あんちゃんとケンカした。
あたしは家出中。

テント生活4日目の夜。
湖畔の自然公園で、今夜もあたしはドラム缶風呂を焚く。
一応あたしも思春期の少女ですけどね、入りますよ、ドラム缶風呂。
「ワイルドだからな」

 

肩までお湯に浸かり、冬の星空を眺めながら思う。

「昔は良かったなあ……」

あ、昔つっても一年前限定。
ゴージャスな邸宅に居候して、あたしは夢のような毎日を過ごしてた。
しかもやたら可愛い12人姉妹に囲まれて、ね。

 

ありえないぐらい、幸せだった。

もうハーレム状態ッスよ! たまらんですよこりゃ。
平静を装いながら衝動を押し込めるのに、あの一年どれだけ必死だったことか!
ええ、あたしも一応女ですよ?
けどさー、あんな美人姉妹に囲まれてたら欲情も沸き起こるってもんでしょ? むらむらと!
そういうキモチいいツボを遠慮なく突いてきやがるんだあいつら!

一つ屋根の下12人もの美少女がひしめく様は壮観だった。
つーか、まず空気が違うね。
プロミストアイランド自体、非日常な土地だけど、あの家はさらに別格。
あの甘ぁったるい空間で一日過ごせば、脳まで色香に溶かされること必至ですぜ旦那。
特に春歌ちゃんとかフェロモン体質だし。
あたしもヤバかったって! 気ィ抜いたら抱きしめちゃいそうだったって!

実際、スキンシップには事欠かなかったさ。風呂だってよく一緒に入ったさ。
手の届く範囲にぴっちぴちの女体がいっぱいよ?
これがパラダイスじゃなくて何だっつーのよ!?

湯上りに「わーい!」って全裸で走り回る雛子ちゃんを捕まえて、バスタオルで身体を拭いてやったことも覚えてる。
背後からいきなり咲耶ちゃんに胸揉まれて、サイズを言い当てられたことも覚えてる。
衛ちゃんのひきしまった長い脚に、のぼせるまで見とれたこともあったし。
可憐ちゃんが繊細な指でハープでも弾くように髪を洗う様なんて、ため息出るぐらいキレイだった。
鞠絵ちゃん、細っそい身体してるんだわ……流線型で、すごく白くて、どっかの妖精さんかよ!
白雪ちゃんは小っちゃいくせにけっこうなボディーをもってらっしゃる! 起伏に富んでらっしゃる!
亞里亞ちゃんを膝の上に抱いて洗ってやったときなんて、もうマジ、興奮で死にかけました。

うおー! どいつもこいつも可愛いくせに艶めかしいやつらよ!
あたしの本心を知ってか知らずか、容赦なく誘惑しおって!

「しまいにゃ襲うぞ!」とか、叫びたくても叫べないのよー!

 

いやあ、辛かったわ。
思えば航あんちゃん、よく今でもあの生活に耐えてるよねえ。
もしかしてウチのあんちゃんと同類!?……まさかね。

あんなご家庭じゃ、健全な青少年がギラギラしない方が無理だね!
花穂ちゃんなんて、黙っても向こうからパンツ見せてくるというのに。
あたしにゃー無理だわ。自信ないわ。スケベでごめん。

そういや、千影ちゃんだけは一緒に風呂入ってくれなかったのが心残りだな。
気にすることないのにな、胸無いのなんて。

 

とにかく、ウエルカムハウスでの一年間は幸せすぎた。
興奮した。ドキドキした。(あたしがエロいだけですか!?)

でもやっぱ、心のどこかで疲れてた。

「場違いだな」って思ってた。

なんつーか、「心休まる場所」ではあったけど、「長くは居られない」って気がしてたのよ。
常に。
幸せを感じる、そのたびに。

まあ、そりゃ当然か。
あたし自身、海神家にはスパイとして潜入したんだし。(横暴なあんちゃんの命令でね)
つっても、身内でないことはとっくにバレてたけど。
最後まで気付かなかったのは、航あんちゃんと、四葉ちゃんだけ。
(四葉ちゃんすげー口惜しがってたなあ。でもあの子、ああいう時が一番いい顔してると思うな)

つまり、皆はあたしを海神家の人間じゃないと知った上で、家族のように接してくれた。
……今思い出しても、ちょっと泣けるよね。

 

だってあたし、家族の愛情に餓えてるんだよ?

 

そんな、ちょっとだけ後ろめたい幸せの中でも、
なぜかあの子だけは特別。

鈴凛ちゃんのことだけは、特別な思い出として残ってる。

姉妹の中でも、鈴凛ちゃんとは特に仲良かったなぁ。
よく一緒に遊んだし、悪だくみもした。
夏祭りには一緒にサギまがいの出店もやった。
あたしはよく、趣味で集めたガラクタの中から発明の材料を提供した。
必要とあらば、あたしがスクラップ置き場から鉄材とか拾ってきてやったさ。(山田もこき使って)
そんな日は、あたしが汚れて帰るから、鈴凛ちゃんと一緒に風呂に入るんだ。(山田を追い返して)

咲耶ちゃんとかに比べたら正直、ドキドキしなかったよ。
いや、色気がないってわけじゃないよ? 決して!
あたしの方が身長高いけど、胸は少し負けちゃいますから。発育良好ですから。

つまり、友達として一番うちとけられる相手だった。
あたしが最も自然体で付き合える女の子だった。
よく冗談も言ったし、
本音でおしゃべりできたし、
鈴凛ちゃんのさっぱりした性格が、あたしをとても素直にしてくれた。

あの子の前でなら、いちばん無理のない自分でいられる。

 

だから、あたしは鈴凛ちゃんのそばで心安らいだ。

 

もともと性格が合うんだよね。
言っちゃ悪いけど、お互い女らしさに欠けるし。
(でも、あたしほどオヤジくさいキャラじゃないからね? 本人の名誉のために、これだけは)

他にも、あの子とは何か特別な親近感を感じてた。共通項があると思ってた。

あの子の、活き活きとしたところが好きだ。
愛嬌をふりまきつつ、ズル賢いところも大好きだ。
機械作りにとことん打ち込んでる姿とか、かっこいいと思う。
「よっ、男前!」って褒めたら、「ひでー!」って笑われた。
去年のクリスマスに、プレゼント交換で鈴凛ちゃんの目覚まし時計が当たった時は、めちゃくちゃ嬉しかった。

これから先も、鈴凛ちゃんだけはずっとそばにいてほしい。
天真爛漫な笑顔を、あたしに見せてほしい。

「あ、やべ……」

一緒に暮らさなくなってずいぶん経つけど、
まいった。
あたし、まだあの子に惚れちゃってるんだわ。

 

そんな妄想にのぼせていたせいか、ドラム缶風呂が冷めるのにも気付かなかった。

翌朝、あたしは風邪ひいてた。

 

 

 

まぶしくて

 

 

 

自分で言うのもなんだけど、あたしって苦労人だ。
炊事洗濯は全部あたしの仕事だし、バイトで生活費も稼いでる。
ロクデナシのあんちゃんも養わなきゃいけないし。
(もっとも、今はその根性を叩き直すべく家に置き去りにしてるけど)

歳の割には自立してる方だと思う。
けどさ、
その自信は、ちょっとしたことで寂しさに変わるんだ。

海神家の当番表が懐かしいなあ。
去年まではあたしの名前もそこにあった。

お互いが気持ちいい程度に依存しあう関係。
そういうのって素敵だと思う。
今でも、うらやましい。

その気になれば、あのまま海神兄妹と一緒に暮らすこともできただろうけどさ。
結局あたしは、一年でウエルカムハウスを卒業した。

理由は3つ。

ひとつが、うちのロクデナシ。
あのバカ、勉強もスポーツもできて、顔もそこそこ美形なくせして、生活力がまるでゼロ。
将来はホストでもやってヒモ暮らしかと思いきや、真性のホモときたもんだ。
悲しいかな、そんな奴でも実の兄。一人にはさせておけないよ。
あいつごとウエルカムハウスにご厄介になったら、航あんちゃんの貞操がヤバいしね。

もうひとつは、あたし自身のケジメ。
ずっと航あんちゃんを騙してきたわけだし。
親類でもない、ただのよそ者なんだから、これ以上ご厄介にはなれません。

あとひとつは
……言葉にしにくいなぁ。
何て言うか、その……自分のため。
とにかく、あんなに幸せが満ちている場所に、長居しちゃいけない気がしたんだ。

 

ま、そういうわけで、
本性ズボラなあたしでも、それなりに忙しく生活してるんですよ?
(だから学業はこの際ほっといて)

忙しいから、ヒマがないから、自分は恋愛から遠いところで生きてると思ったさ。
実際、そーいうの全く興味なかったし。
これまでに、かっこいいと思う男にも出会ったことないし。
かっこ悪い男の代表格がウチに住んでるし。

とにかく、これまであたし恋とは無縁だった。
そう。
恋愛経験がないからさぁ……
鈴凛ちゃんに対する感情も、まさか恋だなんて思わなかったんだ。

 

 

でも、6日前のこと。
同じクラスの春歌ちゃんから、鈴凛ちゃんが留学するって話を聞いた。

うん、すぐ本人に聞いて確かめたさ。
本当だった。
ロボット工学を修めに、春からアメリカ留学するんだって。

あたしはその時、どうしたっけ?
鈴凛ちゃんの両肩を叩いて、笑顔で励ましの言葉でもかけたんだろうな。
でも、覚えてないや。
心の中では、鈴凛ちゃんを直視できなかったから。

それ聞いたとき、ようやく分かったんだよ。
鈴凛ちゃんにだけ感じてた、特別な共通項。

 

「鈴凛ちゃんはあたしと同じで、いつかウエルカムハウスを出て行くつもりだったんだ」

 

でもね、すごいよ。
あたしが知る限り、姉妹の中では鈴凛ちゃんだけだよ。
航あんちゃんと別れてでも、将来の夢を優先させたのは。

満ち足りた幸せの中にいて、よく自分を押し進められると思う。

あたしもウエルカムハウスを後にしたけど、
その先に特別な目標があるわけでもないし……

自由人を気取ってはいるけど、単に行き先を考えてないだけ。
自立したつもりでいるけど、そこから前に進むことは始めていない。

あたしとは違う。

その差がとても決定的なものに感じられた。

 

「負けたよ、鈴凛ちゃん」

 

自由人って、きっとあんたみたいな人を言うんだ。
今のあたしには鈴凛ちゃんがまぶしい。

まぶしいよ……

 

その日の夕方、
あたしはガラにもなく、材料集めに通ったスクラップ置き場でボーッとしてた。
春にはお別れと知ってから、余計に恋しくて、
恋しくて、
たまらなくて、

ちょっと泣いた……かな……?

 

あ、そっか!
だから簡単に見破られたんだ。
よりによってウチの変態に!

あの晩、いつもカッコつけてるあんちゃんが、珍しくマジな顔で言った。

「眞深……兄としてこれだけは言っておく!」
「何よ?」
「同性を愛してしまったからって、自分を恥じることはないからな!」
「うっせ、この変態!!!」

ムキになっちゃったあたし。
肯定してるようなもんじゃん?

 

そう、ケンカの本当の原因はそれ。
あたしが図星を指されたから。
カレーのリンゴをどう切るかなんて、気まずさに耐えかねたあたしが逃げ出す、いいきっかけ。

 

 

そして今日は、テント生活5日目の朝。

珍しくカゼ気味だけど、ちょっとムリしてでもあたしは登校した。
あはは、迷惑なヤツでしょ?
でも、あのまま寝て過ごしたら、あたしの心はキレイな思い出につぶされる。

…………
……
……って、ハァ!?

らしくもない!!

おいおい眞深、なに臆病になっちゃってんの?
鈴凛ちゃんは鈴凛ちゃん、あたしはあたし。
これからも友達なのは変わりないし。

おう! これが空元気なもんか。
あたしも力の及ぶ限り、好き勝手に生きてやるさ。
「ワイルドだからな」

 

鈴凛ちゃんはきっと、誰のものにもならない。

あの子の自由さには、誰もかなわない。
ウエルカムハウスの甘い生活もかなわなかった。
あたしも、かなわなかった。
(告白すらしてないけどさ!)

鈴凛ちゃんを繋ぎ止められるものなんて、たぶん、どこにもない。

……失恋ってしたことないけど、こんな感じなのかな。

 

でも、鈴凛ちゃんは相変わらず人気者。
男女を問わず、友達が多い。
芸能人の話題とか持ち合わせていなくても、外向的なキャラだけで誰とでも親しく話してる。
女子の間でモテるのはもちろん、
男子のエロ話にもいつの間にか自然に溶け込んでるし。

まー、そこらへんはあたしにも当てはまるけど。
こういう自由さに加えて、鈴凛ちゃんが持ってる「強さ」に、あたしは憧れてるんだな。

たぶんあの子、心の中にやましい部分が一つもないんだろう。
だけど、安易にうらやましがっちゃいけないよね。
それってきっと、すごく努力を必要とすることだから。

 

「とりあえずあたしも……夢の一つでも持つか!」

 

ところで今日、クラスの男子が話してた。
何でも、安岡が鈴凛ちゃんに告白するんだとか。
安岡ヤスオミ。名簿順があたしのひとつ前。
あいつを含む男子グループ、遊び友達としては鈴凛ちゃんとけっこう仲良いんだけどね。

正式につきあってくれとなると……たぶんあいつ、玉砕だろうなぁ。

あたしが不安に思うまでもなし、男らしく散ってきな、安岡。
どんなフラれ方するのか分からないけど、鈴凛ちゃんはきっとあんたを傷つけないさ。
そしたらきっと思い知るよ。
鈴凛ちゃんが、どれだけでかいスケールで人生を楽しんでるか。
 

 

午後の授業から安岡の姿が消えた。
下校時刻になってようやく、雪ダルマの中から半裸で発見された。凍死寸前だった。
その胸には、こんな張り紙がしてあったとか。

『お姉様にまとわりつく害虫排除!  K』

K? あー、あの子か。
あれはあれで問題あるよなあ。鈴凛ちゃんが渡米したら、どうなっちゃうやら。

Kちゃんよ、女同士がどうこうって問題じゃなくてさ。
天真爛漫なあの笑顔は、誰にも独り占めできないさ。

あたしは友達でいられるだけで幸せだし、誇りに思えるよ?
うん、そうでなきゃ……あたし、情けなさすぎる。

 

翌日、カゼをこじらせた安岡が学校休んだせいで、
あたしが日直を代理することになったけど、それはまた別の話。

 

 

4月。
青く晴れた空の先に、鈴凛ちゃんの乗った飛行機がついに見えなくなった。

そういや鈴凛ちゃんて色んな機械を作るけど、
特に思い入れあったのが、やっぱり飛行機だったみたい。

何にも進路を妨げられず、いちばん遠くを見渡せる乗り物。

ほんと、そっくりだなあ。鈴凛ちゃんの生き方に。

 

……え?
はいはい、もういいかげん認めますって!

「あたし、鈴凛ちゃんに恋してました」

おわり。

 

 

 


あとがき

初めての方、はじめまして。熊谷はさみです。
シスプリSS作家としてはもう古参になっちゃうんでしょうが、百合メインで書いたのはこれが初でした。
一応、本職はギャグSS作家のはずです。(最近はそれすら危ういけど)
百合作家の皆さんがマイナーカプで盛り上がってるとこへ、眞深がいないのはちと寂しいな……と思って書きました。
不純な動機でごめんなさい。かえって眞深の存在を浮かせちゃったような気が。
それと、たまには燦緒に兄貴らしいセリフ言わせたくて。(これこそ不純)
……お気づきの方がいてくれると嬉しいですが、実はこのSS、ある長編に続いてます。

同性異性に関わらず、恋心を文章にするのって、すごく難しいことを思い知りました。
にしても、こんな武骨な百合でホントごめんなさいです。百合SSってもっとフワフワしてるものじゃないのか!?
どうか眞深のせいだと思わないで下さい。作者の力量です。
あと序盤が節操なくエロいのはすみません。でも私、眞深は妹達のことああいう目で見てると思いますから、絶対!


なりゅーの感想

我が尊敬する非百合系シスプリSS作家の熊谷はさみさんから、
なんとなりゅーの誕生日プレゼントとして、奇跡のようなシス百合投稿作品を頂きました!

熊谷さんほどの書き手からのこのプレゼントは、これ以上ない誕生日プレゼントですよ!
しかも、需要のない眞深と来れば、もう大歓迎! 不純な動機上等です(爆
眞深はアニメ(第一期)のオリジナルキャラクターなので(まあ公式といえば公式でもありますが)、
だからこそ作品として出来上がったことを祝福したい。
それがこんな素晴らしいSSなら、至れり尽くせりですよ!

やっぱり熊谷さんです。
元々あるなりゅーとは方向性の違った発想力、またギャグにかける心意気と、
キャラクターを良く観察し具象できる実力、それらが全て遺憾なく発揮されていました。
節操なくえろいのも、"ネタ"と"キャラ"の両方として十分確立していて、良い「味」となっています。
安岡くんとKちゃんも同じく好きです(爆

普段百合を書かない人だけに、だからこそ真面目に百合に取り組めている印象も受けました。
慣れない道のりを手探りで歩いたのでしょうけれど、
でも苦労して手作りされたものだからこそ、その武骨さを何よりも愛せます。
武骨な百合も百合ですよ(笑

正直、なりゅーには武骨かどうかはよく分かりませんけど、
でも武骨だからこそ、こんな百合……いえ、こんな"恋"が好きです!!
そもそも、こんな「シリアス未満、恋愛未満」のフワフワした状態だからこそ、
良い百合として味が引き出されているじゃないですか?(笑

無理もなく、違和感もなく、上手な形で自然に百合を成立させている。
少なくとも、なりゅーはそう思います!
そもそも、眞深ならかえって武骨で良いんじゃないですかね?(笑

最後の台詞は極めつけです。
熊谷さんらしさと、眞深らしさ、そして物語全体を完成へと導く言葉です。
どんなシス百合よりも百合らしい、素敵に感じたSS……。
熊谷さん、素敵なバースデープレゼント、本当にどうもありがとうございました!!
 


SSメニュートップページ

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット