今日は、衛と四葉以外は外出していない日です。

そんな日に、物語りはここ、意味もなく「昭和枯れすすき」という年齢にも部屋にも合わない曲が流れている、四葉の部屋でおきました・・・・。

 

 

四葉の悩殺的な授業??

 

 

 

コンコンと、ドアをノックした。

そのドアには、「四葉のプライベートなおヘヤ」と書かれていた。

 

「はい、入ってくださいデス

「じゃあ、おじゃまします。」

衛は、四葉の返事を聞いてドアを開けた。

 

「四葉の英語教室にようこそデス♪」

四葉は、伊達メガネをかけ、髪をピンで留めずストレートにして、服は、何の意味もなく、学校のブレザーを着てました。

ようするに、委員長っぽい服装です。

 

つい先日、英語の抜き打ちテストが衛を襲いました。必死の抵抗も虚しく、結果は惨敗だったと。

あまりの点数に落ち込んでいた衛に、四葉は、

「英語なら、四葉は本場でイッパイ知ってマスよ。四葉がシッカリバッチリに、教えてあげるデス♪それから衛チャマをチェキデス!」

と誘われた訳で、何か引っかかったものの、衛は藁にもすがる思いで、四葉に頼んだということです。

因みに四葉は、衛を自分に振り向かせる絶好のチャンスだと思っただけですが・・・。

 

「じゃあ早速始めるデスまずは、保健からデス

「いや英語でしょ!?ていうか何で語尾に一々ハートマーク付けて喋ってるのさ!?」

「細かいことは気にしたら負けデスよ。」

「・・・・・・・例えばその服装とか・・・?」

「萌えまセンか♪」

「一人称がボクで男の子っぽいけど、それでも女の子だから・・。」

チッ・・・・

「・・・・なんか今怖いセリフが聞こえた気が・・・。」

「気のせいでゴザルデスよ

「いや、口調変わってるし・・。」

「とにかく、英語で構いませんから、さっさと勉強に移るデス。」

「そっちが勝手に脱線したんじゃ・・・。」

「いいから、するデス!」

 

四葉が、伊達メガネを光らせて言いました。

「今から四葉言う英語に日本語で構いませんからで答えてくだサイ。ヒアリングの問題デス。」

「うん、わかった。」

衛は、真剣に頷きました。

(クフフッ。やっぱりカッコイイデスね、衛チャマは

まあ、四葉は不埒なことを考えているんですけど・・・。

「ええと、では問題デ〜ス♪」

衛は、四葉の声に耳を傾けました。

「〜〜〜〜〜〜〜〜(早口でなんか難しい英語)」

「・・・・・・え〜〜〜っと、四葉ちゃん?」

「ブッブーデス。残念デスね。あとそれから、ここでは委員長と呼ぶデス!」

「今のが答えじゃないから。それから何で、委員長とかマニアックな呼び方を望んでるのさ・・・。せめて先生とかさ・・。」

「いいんデス!一番オトコ受けのイイのは、委員長だからなんデスから!!」

「・・・・この家に男の子なんていないし・・。しかもそんなの、一部のマニアにしか受けないし・・・。」

「・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・」

「で、何デスか?衛チャマ♪」

「無理矢理話題を変えないでよ、四葉ちゃん!」

「だから、委員長って呼ぶデス!」

「分かったよ、もう・・・・・・・委員長?」

「はい、何でデスか?衛チャマ

「ボク、仮にも英語苦手だから、もうちょっと簡単な問題を出して欲しいかな?って思うんだけど・・。」

「そんな甘えていては勉強にはなりまセンデスよ!!」

「そんなこと言われても・・・・。」

「フフン♪それでは特別にスペシャルイージーな問題にしてあげるデス。」

 

(※作者の英語の成績が芳しくない為、英語は書きません。ご了承ください。・・・ていうかそれぐらい勉強しろ、自分。)

 

「良かった・・。ありがとう、四葉ちゃん。」

「そんな〜〜、四葉と衛チャマの仲じゃないデスか

四葉は親指を立てて、八重歯を輝かせて、にっこりと笑いました。

衛はそれに妙な不安を覚えましたが、無視しました。

「では簡単な問題デス。〜〜〜〜〜〜(文章は簡単になったけど、早口で聞き取りにくい英語)。これを訳してください

「分かるか!」

「ワガママばっかり言ってては、上達はしないデスよ!」

「ワガママじゃなくて、いきなり難しい問題出されても、どうしようもないよ!?」

「大丈夫デス。四葉は委員長デスから!」

「・・・・委員長になんの関係があるの・・・?」

「フフフッ・・。委員長の7割は、正しさと真面目さで出来ているのデス。」

「その、薬品みたいな理屈はなにさ!?それから、あと3割は!?」

「メガネっこ成分デス

「・・・・・それもう四葉ちゃん関係ないやんか・・。」

と、なぜか関西弁でツッコミをいれた、呆れている衛。

このままじゃ委員長談議だけで終わりそうなので、話を戻すことにしました。

「あのさ、せめてゆっくり言ってくれない!?」

「ゆっくり簡単なのを言えばいいんデスか?」

「そういうこと。」

「分かりましたデス。他ならぬ衛チャマの頼みデスから。

じゃあ、次の問題は、〜〜〜〜〜〜(ゆっくり言っている英語)デス。頑張ってくだサイ!!」

衛は、簡単になったはずだと信じて、考えましたがまったく分からないようです。

 

 

1分経過

「ごめん・・・・分かんないや・・・。」

「ああ、残念デス。では答えを言うデスね

「うん。」

「答えは、"ボクは、四葉様のことがあまりにも好きすぎて夜も眠らずに困っている"デスよ

「なに、その明らかに妄想じみた文章!ていうか一人称はボク限定!?しかも様付け!?」

「・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・」

「じゃあ、次の問題デスよ。」

「また無視かよ!」

「トニモカクニモ、次の問題に行くデス!!」

「・・・・・。」

四葉に勉強を頼んだのは間違いだったと今更気付いた、衛でした。

 

「・・・・せめてゆっくり言ってよ・・。」

「任せるデス

(大丈夫かな〜・・・。)

衛の心配を他所に、四葉は問題を考えました。

「次の問題は、〜〜〜〜〜〜〜〜(ゆっくりではあるが、絶対に中高校では習わないようなレベルの英語)」

 

ぐはっ!!

 

「どうかしたデスか?衛チャマ」

「なんか、明らかにハイレベルな問題な気がしたんだけど・・・。」

そう言って、衛はまた「う〜〜ん」と唸りながら考え込みました。

 

すると、四葉は衛に見える位置に座り、短いスカートから見える足を組みました。

まあ、四葉はどちらかと言えば、美人でなく可愛い部類に入りますが、それでも色っぽい雰囲気は出していました。

(クフフッ。これで衛チャマを悩殺デスね

四葉は衛を、"悩殺する"という無謀な計画を立ててました。

そして、悩殺のスペシャリストである咲耶に頼んで、『これさえ知れば男を(ひょっとしたら同性の子も?)悩殺できるマル秘攻略本』というのを借りたというわけです。

 

四葉は、ずっと30秒ごとぐらいに足を組み替えているんですが、衛は一応足を見てはいますが無反応でした。

(やっぱり、女の子相手じゃ意味無いんデスか・・・。)

 

その時、いきなり衛が考えを口にした。

「ええと、〜〜〜〜〜〜(とにかく間違った答え。)」

「Oh、残念ながら違いマスね・・。」

「そう・・・。」

自信があったのか、ヤケに落ち込む衛。

 

(チャンスデス♪)

「今ここにつけ込めば」とか考えて、四葉は早速作戦の続きをしました。

「クフフフフフッ。衛チャマ♪大丈夫デスよ

なぜか、ブレザーのボタン第一と第二ボタンを外して、衛に近づきました。

「よっ、四葉ちゃん!?」
衛はいくら同性でも、可愛い女の子に言い寄られることに免疫が出来ておらず、赤面して視線を外しました。

しかし四葉は、それを分かっててやっており、あえて姿勢を屈めて、口を耳元に持ってきました。

「委員長って言って下さい

「そんなことはどうでも良くて・・、えっと・・・、なんでこんなに接近してるの!」

「もう問題を間違えないように、聞き取りやすい位置に来ているだけデス

「いや、さっきの位置からでも十分聞こえてるから!」

「遠慮しなくてもいいデス

衛の話をまったく聞いちゃいない四葉は、衛が座っている椅子の後ろへ回り、抱きつきました。

ついでに、衛の背中に胸を押し当てました。

「チェキチェキチェキデスよ、衛チャマ♪」

もう会話になっていません。

(なんか、よく分かんないけど・・、逃げなきゃいけない気がする・・!)

衛は、四葉を振り切り、ドアへ走りました。

 

しかし、無駄な努力でした。

「あれっ?!開かない。よつっ・・・・じゃなかった、委員長!?」

「クッフッフ!さっき衛チャマが悩みこんでる最中に、鍵を掛けさせて貰ったデス。これも勉強に集中するためデスよ

いくらドアを叩いても、今日、姉妹たちは皆出かけてしまっている為、助けなんか来るわけも無く。

 

四葉は、再び衛に近付いて来ました。

「衛チャマ・・・、答えを教えてあげるデスよ♪」

「いや、結局勉強は!?」

「ゲンザイシンコウケイでヤッるじゃないデスか。」

 

衛は後ずさりをしていましたが、躓いて転んでしまいました。

そこへチャンスとばかりに、四葉が乗っかって来ました。

「うっわ!四葉ちゃん、どいて〜〜!」

「四葉じゃなくてありません、委員長デス」

「じゃあ委員長どいて〜。さっき出された問題の答えを調べるからさ〜〜・・・。」

「調べなくても教えてあげるデスよ♪さっきの答えはデスね、"ああ、どうかボクを食べてください。"デス。」

「そんな英語使うかーーー!!!」

「・・・・使うかも知れないじゃないデスか!」

「逆ギレされても困るんだけど・・・。」

「さて、次の問題デス

「いや、もういいから。」

「まだ終わりまセンよ♪まだ50分たってませんし!」

「なんで学校の授業時間に合わせるの!?」

「じゃ、次こそ保健デスね

「また無視か!しかも科目変えちゃってるし!」

「そんなこと気にしちゃ駄目デスよ。」

 

そして、英語の勉強はそこで終わりましたとさ。

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

恒例に成りつつあるいらない「おまけ」

 

「・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・衛チャマ?」

四葉は、いきなり黙った衛を不思議に思い、声をかけました。

 

「・・・・四葉ちゃん。知ってる?」

「ナニをデスか?」

「委員長ってさ、意外とマゾが多いんだってね・・・。」

「ハイ?」

「いや、どうせ逃げれないならさあ、受けより攻めの方がいいかなって・・・・。」

衛の目が怪しく光ってます。

「さっきから、ずっと誘ってたし。勉強もちゃんと教えてくれないから、ちょっとぐらいお仕置きが必要かな〜と思ったりして

「フェエエエ!?」

そう四葉が声を上げた瞬間、あっという間に衛に組み伏せられました。

衛の方が、力があるから当然ですが。

「チョット、待ってください!?衛チャマ!」

「なに?」

「四葉は、委員長ですよ!?」

「うん、だから?」

「委員長に逆らっちゃいけないデス!」

「そんな理屈は、おんなじ委員に入ってる人にしか効かないよ♪」

「さっきから、四葉のセリフの語尾を真似しないでくだサイ!」

「あははははっ。」

「笑わないでくだサイ・・・・・。」

四葉は、等々泣き出しました。

そして何かを思い出したか、衛に顔を見ました。

「・・・・お仕置きってなんデス・・・・。」

「う〜〜〜ん・・・、やっぱり〜。」

「ヤッパリ?」

衛の笑顔は、非常にさわやかです。

「マゾには、サドじゃない

「チェキーーーー!」

 

 

こうして四葉への、衛先生の授業は6時間目まで続いたそうです。

 

何と言いますか・・・終わっちまえ!





作者のあとがき

なんていうか・・・粗っ!?
文章も支離滅裂としてるし・・・、
情景がどこまで伝わるものなのか、よく分かんない話になっちゃいましたね(苦笑
因みに、おまけの衛は、書いた本人が言うのもなんですが、赤の他人な気がしますね(汗

その後の四葉さんが、どんなことをされたのかは・・・、皆々様のご想像にお任せしておきます
では、ここまで読んでくださって、ありがとうございました。


なりゅーの感想

冬太郎さんからのよつまもギャグモノでした!

委員長やら四葉様とか、四葉のすっとんきょうっぷりや微妙にズレてるところなど、
ギャグとしての四葉を上手く描けていたかと思います!
全然悩殺されない四葉の色気(?)は素敵です(笑
最後の最後で逆転負けを帰すところなんか、特に四葉らしいですね(爆

ご本人が気にするほど、情景は分からなくはなかったですし、
内容も破綻するなんてことなく、最低限以上はまとめられていたかと思いますよ(笑

このあとの四葉は、懲らしめられる程度にくすぐられたりなど、
ほのぼの展開で終わったことにします(ぇー


SSメニュートップページ

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット