

 確かに、私という紫への切り札を封じられたのは痛手だったかもしれない……。
 だけど考え方によっては、私が繋ぎ止められたという痛手と同じくらい、この蓬莱バニーを繋ぎ止めている現状は、好手とも考えられる状況でもあった。
 それほどまでに、だ……。
 この女の持つ底知れぬ目的意識は……。


 紫と同じかそれ以上の力を持ちながら、まるで自らの生きるたのしむことを捨てて、何かの贄となることを望み、そう生きているかのよう……。
 死なぬ身の上で、生きることを放棄し、人形からっぽに殉じる人生えいえんを受け入れた、狂気にも等しい執念。

 生きているくせに……この、贅沢者め……。

 だからアイツは………………嫌いだ。












「ふっふふ〜ん♪ どうしたのそこの赤青ハーフ&ハーフバニーガール。このままじゃあジリ貧よ〜?」


 博麗の巫女さんは相も変わらず結界の中で自慢げに印を組み続けていた。
 まあ緩むことを知らない結界への攻撃を、微塵も揺らぐことなく凌ぎ続けているのだから、少しは得意になってもしようがない。
 ……もっとも、蓬莱バニーからしてみると、いっそ緩めた状態が今なのだろうけどね。

 使い魔どもはほどほどに弾幕を撒き続け、また自ら結界に体当たりして役目を果たした者が出れば、ほどほどのタイミングでほどほどに補充される。
 賭けに出て一気に攻め入る様子も当然ながら見せることもない。
 ひたすら同じことが繰り返されるだけの、完全な持久戦の構え。
 うん、飽きる。

 巫女は相手の思惑通り動いているとも気づかず、今も結界を維持するための霊力を注ぎ込んでいるのだろう。まったく、余計なことこの上なしである。


「ま、あんたが持久戦狙ってるのは分かってるわよ。どうせ私が疲れて結界が衰えるのを待ってる、ってとこじゃないの?」


 あら? さすがは博麗を継ぐ者と言ったところかしら、彼女なりに手加減を察して、蓬莱バニーの戦略の片鱗くらいは掴んでいたようね。
 しかし行き着いた解釈は私とはまるで別の解。だからあなたはあほなのだ。


「でも残念ね。この結界、維持するのはそんなに大変じゃないからね、私の方はまだまだ……数十分だって、数時間だって行けるわっ!」


 まだまだ掛かるんかい!
 その発言で焦りを覚えたのは、どちらかと言えば守られている私の方だった。
 読みを間違っている上に、むしろ蓬莱バニーとしては喜ばしい知らせよ、それ!?

 ったく〜、普段怠け癖の強い博麗の巫女が、こんな時だけなんでやる気に満ち満ちているのよ……。
 勘の良いという博麗の巫女様なら、自分が利用されていることくらい簡単に見破ってくれそうなものだけど……


「でも私……あなたと一緒なら……何日だって行けちゃうわ……

「数日間監禁とかやめて!? なによりごはんが食べたい!」(CV:子○武人)


 はあ……これよこれ……。
 この巫女さん、むしろ勘が冴えているからこそ、無意識に気づかぬようにしているのよね、多分……。
 認めたくないのだけども、この巫女さんの目的は……………………私なのだ……。
 一緒に閉じ込められたウホッ……いい男、と一緒にいることなのよね……。まあ自分でウホッ……いい男って言うのもなんだけどさ。嬉しくないわよ!

 ある意味で、もうひとつの同盟締結とでもいうのだろうか。
 蓬莱バニーは攻撃を演じて私を閉じ込め続け、巫女は守るアピールを続けて私を束縛し続ける。
 完全な利害の一致の上、暗黙の内に築かれた第2の同盟……迷惑なことこの上ない。

 いい加減出てなんとかしないと、紫に襲われているふたりの身もさすがに危ない頃合いだろう……。
 いくら紫が「遊ぶ」だろうとしても、いい加減早く駆けつけないと、そんなに粘れるものじゃない。あんなの相手にしてたら気が狂いそうになる。
 なにより、ルーミアちゃんの身になにかあったらどうしてくれるのか。お姉ちゃんは許しませんよ、ぷんぷん。今お兄ちゃんだけど。


『さすがね。この力……幻想郷の守護者という立場は伊達ではないということね』


 黙っているのも疑われると思ったのか、蓬莱バニーが結界越しに語りかけてきた。
 破るつもりもないくせに、白々しいったらありゃしない……。


「そりゃあね! この結界は生半可な結界じゃないわよっ!
 博麗の血を触媒に、博麗の巫女に潜在する力を、そのまま宿して結界に投影する特別製! 普段扱ってるごっこ遊びの結界とは訳が違うのよっ!!」


 白々しさにも気づかぬ様子のまま、得意気にご高説する博麗の巫女。
 というかこの結界、妖夢が言うにはこっちからの声は聞こえないらしいけれど、
 結界の作り主ならこちらからの声が届いていないということを知っていそうなものなのに、な〜んで答えているんだか……。


『へえ……博麗の力をそのまま宿す結界なんて、これは相当強固な結界と見受けた方が良さそうね』

「あれ!? 聞こえてる!?」(CV:子○武人)


 聞こえていないはずの言葉に、あっさり返答を返してしまった蓬莱バニーにゆゆちゃん大仰天!
 さっき妖夢が聞こえないって言ってたけど、なに、あの子ひょっとしてウソ吐いた? 私をいじめるつもりだったの?
 そりゃ普段から横暴に使いっ走らせてるけどさ、その仕返しっていうの!? アベンジャー・ヨウム!? ええい、そんなに私をいじめて楽しいか!
 ただでさえ昨日命からがら紫のスキマから戻ってきた途端、今日のおやつはぬきとかひどいこと言ってきたのに!
 (その辺は無理矢理説得した。ルーミアちゃんをダシに使って。今日のおまんじゅうおいしかったですっ!)


『あ、聞こえてはいないわ。ただの読唇術よ。口の動きで、なにを言ってるか判断してるだけだから』


 あらまあ、器用なことで。本当になんでも出来るのね、あの蓬莱バニー……。


『まあそうだな。ちなみに、私も読唇術でお二方の言ってることは大体分かるよ』


 続けて傍観していた九尾の彼女もさらっと言ってのける。なんなのあのふたり、器用さ溢れすぎ。


「へえ……なら話が早いわね。言った通りよ、これは博麗の血を使った言わば生きた結界!
 そんじょそこらのヘナチョコ攻撃じゃ、どんなに束になっても絶〜〜〜対打ち破れないわ!
 なんせいちいち親指の腹を噛み切って、血を触媒にしなきゃ使えないからねっ!」


 それはさっき聞いた! と心の中で巫女へ向けて野太い声のツッコミを入れた。
 っていうか博麗の巫女さんって普段こんな力を誇示するようなことをする性格じゃなかったはずなんだけどなあ……何か悪いものでも食べたのかしら……?


「……ど、どう? どう? 私……貴方の瞳に素敵に映ってるかな……? えへっ……////)ボソ…ボソ…」


 その自慢って私に対するアピールだったのねーーーーっっ!? いらんーーーーーっ!


『ふむ、確かにね。ただの結界にはない何か特別な力が脈動しているのを感じるよ。
 それにこの波動……博麗大結界のそれと似たような気質を感じる……。
 結界としての役割は違えど、劣らぬ強い波動を感じるよ……』

「でしょ! でしょ///D/)ヾ チラッ チラッ」


 唯一、九尾の彼女だけは巫女の自慢話に真面目に付き合っていた。(一方私はその目配せに付き合う気はない)
 普段結界を扱う仕事に携わっているだけに、彼女にとっては興味の深い話題なのかもしれないわね。
 巫女の説明を、うんうんと頷いては、感心するように眺めていた。

 博麗の血を直接触媒にすることで、幻想郷を支える結界のひとつ「博麗大結界」に匹敵する力を、擬似的に発揮する……ねえ……。
 なるほど、その特別製を女子力アピールに利用するには超・明らかにもったいないくらい強力な結界だわ……。
 解説補助のお狐様も、普段から仕事で結界を扱っている者なだけに、余計その信憑性も高かった……。


「そうじゃなきゃ困るわよ! これ案外不便なのよ!?
 噛み切った親指が治るまで物持つ度に指痛いし、物ひとつ持つのも気つかわなきゃならなくなるし!」

「あー、やっぱり不便なんだ、親指の腹切るのって」(CV:子○武人)


 よく漫画(紫から借りた)とかでも見るけど、やっぱ事後は気つかうんだ、あれ。
 まあ指の腹噛むってだけでも痛いしね、物掴んだりする時とか傷に当たって結構不便そうよねぇ……。


「でも……あなたのためなら……私、こんな痛み……全然平気……////)キュキュンッ


 やめて、見ないで、色目使わないで。
 私が知りたいのは そういう女子力アピールじゃなくて脱出方法なの。

 あーもー……自慢話なんかどうでもいいから、ほんとどうやって抜け出るかって事が知りたいって言うのに……。
 それがなに? 特別製ですって?
 博麗の血を媒体に、生きた結界に仕立て上げて?
 んで、博麗大結界に劣らず強力な霊力って……なによ、想像より全然悪い状況だったんじゃない……。

 思わずげんなり頭を抱える。
 そして何度目になるかわからないため息を、また野太く吐いた。
 もう、こんなの一体、どうやって打ち破れって言……―――


「―――……あ……れ?」(CV:子○武人)


 ちょっと、待って。

 ふと、今の解説の中に気になるワードが混入されていたことに気づく。
 もしそれが本当なら……―――ひとつ……思い当たる方法が、閃いた。
 できるかなあ……?
 ……まあ、このまま何もしないよりはマシか。そろそろ向かってやらないと、妖夢たちも危ないし。なにより退屈でおなかが空きそうだったし。


「ふっふふ〜んっ! 分かったでしょ、赤青ハーフ&ハーフのバニー! もっと気合い入れて攻めないと、生半可な弾幕じゃあ壊せないわよっ!!
 だからも〜っと強力な弾幕よこしなさいな!
 そしてそれを防ぐ私のカッコいいところを、この素敵な殿方にもっとも〜〜っと見せてあげるの……♥♥♥ きゅんっ


 巫女の戯言をいっしょうけんめい聞き流しながら、まあ気持ちダメ元で―――まずは立ち上がる。
 そうして、おもむろに右手に妖力を……集中……。
 目を瞑り、息をひとつ、大きく吸って………………せーのっ、


「んんんんんんんんんん……!」(CV:子○武人)

「……ん? どうかしたのダーリン?」

「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーっっっ!!!!」(CV:子○武人)

「え!? な、なに!? なにっ!?」


 吐き出すと共に、声をあげて気合いを込める。
 その気合いは雄々しくてたくましくて、こんな気合いを入れる私は、きっとすごい漢なのだと感じました。


「ど、どうしたの、マイダーリン……?」


 思わず動揺を隠せない博麗の巫女さん。
 そりゃあすぐ隣にいるいい男が、いきなり説明なく気合い十分に叫び始めりゃ、驚くのも無理もないでしょうが、気になどしない。
 特にいつの間にか固定されてる呼び名なんか絶対に気にしない。気にしてやんない、絶対に。

 そのまま博麗が結界を見据えて……へえ、動揺は見せてるけど、それでも結界に緩んだりはしないのね。さすがというかなんと言いますか。
 構わない、準備はもう終わっているわ。
 拳には十分な妖力が集まった。
 そして妖力を存分に込めたその拳を、男らしく豪快に振りかぶってぇぇぇ―――


「はあぁぁぁぁあああああぁぁぁあああああああっっっ!!!!! ぶぅぅぅっっっっ壊れろおおおおおおおおッッッッッ!!!」(CV:子○武人)


 そのままッ!!


 殴りッ!!!


 抜っ・けっ・るぅぅぅぅッッッッッッッ!!!!!












    \ ぱりーん! /












「あれーーーー!? 割れたーーーーーっ!?」


 あ、上手くいった。やったーー。

 集めた妖力を、拳ごと結界に叩きつけると、思惑通り、結界はまるでガラスように脆く粉砕されたのだった!
 まあ普段殴り慣れてないからって、結界に当たる前に腕が伸びきってしまって、
 それでも届かせようと無理矢理前にのめったから、右足が情けなくぴょこんと上に跳ね上がっちゃって、
 なんかもう豪快で男らしいとかそういうのとは全然掛け離れちゃってたけど、
 私の思惑は結界が割れるか割れないかのみへ言及だけだったので、これもしっかり思惑通りなのだ。えっへん。


「な、なんで……!? 特別製の、博麗の血の……生きた結界が……こんな、あっさり……」


 いや、生きた結界とか言っていたから、結界に流れる血液の方―――すなわち"生きた部分"に向け、私の「死を操る能力」を思いっきりぶつけただけ。
 そしたら案の定、主柱たる「博麗の血」をうしなった結界は脆くも崩壊。
 期待はしてなかったけど、あんなにビクともしなかった結界が、まるでサクサクのもなかの皮みたいに、それはもうとてつもなく呆気なく。

 やばい、多分私、生まれて初めて自分の能力に感謝してる!
 私の中の疎ましい力に感謝する日が来るなんて、長生き(?)はするものね!
 生きているなら、神様だって殺してみせる!
 ……いや実際に神様殺そうと思ったら信仰している人間妖怪全部皆殺しにして信仰力を枯渇させる必要があるんだけど、
 労力に対してリターンが全っ然見合わないし、さすがに紫もめちゃくちゃ怒るからやらないけどね。

 ちなみに、ぶっちゃけ殴る必要はなかったりする。「死」の妖力をぽぽぽぽーんって飛ばせばいいだけだったし。
 だけどね! 男だったら! 殴ってぶつけた方がカッコいいじゃない!
 ……ああ、普段と違う私、素敵……。


 おっと、テンション上がって自分に酔ってる場合じゃないわよ私!
 結界壊して完結、よっしゃあああッッTHE ENDォオ!!じゃなくて、妖夢とルーミアちゃんを助けに行くのが本番よ! ほら、急いで足を動かす!
 どこに行ったかは分からないけれど……ひとまず妖夢とルーミアちゃんが愛の逃避行をした方角へ向かいますか。

 紫のやつ、一体どこに……と、ごちようかと思った矢先、妖夢たちの居そうな心当たりが思いのほかすぐに見つかった。
 見つけた、というか……玄関前の空だけが、なんか夜になっていた。
 なにがあってああなったか知らないけれど、昼と夜の境界を操るなんて芸当紫にしかできないし、操る理由もルーミアちゃん関係だろうと予想はついた。
 つまり、妖夢も紫もルーミアちゃんも、あそこにいるに違いない……!

 期せずして向かうべき先を理解した私は、出せるだけの全速力で思いっきり、ふわふわと走った!
 ……男になったからって運動神経がよくなる訳じゃないのね……。それでも女の時よりはちょっと速いけど、気持ち程度。


「そんな……私の、特別製の結界を、簡単に壊してのけるなんて……」


 博麗の巫女さんは、どうやらよほど自信があったのかしら、ただ茫然と膝をついて崩れ落ちていた。
 まあ、無理もないわね……幻想郷を支える大結界と同等とまで評された特製超結界を、
 いとも容易く叩いて砕いてしまったのだから……。(※実際には「叩く」は役に立ってません)
 本当、すごく強かったわよ……ただ相性が最悪に悪かっただけ。


「私の結界を……砕くだ、なんて……………………なんてたくましい殿方なのかしら…………ぽっ


 ……おいやめろ、その擬声語オノマトペやめろ。


「そんな素敵な殿方との出会いですもの! この出会いは神の啓示よねっ! 早くあの素敵な殿方を追わなくちゃ


 ぎゃー!? 追ってきたー! なんかよく分からない理屈掲げて追ってきたーーー!!?
 挫けてリタイアしたかに思われた巫女が、そんなこと全然なく、目をハートにして追っかけてきたーー!!


「待って〜〜〜 名も知らぬ素敵な殿方〜〜〜〜♥♥♥♥

「お、お断りしますー!」(CV:子○武人)

「そんなぁ、つれないこと言わないで、マイダ〜リン〜♥♥


 逃げた。必死に。
 男の体になってるお陰いつもよりは早く走れている気はするけど、それでもあっちの方が早い!
 や、やばい……このままでは追いつかれるっ……!!?!
 背後から近寄る言い知れぬ恐怖から必死で逃れようと足掻いていたその時。


「おっと、申し訳ないが霊夢殿……少し私に付き合ってくれないか?」

「……っ! 藍……あんた!?」


 今まで傍観に徹していた九尾の式が、私と巫女の間に割って入るように躍り出てきた。
 行く手を遮られた博麗の巫女さんは、行く手を阻む式に、当然のように不満をぶつける。


「ちょっと! 邪魔よ! 私にはあの素敵な殿方を追わないといけないって言う素敵な使命が……


 ないから!


「ああ、申し訳ないが、その通り邪魔をさせて貰いに来たよ」

「はぁっ!?」

「へ?」(CV:子○武人)


 悪びれる様子もなく、しれっと言ってのける。
 ほんと、あの九尾の式らしくあっさりと。
 あまりにあっさり過ぎて、私自身もとぼけた声を漏らして動きを止めてしまうほどだった。


「あー……あんたへの命令って、確か半レズ……妖夢とルーミアの事を捕まえろ、って命令だったんじゃなかったっけ?」


 2、3回指で自分の頭を軽く小突いてから、ひとまず邪魔された憤りを抑え込み、嗜めるように確認をしてくる巫女。
 その際、妖夢のことをあだ名(?)から言い直していたのは、そのあだ名が周知のものではないと把握しているからであろう。
 その辺のコミュニケーション力にさり気なく気が回ってるのね、あの巫女さん……。


「なんだい。興味無さそうな素振りしておいて、よく聞いているじゃないか。その通りだよ」

「どーでもいーでしょそんなの。良いから、とっととどきなさいよ。
 あんたはあんたに出された命令を果たしなさいな、私は私の運命デスティニーを果たすから」


 運命デスティニーってなによ運命デスティニーって、幻想ファンタジー妄想デリュージョンの間違いでしょ!?


「だから、さ。私は紫様の命を果たしに来た。故にここに割って入った」

「……はぁ〜? だーかーらーっ! だったら尚更あんたはに関係な―――」

「その後、紫様が共に攻撃に加われと付け加えていただろう?」


 既に苛立ちが目に見えて零れ落ちていた博麗の巫女に、九尾の従者は穏やかな表情も変えることなく言葉を重ねた。
 瞬間、巫女より表情が消える。
 そのまま言葉を失って、押し黙る。
 顔つきから、持ち前の勘の良さが何かを察したのだと感じた。
 適当にあしらう態度から改めて、苦々しい表情を浮かべながら、巫女は九尾の従者に向き合っていた。


「……で? じゃあ私関係ないじゃない」

「ところがそうはいかない。なにせその時君は、私と、八意殿の使い魔に対し攻撃を加えただろう?
 立派な敵対分子……妖夢殿らを守るそちら側の人間、と判断させて頂いた……。故に、貴女はもう無関係ではない……。
 それに今だって、八意殿の攻撃を君が結界で凌いでいた……なら、"共に攻撃に加わる"のは命令通りじゃあないか」


 ということはつまり……。
 博麗の巫女も、紫の指定した攻撃対象として認識したと、九尾の式は告げているのだ……。


「つまり私は、命令に従い君の足止めをするという解釈をした……これで、ご理解できたかな?」

「はぁ〜〜〜〜?」


 何事かと聞きに徹していた博麗の巫女であったが、理由を聞くなり、落胆する様子で息を大きく吐いた。
 なんだ、もっとすごい理由が用意されてるかと思ったじゃない。そんな気持ちを、呆れた表情が代弁していた。
 さも期待外れだというように、拍子抜けした様子で言葉を返す。


「なによ屁理屈じゃない。肝心の目的とズレてるでしょ。そのくらいあんたのオツムでも分かりそうなもんじゃない?」

「ああ、屁理屈さ」

「は?」


 だが、更に意外な返答。
 気だるそうに言葉を返していた巫女の顔は、あっさりと認める目の前のキツネの言葉に、キツネにつままれたような顔をして驚きを浮かべた。
 そして続く言葉さえ、このキツネは本当に、悪びれもせずサラッと言ってのけてしまう。


「白状するよ。本音を言うとね、霊夢殿。君にあっさり負けたのが、柄にもなく悔しいだけさ。
 だからこれは……紫様の命にかこつけた、ただの私の意地だ……」

「へぇ……屁理屈もそこまで潔いと、いっそ清々しいじゃない……」

「褒め言葉として受け取っておくよ」


 九尾の式は……命令に忠実で、その際には一切の私情を挟むことなく、使命を果たす忠実な従者だった。
 まるで式の鏡のような……歯車として完璧すぎるまでに完璧な存在で。
 そんな忠実なしもべだったからこそ……時折忘れてしまう。
 彼女にも彼女の意志があり、私情だってある、れっきとした「ひとつ」の存在であるということを……。

 そう、彼女は本当に、本当の目的は……蓬莱バニーの見張りなどではなかったのだ。
 それも確かに意図としてはあったかもしれない、だが本命は「博麗の巫女への雪辱」……!

 命令に従うという体裁は整えてはいるものの、その真意は、彼女自身の意志そのものだった……!


「そんな訳で……悪いが、少し付き合って貰うよ! 霊夢殿っ!!」

「……ほんっと、悪いわよッッ!!!」


 互いに言葉を言い捨て、同時に霊力を、妖力を高め合う。
 避けられぬ戦いということを理解し、避けて通れるほどのぬるさもないと悟って、博麗の巫女も受けて立つ姿勢を取った。


「という訳だ。どうぞ行ってくれたまえ、幽々子殿」


 そんな一触即発のタイミングで、九尾は目配せし、私に言った。
 突然私の方に話を振られ驚きもしたけれど、どうやらついでに私を助けてくれるらしい。
 自らのワガママも通しながら、主の親友への配慮も忘れない。本当によくできた従者。妖夢にも見習って欲しいわ。


「恩に着るわ……!」(CV:子○武人)


 その好意には、素直に甘えさせて頂く。
 私は簡単にお礼を告げてからその場を離れようとする。
 ふふっ、今度お礼に妖夢になんかさせなくちゃ。油揚げどんぶりでも作ってもらえばいいかしら。


「え? ゆ、ゆ……?」


 おや?
 私の名前が呼ばれたことで、博麗の巫女さんもなにかに気づいたよう。
 目を向ければ、集中した霊力に揺らぎを見せながら目をぱちくりさせ始めた。
 ああ、そっか。
 さっきから呼ばれてはいたつもりではあったけど、ここまではっきりと私に向けて「幽々子」の名を告げられた状況は初めて。
 それを目の当たりにしてしまった以上、さすがに聞き逃しもできないわよねー。
 そうよねー、博麗の巫女は勘が良いんだものねー、これでさすがに私の正体に気づいて、私のこと諦めてくれ


「そう……あの殿方、幽々夫くんって言うんだ……。……素敵////)ポッ」(←聞き間違い)


 気づけよ!!!( ノ`□´)ノ ⌒ ┻━━┻


「ほう、博麗の巫女ともなれば油断する余裕もあるとは、うらやましいじゃないか!」

「……ちょっ!!!?!」


 などとあほなやりとりは、融通の利かない九尾の式には絶好の隙として受け取られたらしい。
 己が式神を使役し、弾幕の総攻撃を巫女に向けて集中砲火が放たれる!
 融通の利かない彼女らしい空気の読まなさだ。それが今こんなにも頼もしい!

 だが……徐々に砂煙の晴れゆく集中砲火の中心部に、巫女の体は―――ない!


「不意打ちとは卑怯じゃない。……ってーか、スペルカード戦の立派なルール違反……よッッ!!!」


 何をどうやったのか、いつの間にか九尾の上空背後に回り込んでいた巫女は、そのまま落下の勢いも込めた蹴りで反撃に出る。
 しかし野生の反射神経も負けてはいない!
 その奇襲に対応しきって、難なく蹴り足を手で掴み、巫女の動きを捕えてしまう!


「おや、すまないね。もう開戦の狼煙は上がっているものかと思ったのだがねっ!」


 反撃を防がれ、身動きも封じられて、無言で苦々しく顔をわずかに歪める博麗の巫女。
 そして間髪入れずだった、九尾が自らを包囲させた式神たちに、自身が居るのも構わず弾幕を一斉発射をさせる!
 まったく、無茶をするわ……!

 しかし弾幕が届く寸前、足を掴まれていたはずの巫女の姿は文字通り、消えてしまった!?
 そして一瞬後、遠く離れた位置にすぐさま現れ着地―――いわゆる瞬間移動というヤツ。なるほど、先ほど九尾の彼女の背後を取ったのも同じカラクリね。

 一方、無茶な策も裏目に、ただひとり弾幕の嵐の中に取り残された九尾の従者だったが……そこは慌てることもなく高く飛翔。
 己が配下らの一斉射撃を軽々かわす。当然、間に合うように計算した上での行動だろう。
 だとしても真似したいとは思わない、とてつもなく優れた計算力と身体能力の無茶な合わせ技だもの。

 かくして博麗の巫女対最強の妖獣の、初めっからド派手なクライマックスを迎えた決戦の火ぶたは、ここに切って落とされる!
 私はその様子を瞳に映したのを最後に……戦いより目線を外した。
 幻想郷最上クラスの弾幕が飛び交う音と風圧を背中に感じながら、一直線に妹たちの元へと走るために……!


「ああ!? 待って素敵な殿方! 私を置いていかないで〜〜〜♥♥


 ……今の飛び交う黄色い声は、背中に感じなかったことにしよう。むしろ感じたくなかった……。


「余所見をしている余裕もあるとは、羨ましい限りじゃないかっ!」

「あーーっもうっ! キツネ邪魔ぁーっ!!」

「言ってくれ。こちらと余所見をできるほど余裕の持てる相手とは微塵も思ってないのだからっ!」

「過大評価よ、だから手を抜きなさい! 面倒なんだか……らッッ!!!」


 弾幕を撃ち合い、打撃を浴びせ合い、言葉を交わし合い。背に響き渡る宴の音色のなんと愉快そうなこと。
 それは目を背けているのも惜しいくらいの極上の狂宴だろう。それでも、私は一心不乱に足を前に進めた。
 それよりももっと、もっともーっと大切な、妹の様なあのふたりを助け出すために……!



 九尾の彼女のお陰で、乱入した博麗の巫女という不安要素は解消できた。あとは私が、間に合えば……!

 博麗の巫女のアプローチから逃れ、ほっとしたのも束の間。
 楽観する余裕など、私には……微塵も無かった。

 残る最大の懸念……あの蓬莱バニーが、残っているのだから……!


 最後に見かけたのは、特別製の結界を打ち破る直前だったわ……。
 妖力を拳に集めながら見据えた結界の、その向こう側の風景に映っていた姿が最後。
 そしてその時、あれは……私が右手に力を溜め始めた時には既に移動を始めていた……!

 聡明な頭脳で読み切ったのだろう、私が結界を壊すことを……そしてその先の展開までも……!!
 だからアレはより目的に対して適切な行動を取ったのよ!
 妖夢とルーミアちゃんの元に私が着くよりも早く!
 私が紫を懐柔するよりも先に!
 最後の最後、肝心要の一手を自ら打つためにっ……!!

 ああもう、本当に遊び心ってものがない!
 だからアイツは嫌いなのよっ!


「ったく……私が到着するまで無事でいなさいよ、ふたりとも……!」(CV:子○武人)


 妹たちの無事祈りながら走る胸の内で、どこか確信を感じていた……。
 私が着く頃には、すべてが終るだろうと……。



 終わりは……近い、と。



















更新履歴

H24・10/17:完成


前の話へSSメニュートップページ次の話へ

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット